カテゴリー:仮想通貨

  • 仮想通貨の今後の価格予想(6月21日)

    本日の相場予想です。 昨晩はほぼ予想通りの展開になりました。 一時Bithumbハッキング報道により価格が下落しましたが、その後反転を見せて現時点で6760ドル付近で推移しています。 それではBTCUSD(Bitfinex)の2時間足チャートを見ていきましょう。 昨晩、6850USD(天井)を抜けて200日線突破にチャレンジすると思いましたが、買い圧力がやや弱めで6824USDまでしか上げれず。 その後、一時的に下げるも買い圧力は堅持されているので、一時的に売られましたが、徐々に価格を上げています。 しかし、気になるのがここまで売り圧力がやや弱めなことです。昨日の売りはハッキング報道によるもの…
  • 【6月21日がポイント日?!】相場の転換日を探ってみました(^^)

    こんにちは!にらたま(@jyImbQ93)です。 昨年の12月から続く下落トレンドも、半年が経過しました。 「半年サイクル」が到来しましたし、そろそろ転換するかな~ということで、私も約3ヶ月ぶりにブログを再開しようと重い腰を上げました(^^)w どなたかが6/12説の記事書いてたな。12/17高値からの半年サイクル(6/16)も近づいてるし、今週も注目してみよ👀#ビットコイン — 🙉にらたまちゃんの仮想通貨 (@jyImbQ93) June 10, 2018 もう夏がやってきます。 BTCの天井を見ていた時は真冬でした・・・ 時が経つのは早いですね(^^) この状況で、特に長期投資スタンスの方…
  • 仮想通貨の今後

    本日付の日経新聞が、仮想通貨のビットコイン価格が急落し、約2ヶ月の安値をつけたと報じている。 www.nikkei.com ビットコインは、年初の暴落から最高値を更新する事が出来ない日々が続いており、他のオルトコインについても、大体のものがビットコイン建て売買をされている事から、下落傾向のまま推移している。 仮想通貨の現状 価格面での伸びはないが、最近になって海外の大手取引所が日本に参入する事や、SBIの仮想通貨交換所(現在は販売所)が稼働し始めた。 更に犯罪の疑いがある取引が多く確認され、業務改善命令に従わなかった交換業者の業登録の登録を金融庁が拒否するなど、仮想通貨交換分野の顧客保護の体制…
  • コインベース日本進出の衝撃

    米国最大級の仮想通貨交換会社であるコインベースが年内に仮想通貨交換業として金融庁に対して業登録の申請をする見通しだ。 コインベースは、取扱い通貨こそ少ないものの上場する銘柄については厳しく選ばれている上、セキュリティに定評があり、ホットウォレットの顧客資産がハッキングされた場合にも全額補償される保険がある。 ユーザーはコインベースに流れると思う 海外最大手と言ってもよいコインベースにユーザーは流れると思います。 日本国内においては、仮想通貨の信頼性が地に落ちてしまっている面があり、金融庁もセキュリティの確保や、顧客の資金を扱う組織としての力を養わさせる為に、官民が苦悩をしているところではありま…
  • 仮想通貨の今後の価格予想(6月7日)

    ざっくりと今後の展開を予想してみます。 下の画像はBITFINEXのBTCUSD(1day)チャート。 紫色のトレンドラインが交差しているのが14日。 そして、画像の上側の薄い赤色のエリアが一目雲で、14日前後からエリアが縮小傾向にあります。 一目雲のエリアが薄くなっているのは、意図的に作られた物だと思われ、14日に開催されるFOMCに合わせたチャートとなっています。 今後の展開として予想しているのが、FOMC開催までは右肩上がり(少しずつ)のチャートを形成していくと予想しています。 さらに、過去のFOMCでの利上げ決定によるビットコイン相場は下落傾向があるため、注意が必要です。 そして、発表…
  • 記念すべき100記事目

    このブログを開設したのは、2016年の5月2日となります。 一応記念すべき100記事目となりますので簡単に振り返りたいと思います。 最初期 解説時の記事がこちらです。 www.toushisintaku.xyz まだ仮想通貨を購入する前です。 この頃の私は、IPOなどの株式投資を中心とした投資手法によって資産を形成しようとしています。 当時から自動運転について興味を持っている事が確認できますが、今も興味を持っています。 昨今のニュースでも自動運転に関する報道や、技術競争は加熱の一途を辿っており、今後もこの流れは続くでしょう。 今振り返ってみると、この時に自動運転の分野に関する投資を検討してみて…
  • 【bitFlyer Lightning FX】チャート使い方【ビットフライヤー】

    bitFlyerのLightning画面の高機能チャートについて操作方法や使い方を解説します。 2018/05/30 作成中
  • バフェットのモート(堀)とビットコインの今後

    かの有名なウォーレン・バフェット氏は、兼ねてから企業の持つブランド力を城を守る堀(モート)に例えて、ワイドモート(深い堀)を持つ企業に対しての投資を推薦している。 その投資原則に対して、電気自動車大手のテスラCEOイーロンマスク氏が噛み付いた事が話題となった。 「モートは時代遅れで、これからの時代はイノベーションペースだ。」 現代においても堀は確かに存在する。 本日付けの日経の記事だが、ユニチャームのおむつ販売が中国で好調であると報じた。 要旨は、ユニチャームが中国で築いたブランド戦術が功を奏し、その成果が今期の1〜3月の決算に現れたという形だ。 4月以降も中国におけるユニチャームの好調は続い…
  • 仮想通貨の投資家数はFXを上回ったのか。

    本日付の日経新聞が、仮想通貨の昨年度の国内取引額が20倍になったと報じている。 外国為替証拠金取引(FX)からの個人資産が流れ込んできたのが主な原因のようだ。 この流れは今後更に拡大していくと思う。 理由は、仮想通貨の方が圧倒的にボラティリティが高く、チャンスが大きいように見えるからだ。 みんなさっさと億万長者になって会社を辞めたいのである。 しかし、今後仮想通貨で一攫千金を狙ってくる人たちは以下のような点で注意をしなければいけない。 仮想通貨は、FXよりも税制面で優遇されていない。 仮に、これから参入してきた人達の中に類稀なるセンスと分析力で、これから仮想通貨のトレードで大儲けをした人がいた…
  • 自己破産者や個人再生経験者が債務の整理後に復活して投資再開した時の勝率について

    なんだか妙に難しいタイトルになってしまいました。 難しいタイトルの割にはブログ内容は軽いというか・・・ただ借金の整理をして復帰後に投資で勝つ可能性について考える記事なんですが・・・ 自己破産や個人再生など法的な処理を行った人の中には、FXや株などの投資で失敗してる方が多いと思っています。 実際に色々と借金ブロガーのブログを読ませていただいていますが、やはりほとんどの方は投資をされていたようです。 ということは少なくとも・・・自己破産や個人再生をされた方は「投資での負け組」だったことになるわけですよね? 僕の場合もそうですが・・・ そして大事なのは「法的整理」が終わった後です。 やはり失った物を…
ページ上部へ戻る