カテゴリー:バイオ銘柄

  • 「血液1滴、がん13種早期発見」の一連の報道についてまとめてみた件

    「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクト」が取り組んでいる研究結果が徐々に明るみに出てきているように思います。 しかし、「血液1滴、がん13種早期発見」というほぼ同じ内容のニュースが、7月末からの1ヶ月ほどの間に3回も報道されたのですが、一見すると何が違うの?という内容。でも、それぞれちょっとした新しい情報が織り交ぜられているので、分かりやすく整理しておきます。 体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクトとは? 国立がん研究センター研究所を中心とした産学連携のプロジェクトで、血液中のマイクロRNAの大規模解析を行い、日本人に多い13種類のがん(胃がん、大腸がん、食道がん、膵臓が…
  • PSS(7707)は材料・思惑相場継続に

    本日8/14、プレシジョン・システム・サイエンス(PSS|7707)の決算が発表されました。 平成 29 年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 中期事業計画(平成30年6月期~平成32年6月期)策定に関するお知らせ 本決算は事前に赤字縮小の上方修正が出ていて想定内だったので、中期事業計画について見ていきたいと思います。 中期事業計画(損益計画) 2016年に出されていた中期事業計画(下記参照)と比べると今後2年間はほとんど変わらず、3年後の平成32年(2020年)6月期に大きく伸びると見込んでいます。黒転予想も平成31年(2019年)度と変化なし。 【補足】PSS(7707)の、最新の中期事…
  • 全自動遺伝子解析装置の観点から見たmiRNAの最新知識

    先日、プレシジョン・システム・サイエンス(PSS / 7707)から、書籍『miRNAの最新知識 ~基礎領域から診断・治療応用まで~』にて全自動遺伝子解析装置に関する原稿を執筆した、というニュースリリースがあったので、さっそく購入して読んでみました。 miRNAの最新知識―基礎領域から診断・治療応用まで posted with ヨメレバ 落谷 孝広 医薬ジャーナル社 2017-06-01 Amazon Kindle PSSが担当したのは「第17章 miRNAによる検査診断ツールおよび核酸医薬開発の現状」内の「第2節 臨床現場での仕様に向けた全自動核酸抽出装置」のパートだったので、その部分だけで…
  • 7月はバイオ祭りでスタートダッシュ!?

    これまで何度か、バイオセクターが盛り上がるんじゃないか?と記事にしてきました。 barista-stock.hatenablog.com barista-stock.hatenablog.com 直近でも、(僕にとっての)ビッグニュースも飛び出しました。 barista-stock.hatenablog.com barista-stock.hatenablog.com そして、昨日と今日も立て続けに、バイオ企業が材料を出してきています。 これはいよいよ、三度目の正直でバイオ祭りがやってくるのでは!? ただし、外部環境において少々不穏な空気が立ち込めているのも事実。しかし、それを吹き飛ばすほどの…
  • 遺伝子検査装置に強みを持つプレシジョン・システム・サイエンス(7707)

    昨日、プレシジョン・システム・サイエンス(PSS / 7707)に関する新聞報道がありました。 yomidr.yomiuri.co.jp 個々の遺伝情報を活用して最適な治療法を選択するがんゲノム医療の加速化が狙いで、がんに関連した遺伝子一括検査の保険適用は、2018年度中の実現を目指すとのこと。 それもあり、今日はストップ高で大引けでした。しかし上記の新聞報道だけで、まだ会社からのリリースはありません。 kabutan.jp では、なぜこの新聞報道だけで、PSSはここまで期待されて買われたのでしょうか。今後も期待できるものなのかどうか、など、僕なりの視点でPSSについてまとめてみたいと思います…
  • 来るか、バイオ祭り!?

    「暴落が来るぞ!来るぞ!」と言われながら、そう言われてるうちはなかなか来ないのが暴落というもの。日経平均はヨコヨコ(前日比+0.10%)で推移しましたが、マザーズ指数はゲーム銘柄が全般的に活況で1,202(前日比+2.28%)をつけ、直近高値だけでなく、昨年の高値1,230をも射程距離圏内に捉えた状況となりました。 ※週足チャート(2年) そして、マザーズ牽引の主力だったゲーム銘柄だけでなく、バイオ銘柄にも資金が流入してくるのでは?という兆しが表れました(と、勝手に思っただけ…)。 1つは、そーせい(4565)に力強さが戻ってきたこと。もう1つは、低位バイオ銘柄に材料が集中したことです。つまり…
  • バイオベンチャー列伝 〜気になるバイオ関連銘柄をまとめてみました〜

    先日「薬価引き下げ・患者負担増の方針を骨太方針から削除する」というニュースを見て、そろそろバイオのターンが来てもいいんじゃないの?どうなのよ?と思っている今日このごろ、みなさんいかがお過ごしですか? www.nikkei.com とはいえ、アメリカ市場、特にナスダックの下げが週明けにどう影響してくるかと不安な要素もありつつ、でも、いつバイオのターンが来てもいいように、改めて準備しておこうと思います。まずは、バイオベンチャー企業の全体俯瞰図から(下図は『週刊エコノミスト 2016年12月06日号』より)。 来るべきバイオ祭りに備えて、バイオベンチャー企業のおさらい。(「週刊エコノミスト 2016…
ページ上部へ戻る