カテゴリー:お金の話

  • 一番安いおすすめ火災保険はどこ?ネット見積もりの比較結果!

    マイホームを持つと固定資産税以外に毎年結構な負担になるのが火災保険です。 各社ともネットで見積もり比較ができるようになっていますが、補償内容も詳しく比較してみました。 火災保険の比較結果 火災保険の比較方法 価格コムで一括見積もりした結果 一番安い保険会社は日新火災 安い保険料には理由がある 一括見積り結果によるおすすめ火災保険
  • 投資と家族「2017年の振り返りと2018年の目標」「3人目の妊活に向けて」

    1月も半ばをすぎ下旬になりましたが、昨年の振り返りと反省、そして今年の目標と方針をまとめました。 17年の振り返りと反省 自分自身のこと 夫婦のための投資 良かった点 悪かった点 教育資金のほったらかし運用状況 投資家として良かった点 投資家として悪かった点 18年の目標と方針 自分自身の18年 夫婦生活の目標は第3子の妊活 夫婦の投資方針 教育資金の投資方針 まとめ
  • 平成29年版 ふるさと納税 ワンストップ特例制度の申請書の書き方!提出はいつまで?

    「ワンストップ特例制度」を簡単解説! ふるさと納税を利用した場合、年末年始にかけてやらなければならいのが、確定申告やワンストップ特例制度の申請です。 今回はワンストップ特例制度の申請について条件、申請方法、期限を中心にまとめました。 「ワンストップ特例制度」を簡単解説! ワンストップ特例制度とは 利用するための2つの条件 1年間にふるさと納税を行う自治体数 確定申告の必要がないこと 特例制度の申請後に確定申告が必要になったら?どうする? 申請方法と書類の書き方 申請書の書き方 本人確認書類 申請書の提出はいつまで? 納税に関する関連記事
  • 「家計のバランスシート」土地の評価額はいくら?評価方法を考える

    家計を評価しその健全度を理解するためにバランスシートを作成することは有用な手段の一つです。 家計における資産と負債の中で最も大きなものが、資産は持ち家やマンション、負債は住宅ローンとなります。 今回は土地に関する評価額をどう記入するのかをまとめました。ただし、家計の場合、事業、販売、投資を目的とした土地を持っている方は少ないと思いますので、本記事における土地はマイホームの場合に限って記載しています。 バランスシートにおける土地価格の考え方 企業なら取得原価を計上 取得原価に含めるもの 不動産価格が下落・上昇したらどうするのか? 家計のバランスシートでは売却可能額を記載 家計の性質と評価の目的 …
  • 源泉徴収票の見方 〜サラリーマンの年収(収入)・所得額・手取りの違い〜

    サラリーマンの税込み年収から手取りまでの計算過程と源泉徴収票の初歩的な読み方についてまとめました。 年収・所得額・手取り額の関係 平成28年分源泉徴収票の読み方 所得税の計算に必要な計算式など 給与所得控除額とは 平成28年分 平成29年の給与所得控除額は高所得者に厳しく 所得控除とは 所得税額の税率と計算方法 所得税の計算例 最後にまとめ あわせて読みたい関連記事
  • 2017年冬のボーナスはいつ?いくら?公務員と民間サラリーマンの支給日・支給額!

    今年もまもなく終わります。そして、待ちに待った冬のボーナスの時期がやってきました。今回も冬のボーナスの支給額と支給日について調べてみました。 ボーナスの支給日は?いつ? 冬のボーナス 夏のボーナス 大手企業の支給日 2017年冬のボーナス平均額 民間ボーナスは微増ながらも3年ぶりの増額に 大手企業は夏に続き5年ぶりに減少!平均91.6万円 公務員のボーナス支給額は続伸 これからボーナスが増える人は若手サラリーマン ボーナスの使い道で最も多いのは貯金 あわせて読みたいボーナス関連の記事
  • 働いてからじゃないとわからない?学生に知っておいてほしい大手企業とその他企業の決定的な1つの差。

    思うに、大手企業とその他企業の間には決定的な大きな差が1つある。 それは、給料だ。 「そんなの当たり前だよ」と、耳もふたもない話だよと言ってしまうと話はそこで終わってしまう。実際、今の新卒の給料は証券以外の大手企業だったら大体横並びで、初任給が20万程度だろう。 それに対して中小は20万に届くか届かないかが平均的なところだろう。色々資料を見てみるとだいたい18万くらいなのかな。 初任給だけでも、目に見えている部分だけでも給料は違う。 ここからボーナスという更なる違いが降ってくる。 ボーナスは基本的に月給×何ヶ月分という計算式で決まっている。 だから毎月の給料に差がある大手企業と中小企業は、ボー…
  • 住宅ローンは元金均等返済を選ぶのが一番お得で賢いんじゃないかって話。

    連日の銀行融資に関するニュースを見ていると、どうしてもそれに触発されてしまう。ふとした瞬間に、自分の銀行員時代のことを思い返す。 今回は、住宅ローンの返済方法について思い出した話をしたい。 実は融資の返済方法は1つだけじゃなくて、”元利均等返済”と”元金均等返済”の2種類がある。 普段お金の貸し借りに携わっていない人だったら、そもそも返済方法が2つあるって知らないと思う。それに漢字が一文字違うだけでものすごく似てるし。 で、ほとんどの人が”元利均等返済”で借りたお金を返している。 ほとんどというか、ほぼ全員と言ってもいいんじゃないのかなと思っている。 さて、「元利均等返済がいい」ってことなら…
  • カードローンとはどんな商品か本当にわかっているか?元銀行員が警鐘を鳴らす。

    最近ニュースを見ていて気になる記事があった。 www.nikkei.com 昨年から金融庁が銀行のカードローンが良くないと警戒し始め、つい先日都市銀行に立ち入り調査を行ったようだ。 記事の趣旨としては、銀行(ちゃんとしたところ)が運営しているローンだから安心だと思った利用者が、実はちゃんと返せないほどの金額を借りてしまい生活難に陥ってしまっていることを危険視した金融庁が、「銀行さん、審査を甘くしすぎてたり、借りやすくしすぎたりしてないですか?」と規制をかけに入った、というところだ。 どうしてこの記事が気になったのか。 なにを隠そう、僕は元銀行員だからだ。 しかも新卒で営業店に配属され、個人向け…
  • 1人暮らしって始めるのにいくらかかるの??必要費用について徹底解説!

    こんにちは、行動型考察系ブロガーのカズマです。 今回は引っ越し歴4回と1人暮らし歴8年の経験を通じて、東京都内で1人暮らしを始める時にいったいいくらかかるの?という点について書きたいと思います。 ちなみに4回の引っ越し歴の内訳は、 九州(実家)⇒九州(他県・浪人):予備校の寮だったから身一つで行けた 九州⇒東京(大学):兄や先輩からの譲受けもあったが基本全部そろえた 東京⇒九州(就職):いらないものは全部捨てて必要なものだけ持っていった 九州⇒東京(転職):炊飯器と電子レンジ以外は全部買い直した となっております。 まあ、はっきり言って1人暮らしを始めるのは思った以上にお金がかかります。 今回…
ページ上部へ戻る