カテゴリー:ETF-債券ETF

  • 米国優先株式ETF【PFF】驚きの約6%利回り

    必ず勝てるETFですが、今回は優先証券のETFであるPFFを紹介します。利回りが6%を超える、アメリカならではの高利回り商品。値上がり益はほとんどありませんが、分配金の高さでは最も高いETFのうちの一つです。
  • 債券ETF【BND】に関しての質問にお答えします。

    債券投資を簡単にしたBND 債券ETF【BND】に50万ドル全力投資をしてみたらどうか 50万ドルを全てBNDにすると・・・ 債券ETF【BND】を活用した年間300万円の追加投資術 キャッシュポジションは機動性に富む 債券投資を簡単にしたBND 債券投資は株式投資に比べると馴染みが薄かったのですが、ETFの利用により簡単にできるようになりました。代表格がバンガードの長短期米国債をトッピングしたBNDであり、AGGということです。 市場平均、米国の場合はS&P500との連動性を示す値をベータ値といいます。BNDの場合は0.05前後、AGGの場合も同じぐらいか時々マイナスということになっています…
  • ストリップス債を使ったディフェンシブ投資

    ストリップス債とは何か ストリップス債をポートフォリオに組み入れたい 債券の魅力は上がってきている ストリップス債とは何か 一般的によく知られる債券は、半年ごとに利息を出します。これに対し、ストリップス債と呼ばれるものは利息を出しません。これは、元本部分と利息部分を別にしているからです。 その分、ディスカウントされた値段で債券を買うことができます。 これはSBI証券が扱っている米国債の一覧です。短期のストリップス債ほど参考単価が高く、長期のストリップス債ほど安くなっています。利息部分を除いた価格になっているからです。 これに対し、最下段は普通の利息付きのものです。それぞれ利回りを意識して値付け…
  • 外貨建て社債のメリットデメリット

    外貨建て社債のメリット・デメリット 外貨建て社債のメリット 外貨建て社債のデメリット 為替変動リスク 価格変動リスク 信用リスク 外貨建て社債の利回りが良いが・・・? 社債か、株式か。 外貨建て社債のメリット・デメリット 外貨建て社債というものがあります。もっとも買いやすく、有名なものはドル建て社債でしょう。日本から買えるものとしては、これ以外にもポンド建て、オーストラリアドル建てなどもよく見られます。 外貨建て社債のメリット 外貨建て社債のメリットとしては、日本円建て債券に比べると利回りが高いこと、このことに尽きます。 利回りは通貨発行国の金利状況が関係します。ですから、昨今よく話題に上る「…
  • 債券ETF100%投資は安全な投資なのか

    債券ETF投資の特徴 債券ディーラーは金利動向を踏まえオプションや現物を駆使して利益を出すわけですが、一般の個人投資家ではマイナーな投資法と言ってよいでしょう。 ただし、個人投資家の債券投資もうまい人は本当にうまいので、それでセミリタイアをした人もいます。 そういうプロ、あるいはセミプロ以外の人にとっては株式ベースのポートフォリオに生債券か、債券ETF、あるいは社債をトッピングするというのが現実的な投資になるでしょう。 特に、米国株市場においては債券ETFや社債ETFのクオリティも高いです。クオリティというのは信頼性・流動性・種類、これらがそろっているということです。ですから、日本市場以上に選…
  • BNDやBLVなどの債券ETFの使い方

    債券ETFの使い方 ある程度年を重ねて、なおかつ資産が膨らんでくると投資の思考が変化してきます。それは、いかに資産を減らさずに運用するかということです。資産が少ない時は、殖やすということに思考が向きがちです。 それが、年を経ると殖やすことと同じぐらいに「減らさない」ということが重きを成してくるのです。 比較的年齢が高い40代以降の個人投資家がディフェンシブ株投資をしていたり、債券比率を高めていたりするのはそういうことです。また、ある程度計算できる配当収入を求めるのもこの年代だということです。 逆に言えば、20代30代のうちにいかに資産形成をして種銭をつくるか。そして、その後より安定的な収入にシ…
  • 海外ETF保有ランキング2018

    海外ETFの人気ランキング 楽天証券の海外ETFランキング【2016年10月】 楽天証券の海外ETFランキング【2018年4月】 SBI証券の海外ETFランキング(2016年10月) SBI証券の海外ETFランキング(2018年4月) 海外ETFは株式投資初心者も安心して買える 海外ETFの人気ランキング 海外ETFの保有ランキングを調べてみました。対象は個人投資家がよく利用している2社、楽天証券とSBI証券です。 定期的に紹介しようと思いながら、気づけば最初に紹介した時から1年半が過ぎていました。 2016年との比較でランキングを見てみたいと思います。 楽天証券の海外ETFランキング【201…
  • 銀行預金が死に金になっている日本

    銀行預金が死に金になっている 銀行の金利はすでに長期にわたって低金利です。10年ぐらい前はそれでもネット銀行で1%、ないしはキャンペーンで1.3%といった金利が付いたことがあったのですが、昨今では1%台は全く見なくなりました。 2017年11月現在、1年物で0.15%程度、3年もので0.2%程度が天井のようですね。 借りる側、固定の住宅ローン金利でさえ1%台に乗りませんから、空前の借り手有利な状況が起きていると言ってよいでしょう。それが昨今の不動産市場の活況であり、サラリーマン大家さんがたくさん生まれている理由の1つです。 日本国内にいると気づきにくいですが、世界的にはインフレの国のほうが多い…
  • バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】ディフェンシブ投資の王様

    BNDはバンガード社の債券ETFです。米国投資適格債券市場全体への投資をします。バークレイズ総合不動調整インデックスとの連動を目指しています。
ページ上部へ戻る