カテゴリー:株式投資の勘違い

  • 株の値下がりで稼ぐ方法「空売り」

    株価が暴落したりすると、よくテレビでは、証券会社の「株式表示板」を真剣に見つめている人たちを写し出しています。 そして、「株式表示板」の前にいる人たちは、大概、この暴落で何百万円も損をしたなどと落ち込んだり、ぼやいたりしています。 リーマンショックのときによくテレビで見かけましたよね。 このように、株価暴落のニュースで喜んでいる人はあまりいません。 だから、これを見た一般の人たちは、「株は下がったら負ける」、「株は上がらないと勝てない」と思ってしまいます。 株式投資というと、このように、買った株が値上がりしたら儲けることができるが、逆に値下がりすると、損をすると考えている人が多いようですが、実…
  • あなたは、「分散投資」をやりたいですか。

    証券会社の営業マンや株式評論家などの専門家の中には、株式投資は分散投資が一番といって、多くの銘柄を推奨する人たちがいます。 これは、予算の多寡にかかわらず、複数の銘柄へ資金を分散して投資するというものです。 分散投資のメリットとしては、リスクが分散できるため、それぞれの銘柄の株価に上下の変動があっても、トータルで見ればプラスマイナスゼロは維持しやすいということです 優良と思われる銘柄でも、常に上がり続けて行くことはありません。 このため、一つの銘柄に絞ると、勝つときは大きいが、負けるときも大きくなり、一発で資産をなくしてしまうこともあるというのが分散投資を奨める人たちの言い分です。 銘柄を分散…
  • 一般の個人投資家は、ファンダメンタルズ分析などの投資手法を考える必要はありません。

    株式投資の手法に「ファンダメンタルズ分析」というものがあります。 ファンダメンタルズとは、経済などの基礎的要因のことで、国や地域の経済状況や企業の経営状況などを指します。 ファンダメンタルズ分析とは、国の各種経済指標や金利・為替・経済状況など、企業であれば財務内容や企業業績などを基に投資判断を行うという手法です。 これは、株式の本来的価値と市場価値にギャップがあったとしても、いずれは株式の本来的価値に収斂していくという考え方に基づくもので、ファンダメンタルズを分析することにより株式の本来的価値を割り出し、これに対して市場価値が著しく低く抑えられている銘柄に投資を行うというものです。 しかし、我…
  • 「みんなで渡ると怖い」

    出来高の最大値と株価の最高値は、ほぼ同日に現れるといわれてます。 これは、株式投資における定石の一つです。 出来高の最大値とは買う人が最も多いときのことで、この時、株価も天井に来ているということです。 しかしこの時、新聞やテレビニュースなどでは、「出来高が急増して安心感も広がった」などというような言い方をしていることが多いのですが、本当はこの時点で相場は赤信号となっているのです。 アメリカでは、買う人が最も多いときに買うことを「より馬鹿」といい、どうしたら自分が一番馬鹿にならないで済むかを皆が一生懸命考えています。 多くの投資家がこの「より馬鹿」になるときこそ、売りで取れる最大のチャンスとなっ…
  • みんなが知っている情報は、株式投資には役に立ちません。

    価格が日経平均などの指標に連動するシンプルな投資方法である「インデックス投資」は、一般的に、個別の株式や債券に投資するよりリターンは高くなっています。 ということは、大半の投資家は、株式市場の平均利回りより良い成績を出すことはできていないということです。 これは、何故でしょうか。 市場は、時々突然値上がったり値下がったりします。 しかし、このような突然の市場価格の変動を確実に予想することは不可能です。 また、そんなことを予想できるような人はこの世には存在しません。 株式投資をしている人なら誰しも、この世で自分だけが知りえる重要な情報があれば株式投資で大儲けできるのに、と考えることがあります。 …
  • 持たざるリスク

    株式市場が活況を呈して、上昇トレンドが長く続くようになってくると、「持たざるリスク」という言葉がよく使われます。 これは、株価が上昇している時は「株を持っている人」は皆が儲かっているのに、「株を持っていない人」だけは儲け損ねてしまうという意味で使われます。 しかし、証券会社やマスコミなどに煽られ、乗り遅れないようにと焦って投資をすると、結局は高値掴みとなるケースが多いのです。 なぜ、株式などの相場が上昇し始めると、多くの人が「遅れてはいけない」と焦って買いに出るのでしょうか。 これは、他の人たちが買っているのに自分だけ買わなければ損をしてしまうという焦りの気持ちや、皆と同じことをやっていれば安…
  • 株式投資など金融商品は購入のタイミングが大切です。

    銀行が勧める商品はすべて安全と思ってはいけません。 投資信託という金融商品がありますが、これは、銀行で多く売られています。 この投資信託は、元本割れのリスクを伴う投資商品なので、本来は、その商品について自分で研究し、他の商品とも比較し、最終的に購入の判断は自己責任で行うべきものです。 ところが、銀行は安全であるというイメージがあるため、銀行が販売する投資信託は安全であると思い込んでしまい、結局購入した投資信託商品が値下がりしてしまったというケースが少なくありません。 これは、「ハロー効果」といわれるものです。 「ハロー効果」とは、あるものに対していったん出来上がったイメージは、他のことに対して…
  • 株式投資は自分自身で考えて行うことが大切です。

    会社勤めをしながら副業で株式投資をしようと考えているなら、大切なことは、会社で働いている時は株のことは一切考えないことです。 会社での仕事中に株が気になるようになると、会社の仕事が上の空になって身が入らず、結局は会社の仕事も株式投資も両方がだめになってしまいます。 会社で仕事しているときは一切株のことは気にしない。 逆に、株のことを考えるときは会社の仕事のことは頭の中から追い出して、株に集中する。 このように、メリハリを持って行うことが大切です。 そして、株式投資をする際に重要なことは、銘柄選定から買い時・売り時まで、全部自分で考え自分の判断で行うことです。 人の話を鵜呑みにせず、判断は自己責…
  • 相場や株の値動きを予測するのにファンダメンタルズは不要です。

    一般の投資家の人たちは、「株式投資で勝つためには、ファンダメンタルズが重要。」とか、「ファンダメンタルズ分析が分からなければ投資では勝てない。」と思っているようですが、本当にそうでしょうか。 株式投資を行う際、ファンダメンタルズが重要視されますが、相場や株の値動きを予測するという点においては、ファンダメンタルズはほとんど役に立ちません。 なぜなら、ファンダメンタルズによって分析できることは、すでに相場に織り込まれているからです。 相場や株の値動きを予測するにはどうしたら良いでしょうか。 株式の価値とは、株主が出資した資本を使ってその企業が生み出す利益と考えられます。 そして、企業が生み出す利益…
  • 株価は需要と供給で決まります。

    短期の株価の動きは、企業業績や経済状況とは無関係です。 なぜなら、株価は毎日変動しているけれども、企業業績や経済状況の変動が毎日目に見える形で表に現れてくることはありません。 現れてくるとすればテレビや新聞からのニュースや情報です。 企業では、年度決算や半期決算、そして、四半期決算・月次決算などを行います。 これは、一定期間のその企業の成績です。 一般的には、月次決算は公表されることはありません。 企業の年間成績は、上場企業であれば株主総会で報告されたりなどして、事後になると一般投資家の知るところとなります。 これが、年度の途中であれば、「第三四半期の業績は予定通りだった」とか、「下期の決算見…
ページ上部へ戻る