カテゴリー:不動産

  • 購入希望エリアの相場観がなければマイホームの「割安・割高」の判断はできない

    おはようございます。 これからマイホームを購入しようと考えている人もいらっしゃるかと思います。 マイホームは大半の人にとって「一生に一度の買い物」であることが多く、絶対に失敗したくないものでしょう。 マイホーム購入で失敗しないためには、自分の購入しようとしている物件がそのエリアの相場からみて「割高」か「割安」かを判断できる目を養う必要があります。 自分の購入対象エリアの相場を熟知せずにマイホームを割安に購入することは不可能 適正価格を知らずして「割安」も「割高」も判断できない ネックレスや自動車など、「高額」なものを購入する時にはほとんどの人が綿密な事前調査をすると思います。 ・少しでも安く購…
  • 書評:『マンションは学区で選びなさい』は東京都心でマンション購入を考えている方には必読です

    おはようございます。 本日は書評になります。 沖有人氏の『マンションは学区で選びなさい』が個人的になかなか興味深い内容でしたので、ご紹介させていただきます。 結論としては、「高収入の親ほど子供の学歴を重視する傾向にあり、良質な教育環境を与えるために評判の良い学区に住もうとするため、そのような物件は資産価値が維持されやすい」ということです。 東京都心でマンション購入を検討している方にはおすすめの書です マンションは学区で選びなさい (小学館新書) (小学館新書 お 18-1) 作者: 沖有人 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/09/28 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る…
  • 不動産アセットマネジメント業務はなぜ存在するのか

    不動産の証券化投資スキームでは、不動産アセットマネジメント業務を行うアセットマネジャーを活用することが非常に多くなっています。 少なくとも10年前には、不動産アセットマネジャーは不動産証券化スキームに組み込まれていませんでした。この不動産アセットマネジメント業務の委託が行われるようになった背景について、今回は考察することにします。 不動産アセットマネジメント業務とは 金融商品取引法の制定 SPCの法的位置付け SPCが投資運用業の登録を免除されるための対応 まとめ 不動産アセットマネジメント業務とは アセットマネジメント (以下AM) とは、投資用資産の管理を実際の所有者・投資家に代行して行う…
  • 資産管理会社を活用した相続対策の基本

    相続対策に有効なのは法人を作ることだとお聞きになった方も多いのではないでしょうか。 しかし、なぜ法人を活用すると相続対策になるのでしょうか。そしてデメリットはないのでしょうか。 今回は簡単に資産管理会社といわれる法人設立による相続対策について考察します。 どの程度の所得があればメリットがあるのか 資産管理会社活用のメリット 所得税率と法人税率の差 所得分散(相続財産の肥大化防止) 相続財産評価の圧縮 資産管理会社のデメリット まとめ どの程度の所得があればメリットがあるのか これは一般的にいわれていることですが、個人の所得金額が900万円以上の場合は、資産管理会社を活用した方が良いとされていま…
  • 首都圏でのマイホーム購入は「より都心へ」「職住近接」「優良学区」「駅近」「ファミリー向け間取り」がキーワードです

    おはようございます。 今週号の『週刊ダイヤモンド』は、不動産特集でした。 特に、首都圏でこれからマイホーム購入を検討している方には参考になる点が多いと思います。 個人的に非常に興味深かったので、本日はその内容の一部をご紹介します。 首都圏でマイホーム購入を検討している人には必読です 週刊ダイヤモンド 2017年 10/28 号 [雑誌] (損しないマンション × 戸建て × 中古リノベ 徹底比較) 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/10/23 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 雑誌の不動産関連の特集は、首都圏を中心に話が進みます。 イメージとしては首都圏が8割…
  • 収益不動産購入による相続対策~借入金そのものには節税効果なし~

    賃貸アパートの乱立、銀行のアパートローンの抑制等を報道等で目にします。 賃貸アパート建築、購入が相続税対策になるということはほとんどの方が認識されているでしょう。 しかし、具体的にはどのような効果があるのかをご存じの方は以外と少ないのではないでしょうか。 今回は相続対策を目的とした収益不動産購入についてみていきます。 収益不動産購入による相続対策とは タワーマンションによる節税 相続税評価額の算出式 土地の相続税評価額 建物の相続税評価額 具体的な計算(シミュレーション) 相続対策における借入金の効果 収益不動産購入による相続対策とは 収益不動産購入による相続対策は、一言でいえば不動産の取引価…
  • 基本的には不動産はもう売るしかない!?人口減少・地価下落時代の不動産投資を考える。

    おはようございます。 本日は久しぶりに不動産ネタです。 週刊東洋経済の10月14日号は、『地価崩壊が来る』というテーマでした。 その中で、P.59の沖有人社長(スタイルアクト社長)のコメントは興味深いものでしたので、ご紹介させていただきます。 基本的には不動産はもう売るしかない!? 週刊東洋経済 2017年10/14号 [雑誌](地価崩壊が来る) 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2017/10/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 人口がまだ増えつづける東京以外は、地価が下がっていくのは避けられない 不動産はさらなる二極化が進み、人口が今しばらくは増え続ける東京都心…
  • 不動産信託のメリット・デメリット~不動産信託は魔法の杖ではない~

    J-REIT等不動産のプロの不動産取得では不動産信託が用いられます。 現物の不動産を信託し、信託受益権化することで不動産売買のメリットが得られるとご存知の方はいらっしゃるでしょうが、実際にどのようなメリットがあるか、デメリットは何かご承知でしょうか。 意外と知られていない不動産信託にかかるメリット・デメリットについて今回は考察します。 不動産信託とは 不動産信託を用いた売買のスキーム 不動産売買にかかるコスト 不動産信託を用いた売買のメリット 印紙税 登録免許税 不動産取得税 メリットまとめ 不動産信託を用いた売買の「デメリット」 まとめ 不動産信託とは 信託とは、委託者が信託行為(例えば、信…
  • この日本で、売買不動産仲介は悪い業界だった

    この大陸で、フィジカは悪い薬師だった (電撃文庫)作者: 鳩見すた出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2016/06/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る タイトルは↑これの改変。 賃貸管理をされているはてなブロガーの方がこういう記事を書いてました。 それで契約が成立すれば、その業者は売主からも買い主からも手数料がもらえます。 これを「両手」と余分ですが、要するに1回の取引きで手数料が2倍になるわけです。(略)また、両手取引きの場合は利益相反が起こります。 価格を上げれば売主は得をしますが買い主は損をします。 価格を下げれば買い主は…
  • 生産緑地という時限爆弾

    2022年に生産緑地が宅地として大量にマーケットに供給されることにより、不動産価格の下落が懸念されています。今回はこの問題について考察します。 生産緑地とは 生産緑地の2022年問題 生産緑地の現状 今後想定される事態 スポンサーリンク あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ 生産緑地とは 生産緑地とは市街化区域内の農地であり、いわゆる都市部で保全されてきた農地です。建築物の新築・増築等および宅地造成等を制限される代わりに、固定資産税、都市計画税の軽減、相続税の納税猶予等の優遇を受けています。上記建築物の制限等は、市長村長への買取申出を行う等の一定の手続きをとら…
ページ上部へ戻る