カテゴリー: L投資のしかた

  • 結果が出るまでの時間

    SNSやネット掲示板でよくあることですが 短期的手法の人が長期的手法の人に対して批判的だったりします。 その中でよく見るのが長期は結果が出るまで時間がかかるだろう?というものがあります。 結果が出るまで長期待ってそれで駄目だったとなったらどーするの?ってことだと思いますが、それに反論と言うか、そもそも結果がわかるまでに時間がかかるものだよね?長期も。短期も。 という感じの話。 まず認めましょう。 長期投資において例えば成長を狙うにしても、割安としたものの評価水準の訂正を狙うにしても、例えばそれを三年待って成長しませんでした。評価水準の訂正などありませんでした。その三年は無為に(もっというなら損…
  • 気に入ったものを買えばいい。安く。安く。安く。

    今まであまりないのですが もしあまり投資に詳しくない人に「何を買えばいいのか?」と聞かれたなら多分以下の様に答えるだろうなあって思ってます。 「気に入った会社を買えばいいよ」 なんていい加減な!って思う方もいるかもしれません。 でも、自分は本当に気にいった会社買うだけでいいと思ってます。 まあ確かにそれだけじゃ駄目かなあ?って思うので以下も付け加えると思います。 「ただし安くね。安いときにね。安く買うんだよ。」 たぶんそのように言います。 そして安くは三回ぐらいは言いそうです。なんでかというとこの安くはあまり優先度を上げる人が多くなく、大抵安いかどうかは軽視して気に入ったものを買ってしまうだろ…
  • 消えゆく数字

    今年ぐらいからあるものが消えていくわけです。 これを書いている今は2018年の5月ですね。 そんな時分ですが、最近は結構以前まで遡れる様になったんじゃないかと思います。 一昔前ならきっと5年前より昔は確認が難しかっただろうと思うそれ。 わりといい時代になったと思います。 しかしそれでもそれは消えていく。 そしてその姿は変わって見えるようになりそこにあるものはいいものになる。 そんな話。 それとはなんだ? 既にもったいぶってるけど、これ以上もったいぶらず答えてしまうと・・ それは過去の企業業績。 紙の四季報なら過去5年、その他も四季報以上に見れるところは多くはないんじゃないかな。 長い方だろうマ…
  • 投資の作業と報酬

    投資を続けるにあたって変わらないことと変わることがあるよね。 と、いきなりよくわからない話で始まりますが、例えばお弁当屋さんならどうでしょう。 何が? 作業と報酬のあり方。 お弁当屋さんをするならお店でも最初はレジだけかもしれない。次にお弁当作りとかするかもしれないし、食材の仕入れ、帳簿をつけたりバイトの面接もすることになるかもしれない。さらにマネージャーとかになるならもっと劇的に作業の質が変わるかもしれないね。 お弁当屋さんならたぶん続けていくと、行う作業が増えたり変わったりするはずです。 で、報酬はといえばお店でより多彩な作業をしたり、質の高い作業をできるようになっても、さらには多くのお店…
  • 不安定な勝利

    株価推移など見て思うのですが すごく株価を上がる銘柄というものはたいていすごく下げている様に思えます。 例えばソフトバンク。 上場は1994年みたいですが初月終値398円から節目を見ても576円から221円。そこから1367円、急転直下し185円。そこから22000円!と思ったら275円!。で2456円923円5220円636円から10550円。 結果を言うなら上場月終値で買ったとして20年ちょいの2018年初で言うなら26倍程度?なのですが、これはもちろん市場平均などと比較するなら大変なアウトパフォームということになりそうです。(もっとも2000年の22000円あたりで買ってたら今でも損でし…
  • 投資家の「量」の制御

    投資家トレーダーのできるコントールは3つだよね? という記事をあげまして、今回はその続きの話。 kamomenotoushi.hatenablog.com できることは3つにおいてのみだけど、その3つも重要度に差があるよね?という話。 というわけでいきなりだけど 「何」「いつ」「量」 この中でどれが一番重要でしょうか? 重要というのはどれが出てくる結果をもっとも左右する要因か?ということです。 とりあえずこれの構造は明確かと思います。 「何」と「いつ」がプラスかマイナスかを決定し、「量」がその大きさを決定する。 と、考えるならいちばん重要なコントロールは・・ 「量」です。 利益あるいは損失の大…
  • PERの先にある何か

    この会社はPERが低いからいいだろう そんなことを言われる方もいます。 それってちょっとちがうんじゃない?というお話になりそう。 PERの他でもなんでもいいと思います。 配当利回りでもPBRでもROEでもROICでも。 MACDだったRSIでも言えると思います。 そんなお話。 最初にそれを作った人です。 何のことだ?と思われそうですが、PERというものがあるのなら最初にPERというものを作った人がいるはずです。 人類誕生の前からPERがあったり、実はダ・ヴィンチの飼い犬が作ったとかでなければね。誰も作らないのにPERというものが存在するほどPERというものが普遍的なものであるとはちょっと思えま…
  • アウトプットのチカラ

    アウトプットなる言葉があります。 直訳すると出力だね。 逆にインプットなる言葉も。これは入力。 わりと普遍的な言葉なのでいろんな意味で使われてそうだけど、投資的な話題で出るならたぶん・・・ インプットは、本を読んだり情報収集したりして頭のなかに入れること。 アウトプットは、それをたぶん文字(ときには話し言葉として)て頭から出すこと。 と、なろうと思います。 あのですね。投資をするならインプットすべきです。 本を読んでいろんな考え方を学んだり、企業の情報や経済や相場の情報をインターネットやマスメディアから収集すべきです。 どうでもいい情報ももちろんあってそのインプットの仕方・・情報の集め方、取捨…
  • 会社のミカタ

    株安というものがあります。 ないと思ってる人は反省してください。と、いきなりずれましたが、ここは今後株安は起きるのです(ただしいつになるかはわからない)という話ではなくて株安という事象があるよねというところから始まる話。 株安とは何なのか? 株価がさがるっちゅう事です。それってどういう事なのでしょう? 時折見ますよね?ここまで下がったら買うとかおっしゃっている人。それが近いところならまあいいんです。それが遠いところのとき、いまの数分の一とかね。大きな大きな株安ね。それってどういうことか?今回はそういう疑問から始まります。 大きな大きな株安とはどういうものなのか? そういうときが来ると致しましょ…
ページ上部へ戻る