カテゴリー:株式投資の心理

  • 「アノマリー」と「同調伝達」

    「アノマリー」とは変則という意味で、はっきりした根拠はないけれどよく起こる事例、または、材料やニュースとは関係ない自律的な変動周期を言います。 そして、このアノマリーを利用して売買する方法があります。 たとえば、「年末年始効果」や「五月連休前後効果」というアノマリーがあります。 これは、株価は年末年始や五月連休前後に天井が来ることが多いという値動きのことで、経済情勢や企業業績などのファンダメンタルズにかかわらず現れます。 そのほか、株式市場における代表的なアノマリーには次のようなものがあります。 ・月曜の株高月曜日は相場が上がる。 ・節分天井、彼岸底2月初めに高値を付けて下落し、3月末で底を打…
ページ上部へ戻る