カテゴリー:資産形成・投資

  • 投資は人生を豊かにするツールの1つでしかない。自分に合った手法を選択し楽しめる範囲にしておくのが正解。

    おはようございます。 最近、インデックス投資を実践していますと、投資は人生を豊かにするツールの1つでしかないことを強く実感します。 また、人間結局は楽しめないことは続きませんので、楽しめる範囲でコツコツ投資を継続するのが正解だと思います。 投資は楽しめる範囲にしておくのが正解です お金はあるならばあった方がよい 正直、お金はあるならばあった方がよいと思います。 一定の年収、総資産額までは人生の豊かさとある程度正の相関があると言われているからです。 このあたりは下記の本で紹介されています。 www.churio807.com 収入があまりに低すぎることは、生活レベルの低下に直結しやすく、ひいては…
  • 投資のリスク許容度を測るための4つの指標!長期投資のポートフォリオは株式100%でOKか?

    おはようございます。 はちどうさんのブログで、「長期投資のポートフォリオは株式100%でいいのか?」というテーマについて論じられていました。 このあたりは各個人の考えによる所もあるので、どれだけ議論をしても一定の結論にたどり着くのは難しいですが、当ブログでも少し検討してみようかと思います。 以下、はちどうさんの記事になります。 america-kabu.com 投資のリスク許容度を測るための4つの指標 私自身のポートフォリオは「キャッシュ+株式」のみ 結論から書くと、私自身のポートフォリオは「キャッシュ+株式」のみです。 ただし、キャッシュには日本円以外にSBIで積み立てているドルも含みます。…
  • 住信SBIネット銀行でドル買付時の為替コスト0銭キャンペーンを実施中!

    おはようございます。 住信SBIネット銀行が、為替キャンペーンを実施中です。 2018年3月16日(金)17:00約定分までが対象です。 米ドルを欲しいが、普段あまり購入していなかった方には魅力的なキャンペーンですね。 住信SBIネット銀行で全外貨の為替キャンペーン実施中です 海外ETFや海外個別株を購入する時に必要なのがドルですが、両替する時にいつも気になるのが為替コストだと思います。 為替コストが高ければ、その分投資家が損をすることは確定していますので、こういった手数料はゼロに近づけられれば近づくほど有利です。 SBIの場合はキャンペーン中でなくとも今や4銭しかしませんので、たいして変わり…
  • 2018年はつみたてNISAで米国株(楽天VTI)と全世界株(楽天VT)のパフォーマンスを比較してみるのも面白そう!?

    おはようございます。 元々逆張りで日本株をやってきた身としては、最近の株高局面では何も購入できる物がありません。 VTなどのETFであれば、短期的に暴落したとしてもいつかは利益をもたらすだろう・・・と頭では理解しているのですが、現状では割高な気がして食指が動きません。 住信SBIネット銀行の毎日積立のドルがひたすら積み上がっていくばかりです。 ほとんど株の売買をしていないので、投資ブログとしてはネタに困る所です。 そこで、何かブログのネタになりそうなものはないか考えてみました。 2018年はつみたてNISAで米国株と全世界株のパフォーマンスを比較してみる? とりあえず思いついたのが来年から始ま…
  • 平成29年分の確定申告に向けて3つの準備を進めます。

    おはようございます。 本日で10月も末になり、今年もあと2ヶ月を残るばかりになりました。 メインの病院からの給与所得以外に、外来や当直バイトで生計をたてている身としては、もはや毎年の確定申告は当たり前の行事になっています。 毎年この時期になると今年の収入の概算が大体分かりますので、徐々に確定申告に向けた準備を始めることにしています。 平成29年の確定進行に向けて3つの準備を進めます 給与所得控除の上限額は年々下がっています サラリーマンは自営業者と異なり経費を計上することができません(特定支出控除はありますが)。 その代わりに用意されているのが、給与所得控除です。 これは、経費が計上できないか…
  • 海外ETFを購入するならばSBI一択!その理由は「外貨積立」と「為替コスト」にあり。

