カテゴリー:投資手法・投資方針

  • 市場との向き合い方

    こんばんは イエティです。 今回は「市場との向き合い方」について。 最近、株式市場は北朝鮮リスクからリスクオフとなり、軟調な展開が続いています。 ツイッターでは、事前に現金比率を上げて損失回避した人から退場せざるを得なくなった人など、何か慌ただしくなっている気がします。 私は、リーマンショック未経験なので大暴落に立ち向かった経験は無いのですが、ここ2,3年のいわゆる暴落に対しては、あまり被弾をせずに乗り越えてきました。(チャイナショックなど) それは何故かというと、「株価がいくらになったら買い、いくらになったら売り」という明確な基準を決めているからです。 これには2つ利点があります。 一つ目は…
ページ上部へ戻る