カテゴリー:資産形成・投資

  • 【つみたてNISA 5ヶ月目】楽天VTと楽天VTIのパフォーマンス差は?

    おはようございます。 つみたてNISAでは、2018年始から楽天VTと楽天VTIの2商品に絞って50%ずつ積立を継続してきました。 最近になり、新興国市場のパフォーマンスを米国市場・世界市場全体と比較してみたくなり、5月からeMAXIS Slim新興国株式インデックスも少しだけ積み立ててみることにしました。 つみたてNISAが開始して5ヶ月目になりますので、ここで一度パフォーマンスのチェックをしておきます。 つみたてNISA5ヶ月目:楽天VTと楽天VTIのパフォーマンス差は? さて、実際のパフォーマンスは以下のようになっています。 eMAXIS Slim新興国株式インデックスを積み立て始めたの…
  • 楽天プレミアムカード x 楽天モバイルで1年間ポイント20倍に降伏です!

    おはようございます。 楽天モバイルが魅力的なキャンペーンを行っていたので、重い腰を上げてmineoから楽天モバイルへ乗り換えました。 「楽天プレミアムカード x 楽天モバイルで1年間ポイント20倍」というキャンペーンです。 元々、楽天プレミアムカードユーザーの私にとっては利用せざるを得ない内容のキャンペーンでした。 mobile.rakuten.co.jp 楽天プレミアムカード x 楽天モバイルで1年間ポイント20倍に降伏です! 楽天モバイル利用で、楽天SPUでポイント+2倍 以前に記事にしましたが、楽天モバイルの通話SIMを利用することで、楽天SPUのポイント2倍アップの特典を受けることが可…
  • ネットバンクの活用して各種手数料をゼロにしよう

    おはようございます。 案外馬鹿にならないのが、銀行の各種手数料ですね。 一回あたりは100円〜300円程度ですが、誰もがコンスタントに利用せざるを得ないサービスですので、積み重なるとあっという間に万単位の出費になりかねません。 メガバンクだけ利用していますと、ATM利用手数料が無料になるためには「時間帯の制限」や「平日のみ」といった制限があることが多いです。 とはいえ、平日の日中に確実にATMを利用するかといえば、難しい面もあります。 ネッドバンクであれば、一定の条件を満たせば「月に◯回までは手数料無料」であることが多く、時間帯を問いませんから非常に便利です。 ぜひ活用していただきたいと思いま…
  • 海外ETF投資ではSBI証券を、iDeCoは楽天証券かマネックス証券を選ぼう。

    おはようございます。 これから投資を始める方にとって、どこの証券会社で取引を始めるかは悩みどころの一つかと思います。 結論から言いますと、口座開設すべきなのは 1) 住信SBIネット銀行+SBI証券 2) 楽天銀行+楽天証券 この2つです。 マネックス証券もiDeCoにeMAXIS Slimシリーズが採用されているのは大きな魅力ですが、やはり同系列の銀行との連携の良さは見逃せません。 ネット銀行とネット証券はセットで口座を作ろう SBI証券は、住信SBIネット銀行の口座と連携させて初めて100%の力を発揮します。 楽天証券も同様で、楽天銀行の口座と連携させて初めて本領発揮です。 SBI証券と楽…
  • 電力会社を新電力へ乗り換えて毎月5%の電気代を節約しよう!

    おはようございます。 日本でも2016年4月から電力が自由化されたのは記憶に新しいですね。 皆さんは、電力会社の乗り換えをされたでしょうか? 我が家は1年半前にHTBエナジーへ乗り換えました。 HTBエナジーの最大の魅力は、「既存電力会社の料金から5%の割引を保証」という料金体系の分かりやすさです。 他の電力会社の場合、電気の使用料が少ないケースと多いケースで有利不利がありますが、その点「一律で5%オフ」というのは分かりやすくてよいです。 乗り換えの手続きも非常に簡単で、ネットから一発で申し込みが完了します。 電力会社の乗り換えで毎月5%の電気代を節約しよう 電気会社を新電力に乗り換えるだけで…
  • VT以外の世界分散投資の方法(2分割・3分割・4分割)を考えてみる

