カテゴリー:ファンダメンタルズ分析-買いオペ

  • 日銀の実質金利操作「買いオペ」がぶっ刺さる!

    かつて中央銀行は長期金利の操作は出来ない、と言われていたが、 イールドカーブ・コントロール(長短金利操作)を2016年9月に導入し短期金利のマイナス金利化、金利ゼロ%に向けた長期国債の買い入れを通して実質的には金利操作が可能になった。 そんな日銀が無制限に国債を買い入れる、というのが「買いオペ」だ。 ※サーバタイム(GMT+3)との時差6時間なので7月7日10時10分を指している。 「買いオペ」は長期国債(10年債)を指定固定利率で無制限に日銀が買い入れ市中にお金をばら撒く金融緩和政策だ。 つまり、円安要因。 今回はドル円1分間で20pips超えの急騰を引き起こした。 さて、この機会に国債と買…
ページ上部へ戻る