カテゴリー:AUD/USD

  • 【9月第4週】FRB、年内利上げの可能性を示唆しつつ据え置き。市場は少々複雑。 – 来週の展望

    photo credit: Dusk in September via photopin (license) 今回のFOMC、FRBは英断だったと思います。 私は利上げするものだと思っていましたが、FRBは利上げをせずに市場を正常な動きに戻すことに成功しました。 どういうことか説明します。 FOMC直後の為替の動きは利上げ観測後退による「ドル売り」でした。 これだけ見ると特筆することはないのですが、株式市場と照らし合わせることでいかにFRBの判断が正しかったかがわかります。 S&P500(日足) 日経225(日足) 利上げ後退で株式が下がっています。 今までなら利上げ後退の株式は「買い」でした…
  • 【9月第3週】市場は正常なドル売りへ。非常に重要な転換期。- 来週の相場

    photo credit: Vision Of Eyechart With Glasses via photopin (license) 多くの通貨でドルが売られ始めています。 現在行われているのは「正常なドル売り」です。 「正常なドル売り」とはなんでしょうか? 例えば、ドル円が下落している場合もクロス円は下落せずにストのドル売りに相関になる動き、つまりドルインデックスだけが中心となって下落するような相場を私は「正常なドル売り」、あるいは「完全なドル売り」と呼んでいます。 このリスクオフではない「正常なドル売り」を私はずっと待っていました。 ユーロドルの上昇、ポンドドルの上昇とともにオージード…
  • 【9月第1週】セリングクライマックスにより再度リスクオンへ。先週の暴落はとりあえず忘れるべきだが・・・。 – 来週の展望

    photo credit: Day 47 via photopin (license) 先週は怒涛の一週間でした。 もともとリスクオフを見越してポジションを持っていたので新規で円を買いまくった以外ではほとんど見ていただけです。 今はクロス円での円買いを手仕舞っただけでポジションは株式暴落前となんら変わっていません。 8月24日、ドル円は一時116円をつけるセリングクライマックスのような動きが見られました。 私はあれをセリングクライマックス風の素晴らしい仕掛けだったと考えていますし、同時にセリングクライマックスだったと見て問題ないと思っています。 ただし、間違ってもドル売り方向への仕掛けではなく…
  • 【8月第2週】9月利上げに向けた株式の動きと資源国通貨に注目する【来週の展望】

    photo credit: Shiny gold bar reflecting coins via photopin (license) 来週、というか今週の相場について考えます。 私は依然としてユーロドル、ポンドドルに関しては「すでにトレンド転換を終えている」と見ています。 【4月 第4週】逆指標が続く米指標。そろそろトレンド転換の可能性を視野に入れても良いかも。 – 来週の展望 – 100年先も勝つためのFXhonamifx.hatenablog.com 上の記事で書いた考えは全く変わっていません。 仮に9月に利上げの場合、単純に考えればそれ以降もドル買いのように思えますが、私はすでに利上…
ページ上部へ戻る