    おはようございます。 最近は株式市場が堅調すぎるのと、仕事の方が多忙なため、個別株から離れてもっぱらETFの購入に集中しています。 本当は個別株も好きなのですが、逆張り派としては今の株式市況では投資妙味が薄いです。 さて、海外ETFの購入に関してはSBI系列を利用するのが間違いなくベストですのでその理由を考察してみます。 海外ETF購入ならばSBIで決まり!その理由は「外貨積立」と「為替コスト」 結論としては、以下の2点がSBIの魅力です。 1) 外貨積立によって、為替を気にせずにドルを積み立てることが可能 2) ドル転の時の為替コストが4銭と圧倒的に安い(他社は25銭程度) この2点について…
  • ETFか投資信託か?ETFを積極的に購入するならば、より大きなスケールで投資をすることを意識したい

    おはようございます。 投資をやっている方ならば、誰もが敏感になるのが信託報酬を始めとする手数料や税金だと思います。 しかし、近年ではインデックスファンドの信託報酬が一昔前よりもだいぶ下がってきており、細かい信託報酬の差を気にしすぎるのは時間の無駄と言えるレベルになってきました。 インデックスファンドの信託報酬の値下げ競争が投資環境を改善した 投資信託は、円建てで購入できることと、少額から投資が可能で積立も可能ですので、投資初心者の方には非常に人気があります。 近年、インデックスファンドの信託報酬は毎年のように値下げ競争が行われており、その信託報酬のレベルはETFにかなり近い所まで来ています。 …
  • 金融商品はシンプル・イズ・ベスト。難解な金融商品にはろくなものがありませんね。

    おはようございます。 昨日、ドル建て生命保険の記事を書いていてふと思ったのですが、金融商品はその仕組が難解であればあるほどろくな商品がない気がします。 本日は、そのことについて考察してみます。 金融商品はシンプル・イズ・ベストがキーワードです 金融商品はシンプル・イズ・ベストだと思います。 どれだけ説明文を読んでもその仕組みが理解できないような金融商品にはろくな物がありません。 逆に、本質的に優れた金融商品ならば、あれこれ手を加える余地がないとも言えます。 ETFやインデックスファンドはシンプルな金融商品の代表 シンプルで分かりやすい金融商品と言えば、近年急速に広まっているETFやインデックス…
  • ドル建て生命保険のメリット・デメリットについて

    おはようございます。 本日は、ドル建て生命保険に関して読者の方からご質問をいただきましたので、そのメリット・デメリットについて考察してみたいと思います。 ドル建て生命保険のメリット・デメリットについて ご質問の具体的な内容は下記になります。 とても興味深く読ませていただいています。 結婚したばかりの20代後半の医師です。最近はじめて資産形成や投資の勉強をはじめた時に、はてなブックマーク経由で「個人投資家は毎日の家計簿と月に1度の総資産チェックの2つを習慣にしよう」を拝見し、それをきっかけに貴ブログで勉強させていただいています。 ご質問はドル建て生命保険についてです。 10〜20年のスパンで資産…
  • 『週刊エコノミスト』でビットコイン特集が組まれる時代になりました

    おはようございます。 今週号の『週刊エコノミスト』はビットコイン入門特集でした。 ついに、経済誌で仮想通貨の特集が組まれる時代になったかと感じます。 確かに、以前と比べると「ビットコイン」という単語をテレビのニュースで耳にする機会も増えてきました。 しかし、ビットコインという名前は知っていても実際に投資をしている人となるとまだまだごく一部というのが現状でしょう。 本日は、自分の勉強も兼ねてビットコインについて考えをまとめてみます。 経済誌でビットコイン特集組まれる時代になった 私自身はビットコインなどの仮想通貨には現時点では一銭も投資していませんが、これから投資すると仮定して調べてみます。 ビ…
ページ上部へ戻る