カテゴリー:バリュー投資

  • 「企業の価値」と「株価」を比較する。

    株式投資の分析手法は、「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」の二つに大別されます。 テクニカル分析とは、チャートに基づいて株価の変動パターンを分析することで現在の株価が割安なのか割高なのかを判断します。 これに対して、ファンダメンタルズ分析は、個別企業の財務状況や業績を基にして「価値」を判断します。 どちらの分析に比重を置くかは、投資家の志向によって変わるのですが、比較的、短期トレーダーはテクニカル分析、長期目線ならファンダメンタル分析を重視する傾向があります。 企業の本質的な価値に対して株価が割安になっている銘柄や、事業の成長が見込まれる企業は、将来的には適正な価値に見合うまで株価が上…
ページ上部へ戻る