カテゴリー:GBP/USD

  • 【9月第4週】FRB、年内利上げの可能性を示唆しつつ据え置き。市場は少々複雑。 – 来週の展望

    photo credit: Dusk in September via photopin (license) 今回のFOMC、FRBは英断だったと思います。 私は利上げするものだと思っていましたが、FRBは利上げをせずに市場を正常な動きに戻すことに成功しました。 どういうことか説明します。 FOMC直後の為替の動きは利上げ観測後退による「ドル売り」でした。 これだけ見ると特筆することはないのですが、株式市場と照らし合わせることでいかにFRBの判断が正しかったかがわかります。 S&P500(日足) 日経225(日足) 利上げ後退で株式が下がっています。 今までなら利上げ後退の株式は「買い」でした…
  • 【9月第3週】市場は正常なドル売りへ。非常に重要な転換期。- 来週の相場

    photo credit: Vision Of Eyechart With Glasses via photopin (license) 多くの通貨でドルが売られ始めています。 現在行われているのは「正常なドル売り」です。 「正常なドル売り」とはなんでしょうか? 例えば、ドル円が下落している場合もクロス円は下落せずにストのドル売りに相関になる動き、つまりドルインデックスだけが中心となって下落するような相場を私は「正常なドル売り」、あるいは「完全なドル売り」と呼んでいます。 このリスクオフではない「正常なドル売り」を私はずっと待っていました。 ユーロドルの上昇、ポンドドルの上昇とともにオージード…
  • 【9月第1週】セリングクライマックスにより再度リスクオンへ。先週の暴落はとりあえず忘れるべきだが・・・。 – 来週の展望

    photo credit: Day 47 via photopin (license) 先週は怒涛の一週間でした。 もともとリスクオフを見越してポジションを持っていたので新規で円を買いまくった以外ではほとんど見ていただけです。 今はクロス円での円買いを手仕舞っただけでポジションは株式暴落前となんら変わっていません。 8月24日、ドル円は一時116円をつけるセリングクライマックスのような動きが見られました。 私はあれをセリングクライマックス風の素晴らしい仕掛けだったと考えていますし、同時にセリングクライマックスだったと見て問題ないと思っています。 ただし、間違ってもドル売り方向への仕掛けではなく…
  • 【4月 第4週】逆指標が続く米指標。そろそろトレンド転換の可能性を視野に入れても良いかも。 – 来週の展望

    photo credit: flod via photopin cc 嫌な予感ほどよく当たるものです。 ユーロドル1.10のショート以外は全て手仕舞いました。 多くの通貨でドル売りが継続しています。 さて、来週の相場ですが各通貨ごとに考えるのではなく「ドルの価値」というものに絞って考えたいと思います。 私が注目したのは先週木曜日の米・フィラデルフィア連銀景況指数です。 7.5という数字は2月~3月の5.0台から見れば悪くない数字です。 予想を上回ったのでドルが買われてもおかしくありませんでした。 というか、今までの状況ならドルを買う為の口実に使われていたように思います。 しかし、今回は指標でド…
  • 【4月 第3週】来週の注目はポンド。対ドル、対ユーロともに重要な局面。 – 来週の展望

    photo credit: decisions (cc) via photopin (license) さて、来週はECBやBoEの政策金利発表を控えています。 それを見据えての欧州通貨売りだったのかもしれませんが、私は据え置きだと思います。 下降トレンドに拍車をかけるようなことはあっても、大きな影響は受けないと考えています。 USD/JPY USD/JPY(日足) ドル円ですが、日足を見るとまだまだ上がっていくように思います。 赤色の丸部分が押し目のようになっています。 一目均衡表、雲の薄い部分を割りにこなかったということは本格的な円買いになっているわけではないと思っています。 現在は短期で…
  • 【4月10日】ドル買いも、クロスの影響でドル円は上値の重い展開。 – 昨日の相場

    photo credit: My Weight 152 via photopin (license) FOMCから着実にドルは買われています。 ユーロドルは1.06台を割ってきました。 ただ、多くの通貨でドルが買われている中、クロス円の影響を受けているドル円は伸び悩んでいます。 USD/JPY USD/JPY(15分足) 昨日の時点では青いラインをサポートとして赤色矢印方向へ伸びていく感じで見ていたのですがそうはいきませんでした。 クロス円では多くの通貨で円買いとなっていることがドル円の上値を重くしている原因の一つだと思います。 120円は割れなかったのでまだ慌てなくて良いと思っています。 下…
  • 【3月25日】調整終了か継続か。各通貨ペアが死守すべきラインは? – 昨日の相場

    photo credit: Philip & Adilric – 16 via photopin (license) あいもかわらずドル売りは継続していますが、同じだけドル買いもされているように感じます。 この辺りはドル円やユーロドル、ドルインデックスともにかなり重要なラインでの攻防になっています。 ここで今一度各通貨ペアが守るべきラインをおさらいしておこうと思います。 EUR/USD EUR/USD(日足) ユーロドルの重要なラインは赤色のラインです。 この上には多くのストップ注文が並んでいるのでのせてくるようなら確実に狙われます。 ただ、週足レベルのメイントレンドは下降方向ですから1.10…
ページ上部へ戻る