カテゴリー:株式投資とは

  • 『順張り』と『逆張り』

    人は、予期していない出来事に出会うと過剰に反応してしまう傾向があります。 たとえば、相場に思ってもいないような好材料や悪材料が出たりすると、敏感な投資家はその材料に対して過剰に反応してしまいます。 そして、その相場の反応に対し、さらに他の投資家たちが反応するため、株価は適正価格から大きく乖離してしまいます。 売られすぎ、あるいは買われすぎの状態になるわけです。 しかし、株価がいつまでも上がり続けたり、下がり続けたりすることはありません。 しばらくすると株価は適正な水準に戻ってきます。 上がったものはいつか下がり、下がったものはいつか上がります。 ここに「逆張り(リターンリバーサル)」という投資…
  • ベンジャミン グレアムの『ミスターマーケット』

    ウォーレン バフェットの師匠であるベンジャミン グレアムは、著書の「賢明なる投資家」の中で『ミスターマーケット』について、こう記述しています。 ミスターマーケットは、毎日あなたの家を訪れます。 彼は、あなたの家のドアの前に現れては、毎日違う価格で株の売買を持ちかけてきます。 ミスターマーケットによって提案される価格は、しばしば妥当なように思えますが、それはしばしば馬鹿らしい価格のときもあります。 あなたは、彼の提示した価格に同意して取引してもいいし、彼を完全に無視してもいいのです。 いずれにしろ、ミスターマーケットは、翌日も他の株式の価格を引き合いに、投資を持ちかけてくるのです。 問題は、ミス…
  • 自分が得意とする銘柄や自分と相性の良い銘柄を早く見つけることが重要。

    銘柄を選定する際、どれが儲かるかではなく、どの銘柄の動きが好きか、そして、長く付き合っていけそうかを考えて銘柄を選んだ方が好結果を期待できることがあります。 また、ニュースや情報などのいわゆる「材料」にこだわりすぎて、資金をどんどん減らしてしまうことがあります。 株式投資でいつも損をしている人は、株式評論家やアナリストなどの株式投資の専門家といわれる人や、証券会社の営業マンなど他人の奨める色々な銘柄を次から次へと取っ換え引っ換え手を出しています。 そして、銘柄をどんどん増やして身動きが取れなくなっていきます。 「品薄仕手株」、「二部・店頭株など(一部以外)」、「新規公開株」、「テーマ株・人気株…
  • 株式投資は、買うのも売るのもタイミングが重要。

    株式投資は、タイミングが重要です。 特に、予測が外れた場合の「損切り」はできるだけ早く、そして、利益確定はあまり焦って慌ててはいけません。 当初予定していた株価になるまでじっくり待って、できるだけ多く稼ぐことを考えましょう。 要は、売る時も買う時もタイミングが肝心ということです。 「損切り」とは、予測に反して下がり始めた株を損を承知で売ることです。 株価は買った時点から上がっていくか、下がっていくかのどちらかです。 いつも予測通りに行くわけではありません。 予測通りに行かなかった場合も、含み損が少ないうちに売れば、ダメージは少なくて済みます。 だから、銘柄や購入時期を決めて投資を実行する際には…
  • 自分で決めた投資ルールは簡単に破ってはいけません。

    特定の業種の将来性や、景気の動向、金利などのファンダメンタルズに注目し、一定の長期間投資する場合は、データや予測に誤りがなければ、大きなリスクを負わずに利益を得ることができます。 ただし、小額の資金で株式に投資する場合は、長期間持ち続けるより、一年以内の短期投資の方が効率が良いようです。 一年以内の短期投資の場合、データや予測に誤りがないとしても、元本割れのリスクを伴いますが、その分、資金を大きく増やすことができます。 一年以内の投資の利点は、短期間で利益を得ることができるので、その利益を次の投資へ回すことができる点にあります。 だから、小額の資金でその資金をどんどん増やしていくためには、得ら…
  • 株価変動の要因

    企業は、売上が10%以上、利益・経常利益・当期純利益が30%以上変動した場合、業績の修正が発表されます。 会社の決算書類は、いわゆる経営の通信簿です。 一年間という一定期間の経営成績を表しています。 そして、この決算書類は決算日から概ね40日で公表されます。 この決算内容が前期より大きく成長しているような場合は、株価も上昇しやすくなります。 ただし、決算前に好決算が予想されているような場合は、決算公表時点では、すでに株価は上昇している場合が多くなります。 これは、この好決算が既に市場に織り込まれているということです。 したがって、実際の決算が決算前の予想と異なる時は、株価は上下する可能性が大き…
ページ上部へ戻る