カテゴリー: L適切な道具と扱い方

  • 結果が出るまでの時間

    SNSやネット掲示板でよくあることですが 短期的手法の人が長期的手法の人に対して批判的だったりします。 その中でよく見るのが長期は結果が出るまで時間がかかるだろう?というものがあります。 結果が出るまで長期待ってそれで駄目だったとなったらどーするの?ってことだと思いますが、それに反論と言うか、そもそも結果がわかるまでに時間がかかるものだよね?長期も。短期も。 という感じの話。 まず認めましょう。 長期投資において例えば成長を狙うにしても、割安としたものの評価水準の訂正を狙うにしても、例えばそれを三年待って成長しませんでした。評価水準の訂正などありませんでした。その三年は無為に(もっというなら損…
  • 投資の作業と報酬

    投資を続けるにあたって変わらないことと変わることがあるよね。 と、いきなりよくわからない話で始まりますが、例えばお弁当屋さんならどうでしょう。 何が? 作業と報酬のあり方。 お弁当屋さんをするならお店でも最初はレジだけかもしれない。次にお弁当作りとかするかもしれないし、食材の仕入れ、帳簿をつけたりバイトの面接もすることになるかもしれない。さらにマネージャーとかになるならもっと劇的に作業の質が変わるかもしれないね。 お弁当屋さんならたぶん続けていくと、行う作業が増えたり変わったりするはずです。 で、報酬はといえばお店でより多彩な作業をしたり、質の高い作業をできるようになっても、さらには多くのお店…
  • 方程式のない答え、背景のない方程式

    自分はあまり他人が何を買ってるかって興味なかったりします。 というのも語弊があって、銘柄単品では興味ないのは確かに。 でも、でもなんでそれを買ったのか?とかもっと言えばたとえばそれが割安だからだとしてなんでそれを割安とするのか?もっと言えばなんで割安を買うのが正解だと思うのか?とかは興味あったりするのです。 そのような話。 何を買っているのか? それってつまりは答えだと思うんです。 その答え自体にどれだけの価値があるのでしょうか? もしかしたらその答えはすこぶるいい結果が出てくる答えなのかもしれません。 それはあり得るでしょう。 でも株安する場合も当然ありえます。 そのときに答えだけだとその答…
  • PERの先にある何か

    この会社はPERが低いからいいだろう そんなことを言われる方もいます。 それってちょっとちがうんじゃない?というお話になりそう。 PERの他でもなんでもいいと思います。 配当利回りでもPBRでもROEでもROICでも。 MACDだったRSIでも言えると思います。 そんなお話。 最初にそれを作った人です。 何のことだ?と思われそうですが、PERというものがあるのなら最初にPERというものを作った人がいるはずです。 人類誕生の前からPERがあったり、実はダ・ヴィンチの飼い犬が作ったとかでなければね。誰も作らないのにPERというものが存在するほどPERというものが普遍的なものであるとはちょっと思えま…
  • 長期投資に優位性はない

    と、言うとむっとする方もいるのでしょうか? 自分は多分短期トレーダーじゃないし、中期というより長期かな?って思うところだったりすのですが、実際数字を取ると平均取引平均は365日超えで保有しているものに関してはもっと長いです。(売ったものが平均を下げている)記録を取り出した時期を踏まえると買ってそのままが多い感じ。これからも伸び続けそうです。 ということでたぶん長期投資家なのですけどそんな自分が長期投資には優位性ないよねーって思っているという話。 優位性とはなんでしょう? いろいろ解釈はあると思いますが、自分的にはこれは”有利なこと”です。 有利なことだから儲かるし、有利なことをしてるから儲かる…
ページ上部へ戻る