    おはようございます。 インデックス投資の王道は世界分散投資です。 最もシンプルなのはVTをひたすら買い続ける方法ですが、時価総額加重の配分に不満がある方もいるでしょう。 幸い、バンガード社の販売する低コストETFには様々なラインナップがありますので、自分の好みに応じてポートフォリオを組むことが可能です。 VT以外にも世界全体を2分割、3分割、4分割して投資する方法がありますのでご紹介します。 VT以外の世界分散投資の方法を考えてみる 初めに断っておきますが、私自身は世界分散投資ならばVT一本で十分だと考えています。 特に投資初心者の方ほど、あれこれ考えずにVT一本に絞ればよいと思います。 「余…
  • 自分のポートフォリオの「コア資産」を決めよう!

    おはようございます。 長期投資をする時に、ぶれない軸を持っているかは非常に重要です。 言い換えれば、自分にとっての「コア資産」を決めておく必要があります。 何がコアになるかは各個人の考え方によりますが、私の場合は以下の通りです。 私は投資信託を購入するのはiDeCoとつみたてNISAのみで、メインは海外ETFで運用をしています。 その中でも、VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)をコア資産と位置づけています。 自分のポートフォリオの「コア資産」を決めよう! 私はVTがインデックス投資の王道だと思っていますから、VTがコア資産になります。 マイルールは「何があってもリスク資産の5…
  • iDeCoとつみたてNISAで月5万円の投資を確実に実践しよう

    おはようございます。 最近、海外ETFに関する記事を中心に書いているため、海外ETF投資に関するご質問をいただくことが増えました。 ・おすすめのETFは何か? ・アセットアロケーションはどうすべきか? ・ドル転の方法、おすすめの購入方法は? などが代表的なご質問になります。 しかし、よくよく聞いてみますと、iDeCoやつみたてNISAなどの非課税制度を利用せず、直接海外ETF投資にチャレンジしようとしている方がいらっしゃいます。 確かに、ドルで超優良ETFを買い付け、ドルで配当金を得てドルのまま再投資をすること自体に大きな価値があると思います。 とはいえ、iDeCoやつみたてNISAの非課税メ…
  • 日本人の健康寿命は男性72歳、女性74歳です。親の老後の経済的自立度を計算しておこう。

    おはようございます。 親の老後というのは皆共通した心配事の一つでしょう。 いくら普段は疎遠な方でも、血のつながった家族ですので全くの知らん顔はできませんよね。 我が家では、幸いにも夫婦の両親は4人とも健康です。 より正確には、高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は持っていますが、要介護状態に陥るような大病は経験していません。 とはいえ、いつ誰が要介護状態に陥るかは分かりませんので、万が一のことを考えておいて損はないと思います。 親の老後の経済的自立度を計算しておこう 日本人の平均寿命は男性で80.98歳、女性で87.14歳です。 さすがは世界一の長寿国と言われるだけはありますね。 特に、…
  • メインのクレジットカードを1枚決めて1%以上のポイントを得よう

    おはようございます。 皆さんはメインのクレジットカードを決めているでしょうか。 私の周囲には何枚ものクレジットカードを使い分けている方がいますが、非効率だと思います。 メインのクレジットカードを1枚決めて、残りは万が一の時のサブ的な用途に留めるべきです。 メインのクレジットカードを1枚決めて1%以上のポイントを得よう 私は、メインのクレジットカードで決済可能なものは全てそのカードに集約させています。 電気代、ガス代金、携帯料金、自宅のネット代金、NHK受信料、ガソリン代、各種月額課金サービス・・・これら全てです。 クレジットカードを1枚に集約することのメリットは、 1) 毎月の出費の概算を瞬時…
ページ上部へ戻る