カテゴリー:アパートローン

  • 収益不動産購入による相続対策~借入金そのものには節税効果なし~

    賃貸アパートの乱立、銀行のアパートローンの抑制等を報道等で目にします。 賃貸アパート建築、購入が相続税対策になるということはほとんどの方が認識されているでしょう。 しかし、具体的にはどのような効果があるのかをご存じの方は以外と少ないのではないでしょうか。 今回は相続対策を目的とした収益不動産購入についてみていきます。 収益不動産購入による相続対策とは タワーマンションによる節税 相続税評価額の算出式 土地の相続税評価額 建物の相続税評価額 具体的な計算(シミュレーション) 相続対策における借入金の効果 収益不動産購入による相続対策とは 収益不動産購入による相続対策は、一言でいえば不動産の取引価…
  • 地方銀行の苦境と金融庁の監督指針

    金融庁は金融機関の財務(B/S)から損益(P/L)に監督の焦点を移行していくと表明しています。そして画一的な検査・監督ではなく金融機関の自主性に重きを置く監督方針に変更していくとしています。 足元の動きは本当に金融「処分」庁から金融「育成」庁に変わっていっているのでしょうか。 今回は、金融庁の足元の動向と地方銀行の歩む道について考察します。 金融庁の動き 投資信託の販売 カードローン アパートローン 外債投資 私募投信 金融庁にとっての地銀の将来像 まとめ 金融庁の動き 金融庁は金融検査マニュアル廃止を打ち出し、画一的な金融行政を脱却し、金融機関の自主性を重んじる方針を出してきています。 金融…
  • 生産緑地という時限爆弾

    2022年に生産緑地が宅地として大量にマーケットに供給されることにより、不動産価格の下落が懸念されています。今回はこの問題について考察します。 生産緑地とは 生産緑地の2022年問題 生産緑地の現状 今後想定される事態 スポンサーリンク あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ 生産緑地とは 生産緑地とは市街化区域内の農地であり、いわゆる都市部で保全されてきた農地です。建築物の新築・増築等および宅地造成等を制限される代わりに、固定資産税、都市計画税の軽減、相続税の納税猶予等の優遇を受けています。上記建築物の制限等は、市長村長への買取申出を行う等の一定の手続きをとら…
ページ上部へ戻る