カテゴリー:ファンダメンタルズ分析

  • 黒田日銀総裁10/31ハロウィン記者会見

    恥ずかしながら、黒田総裁の記者会見をリアルタイムで聴いたのは初めてであった。 ユーロ圏(ECB)で量的緩和(QE)の減額が発表されたことを受け 日銀の異次元緩和がいつ終了を迎えるのか、 ということが注目される今回の記者会見になった。 2014年からライブ映像での配信が行われるようになり誰でもタダで視聴することが可能だ。 LIVE! 日銀総裁会見~片岡委員の対案は?~ | NIKKEI CHANNEL ところで、今回の記者会見では人工知能(AI)が導入された。 Microsoft社のAIで日銀総裁記者会見中の表情を分析した結果、 大きな金融政策変更を行う前には「怒り」「嫌悪」の割合が増大していた…
  • 日銀の実質金利操作「買いオペ」がぶっ刺さる!

    かつて中央銀行は長期金利の操作は出来ない、と言われていたが、 イールドカーブ・コントロール(長短金利操作)を2016年9月に導入し短期金利のマイナス金利化、金利ゼロ%に向けた長期国債の買い入れを通して実質的には金利操作が可能になった。 そんな日銀が無制限に国債を買い入れる、というのが「買いオペ」だ。 ※サーバタイム(GMT+3)との時差6時間なので7月7日10時10分を指している。 「買いオペ」は長期国債(10年債)を指定固定利率で無制限に日銀が買い入れ市中にお金をばら撒く金融緩和政策だ。 つまり、円安要因。 今回はドル円1分間で20pips超えの急騰を引き起こした。 さて、この機会に国債と買…
  • 政策金利発表で朝6時からNZドルの急落を見込む

    ついこないだアメリカの政策金利発表があり、年内3回利上げなのか、バランスシート縮小の動きが濃厚か、と大きく値が動きました。 そんな一大イベント「政策金利発表」が今度はNZであるようです。 しかも過去のチャートを見てみると…… 予想値と異なる発表をしているときが多々あるという事に驚きです。 アメリカの場合、数多の経済アナリストたちがFOMCの発言に注目し市場に織り込まれていますから予想と異なるなんてことは基本ありゃしません。 ところがどうやらNZでは予想と違う!なんてことがあるんですね。 で、「予想と違う」とどうなるのか、 NZは政策金利の緩和を行っている段階にあります。 最近の予想値とのズレは…
  • FOMC政策金利発表でドル円はどう動くか

    6月の利上げは99.7%確実と言われる政策金利発表がいよいよ今晩に迫ってきました。 過去のFOMC政策金利発表では5分間で60pips程度動いていますから今回の発表にも全世界の注目が集まります。 ところでFOMCとかFRBとか政策金利ってなんだ? と気になったので調べてみました。 政策金利から説明しましょう。 政策金利とは中央銀行が一般の銀行にお金を貸し出すときの金利のことを指します。 一般に景気が良いときには高く設定され、景気が悪いときには低く設定されます。 どういうことかと言うと、、、 低金利によって一般の銀行が安い金利でお金を調達できるようになると、その銀行からお金を借りる企業も安い金利…
ページ上部へ戻る