カテゴリー: L投資の心構え

  • 良し悪しの属人化と属言葉化

    世の中には沢山の人がいろんなことを言ってまして 今回はあまり投資的ではない話。でも投資にも結構関わるというかもうちょっと広い話かもしれないというエントリー。 これは投資に限らずだと思いますが、そんないろんな言葉つまりは情報は要らないといっても来てしまうもので、来たからにはどうにかしないといけないと思うのです。 どうするって? 例えば、無視する。でなければ正しいよね?とするとかそれは間違いだ!とかするとか。 これは自分も参考にしようとか、わるいけど自分には合わないなとか。 なんらかの対処をする必要があると思うんです。(スルーや無視も一つの対処) つまりは来る情報の良し悪しの判断や取捨選択するとい…
  • 信じるゲーム

    あがる株を当てるゲームがあります。 端的には株式投資なんだけどね。 自分は何度も当たるといいですねという感じに言ってたりしますけど。 自分は一応それはわからないというスタンスだったりします。(当たる当たらないというかわかるわからないという選択ならわからないという立場を前提にするべきという感じ) というのは建前みたいなところはあったりなかったりするところからの・・ 実はそれなりに当たるよねだしわかるもんだよね・・からのでもそれだけじゃ足らないよね?というなんだか微妙な意見からの・・ 株式投資はあがる株式を当てるゲームであるようでいて実は違うゲームじゃないか?というお話。 実は株価があがるものは結…
  • 投資で大切な情報

    投資で情報は大切です。 よくそうおっしゃる人がいますし、字のまま「投資に情報は大切だ」なら自分もそうだねという他ありません。 ただ自分の思う情報の大切さというのは、多くの人が言う情報が大切だというのとちょっとニュアンスが違うのかな?という気がしているのです。 というわけで自分の思う大切な情報とはなんなのか? そんな話。 よく言われる「情報が大切だ」 これはどんな情報を指すのでしょう? 自分は要するにそれは、誰でも簡単に入手できない特別なもの。あるいは、ニュースが出た一日後、いやもっと一時間後にはもう用をなさないような極めて新しいもの。 どうやら何とかして特別な珍しい情報を手に入れることとか、新…
  • 結果が出るまでの時間

    SNSやネット掲示板でよくあることですが 短期的手法の人が長期的手法の人に対して批判的だったりします。 その中でよく見るのが長期は結果が出るまで時間がかかるだろう?というものがあります。 結果が出るまで長期待ってそれで駄目だったとなったらどーするの?ってことだと思いますが、それに反論と言うか、そもそも結果がわかるまでに時間がかかるものだよね?長期も。短期も。 という感じの話。 まず認めましょう。 長期投資において例えば成長を狙うにしても、割安としたものの評価水準の訂正を狙うにしても、例えばそれを三年待って成長しませんでした。評価水準の訂正などありませんでした。その三年は無為に(もっというなら損…
  • 投資家のおしごと

    2018年GW蔵出し企画です。ストック記事から出しそびれていた記事を出す企画。後半。ちなみにそれぞれ全く違う記事。 大工はおしごとです お仕事だと思いますよ? いきなりですが、お仕事というものを考えてみましょう。 お仕事とは何なのか? 定義はいろいろあると思います。 その中で自分は例えばこうだなんて考えられるかなあって思います。 お仕事は何かの価値を提供してお金を得る行為。大工なら家を建てるあたりかな。 そんな疑問から始まるおしごととは何なのか?そして投資家のおしごとはどういう形になるのかな?なんてことを仮説を立てて考えてみたという話。 よするに正しいかどうかよくわからない思考実験をしたよって…
  • 客観的事実とは違う自分の事実

    2018年GW蔵出し企画です。ストック記事から出しそびれていた記事を出す企画。前半。ちなみにそれぞれ全く違う記事。 科学者は長い歴史の間に事実とすることを変えてきました。 科学者は、長い間すごく考えたり積み上げたりしながら事実を変えてきました。 その間に太陽が回ったり、地球が回ったり、世界の果てには滝があったり果てがなくなったりとかして事実を変えてきました。 事実は不変なものではなくて、不断の努力によって変えられてきたんです。 と、よくわからぬ話から始まるエントリー。 投資なら事実を事実と捉えられればいい。 真実を探求するなんて難しい行為じゃなくて投資で勝つくらいならそれくらいできればいいのか…
  • 不安定な勝利

    株価推移など見て思うのですが すごく株価を上がる銘柄というものはたいていすごく下げている様に思えます。 例えばソフトバンク。 上場は1994年みたいですが初月終値398円から節目を見ても576円から221円。そこから1367円、急転直下し185円。そこから22000円!と思ったら275円!。で2456円923円5220円636円から10550円。 結果を言うなら上場月終値で買ったとして20年ちょいの2018年初で言うなら26倍程度?なのですが、これはもちろん市場平均などと比較するなら大変なアウトパフォームということになりそうです。(もっとも2000年の22000円あたりで買ってたら今でも損でし…
  • 方程式のない答え、背景のない方程式

    自分はあまり他人が何を買ってるかって興味なかったりします。 というのも語弊があって、銘柄単品では興味ないのは確かに。 でも、でもなんでそれを買ったのか?とかもっと言えばたとえばそれが割安だからだとしてなんでそれを割安とするのか?もっと言えばなんで割安を買うのが正解だと思うのか?とかは興味あったりするのです。 そのような話。 何を買っているのか? それってつまりは答えだと思うんです。 その答え自体にどれだけの価値があるのでしょうか? もしかしたらその答えはすこぶるいい結果が出てくる答えなのかもしれません。 それはあり得るでしょう。 でも株安する場合も当然ありえます。 そのときに答えだけだとその答…
  • 投資の主体

    投資の利益をなんと呼ぶか? 今回はそんな言葉遊びをしてみようと思う。 もしかしたらそんな言葉遊びが投資成績に影響するのかも? なんてオカルトなエントリー。 ちなみに長期よりの話。より短期になるとここでの話はずれた話となりそう。 投資の利益をなんと呼ぶ? お金を稼ぐ稼いだ。 お金を儲けた。儲かった。 お金を増やした。 お金が増えた。 利益は利益。 などなどあると思いますが、この中では自分は下の2つが好みかなあって思うところです。 でも、自分はここでちょっと思う事があったのです。 で、その主体はなんぞ? そんな疑問が浮かんだというか、浮かべば答えは簡単で・・ それの主体は自分であると多分無意識に思…
  • 会社のミカタ

    株安というものがあります。 ないと思ってる人は反省してください。と、いきなりずれましたが、ここは今後株安は起きるのです(ただしいつになるかはわからない)という話ではなくて株安という事象があるよねというところから始まる話。 株安とは何なのか? 株価がさがるっちゅう事です。それってどういう事なのでしょう? 時折見ますよね?ここまで下がったら買うとかおっしゃっている人。それが近いところならまあいいんです。それが遠いところのとき、いまの数分の一とかね。大きな大きな株安ね。それってどういうことか?今回はそういう疑問から始まります。 大きな大きな株安とはどういうものなのか? そういうときが来ると致しましょ…
ページ上部へ戻る