カテゴリー:テクニカル分析-オリジナル

  • 2018年5月のドル円相場は短期の高値をつけてセル・イン・メイ突入かも!下落が来るぞー!

    \ ドル円は上昇トレンド中 / これは間違いない。 と、いうのも案外トレンドをどう捉えるかって人それぞれ。 実は見方によれば下降トレンドとしても間違いじゃない。 だって、赤線のように高値を切り下げてきているから。 でも、この赤線は2017年9月から2018年2月までしか引けない。 その次の高値より、今の値のほうが高いからだ。 で、直近のチャートの形を見れば、2018年3月の終わりから安値を切り上げてきている。 だから、上昇トレンドと見ている。 月足レベルでチャートを見ている人にとってはまだまだ下降トレンドという見方になるだろうが、日足レベルで見れば2018年3月終わり頃から上昇トレンドが開始し…
  • セル・イン・メイ(Sell in May)は嘘!信じたら大損。いったい何を売るの?

    セル・イン・メイ(Sell in May)は嘘。 五月に売って利益が出る人などいない。(←言い過ぎ) Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day. St Leger day(セント・レジャー・デイ):9月の第二土曜日。 当ブログの読者ならSell in Mayにこうした続きがあることはご存じだろう。 Sell in Mayという格言は「9月第二週目頃に買って」5月に売れ、という真意を秘めている。 さて、これは米国株式の様子を表した格言である。 つまり何を売るのか、というこの記事の主題には「米国株を売る」と答えておく。…
  • チャネルラインの引き方と「逆行に合わない」ための正しいエントリーポイント

    チャートパターンは山ほど存在するが 最もエントリーが簡単で初心者から 上級者まで勝つことの出来るパターンが チャネルパターンだと思う。 しかし、チャネルラインの引き方や エントリーポイントは人それぞれだろう。 今回は 「どの形がチャネルなのか」 「ブレイク時のエントリーの注意点」 の二点について書いてみる。 さて、02/19のドル円15分足を見る。 読者の方々の中には パッと見て分かる方もいるだろう。 高値が斜め並びになっているところに オレンジのラインを引く。 角度的にもちょうどきれいな形だ。 (実は「きれいな」という直観は相場の中では優位に作用する) 実はこのチャネルがなかなか引けない。 …
  • 【FX攻略の鍵】デジャブ仮説

    デジャブ仮説の論理は? hypotheses1. 為替相場市場は2度反応する。 急変相場を経験した市場は数日以内に もう一度、限りなく似た動きをする。 トレンドを大きく壊すような動きだと その可能性も高くなるように思う。 これをデジャブ仮説と呼ぶことにしよう。 さて、チャートをご覧いただきたい。 ドル円1時間足 ユーロ円1時間足 ユーロドル1時間足 デジャブ仮説の論理は? デジャブ相場が起こる理由の 一つとして考えられるのが、 アルゴリズムのインプットだ。 自動売買(EA)は一定のアルゴリズム によって売買をする。 テクニカル分析的な自動売買がほとんど だがもし仮に、ニュースの文言に即時に 反…
  • ドル円一日の最高(安)値は何時につけることが多いのか

    一日のうちドル円が最高(安)値をつけるのは何時が一番多いのだろうか。 一ヶ月間30分足で検証してみた。 2017年7月 日本時間 最高値 最安値 6:00 2回 3回 6:30 1回 8:30 1回 10:00 2回 11:00 1回 12:30 3回 13:00 2回 14:30 1回 15:00 2回 15:30 2回 16:00 2回 18:30 1回 1回 19:00 2回 21:30 2回 22:30 2回 23:30 1回 1回 0:00 1回 1回 0:30 1回 1:00 1回 1:30 2回 3:00 1回 3:30 1回 4:00 3回 4:30 1回 5:00 1回 結果…
ページ上部へ戻る