カテゴリー:不動産登記

  • 「不動産登記」は「個人情報」に当たらないのか?

    「不動産登記」は「個人情報」に当たらないのか? 個人情報保護法は、平成17年4月に個人情報取扱事業者の義務などの規定が施行されました。不動産登記簿には、その不動産を所有している人(もしくは法人)の住所・名前・抵当権の設定金額等を把握することが出来ます。そして、不動産登記簿は、誰でも自由に見ることができます。これは個人情報にあたらないのでしょうか? 個人情報取扱事業者は、「偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない」とされています。したがって、一般に公開されている登記簿などから個人情報を取得すること自体は適法です。 ただし、この場合も、個人情報であるため、個人情報取扱事業者はあらかじ…
ページ上部へ戻る