カテゴリー:スキャルピング

  • 【取引記録】#7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 勝ちパターンの発見と崩壊 +60 +50 +100 -1,010 +340 -1,000 +70 -500

    前回の失敗と巻き返しを受け、新たに次のようなルールを設けた。 勘ではなく基準を定め、その基準に沿って取引する このルールを守るためには基準が必要である。 が、経験が薄い自分が最初の基準を決めるより、何らかの既存の基準を採用し、試行錯誤するのが良いだろうと考えた。 そこでこちらの本で紹介されているスキャルピングの手法を取りれた。 シンプルにはこうだ。 ボリンジャーバンドと MACD を用いる ボリンジャーバンドの ± 2 σ のラインに沿って 1 分足ローソク足が上昇/下降したタイミングで MACD が交差しそうであればエントリーし、様子をみて利食う この手法に乗っ取ることを決めてから、ちょくち…
ページ上部へ戻る