カテゴリー:アパート投資

  • 座間市の事故物件アパート 出口戦略に失敗した大家はどうするべきか

    大家にとって一番困るのが所有物件で事件事故が発生することです。 まさに売ろうとしていた矢先に事件が起きた場合どうすればいいのでしょうか。 今まさにその状況に置かれた大家がいますのでリアルタイムで出口戦略を考えてみましょう。 【座間9遺体 部屋にノコギリ】神奈川県座間市のアパートから少なくとも9人の遺体が見つかった事件で、現場の部屋で遺体の解体に使ったとみられるノコギリを発見。逮捕された男は殺害と遺体損壊を認めているという。 https://t.co/spPdsF8yK0 — Yahoo!ニュース 速報や地震情報も (@YahooNewsTopics) 2017年10月31日 死にたい女性を風俗…
  • 宅建士が教える不動産投資のマル秘テクニック その1

    宅建士が不動産投資でうまくいく方法をシリーズでお伝えする第1弾。 今回は、いい物件をいち早く紹介してもらうテクニックです。 「いい物件ありませんか?」 これは不動産の営業マンがいつもお客さんから聞かれる言葉です。人によっては悪魔の言葉に聞こえます。なぜでしょう? いい物件ありますよ、と言って手持ちのいくつかの物件を紹介してもなんだかんだ言ってそのお客さんは物件を買わないからです。 そもそもお客さん側で「いい物件」の定義があいまいで何が欲しいのか決まってないことが原因です。 新築で見た目が綺麗な物件が欲しいのか、見た目は悪くてもきちんと住人がいるマンションが欲しいのか、利回りだけを追求した地方築…
  • 修繕しないレオパレス 修繕費払った大家がぶち切れて集団提訴

    大家からアパート一棟を丸ごと借り上げて、居住者に転貸するサブリーススキームで成長したレオパレスが、大家から集団提訴されました。 レオパレスでは部屋を借り上げるときに修繕費として毎月10万円程度を差し引いて、自社で修繕する契約を締結しています。大家は実質何もしなくてもいい利便性があるのです。 しかし、屋根やクロス、カーペットなどに必要な修繕が施されていないと主張するオーナーが続出、レオパレスを集団提訴する事態にまで発展してしまいました。 レオパレス側では必要な修繕はしているし、お金が足りなくて立て替えていると主張しています。 いずれにせよ、修繕が行き届いていない部屋だと借り手がつかないのでサブリ…
  • 不動産投資の新しい裏技? 複数物件同時審査

    とある不動産投資家の講演を聞く機会がありました。本も出版されていて数十億円規模の不動産を所有し、年間1億円の収入を得ている投資家さんです。 不動産投資には様々な流派があり、都心新築ワンルーム派や地方築古アパート一棟派など投資対象の築年数や立地、規模などに様々な流派があるのです。 そんな中でも、その投資家の流派は「地方の鉄筋コンクリートアパート一棟(築年数5年~10年)」に投資するというもので、一棟の値段は約1~2億円。それを数棟所有しているそうです。 不動産投資で重要なのは、いかに融資を引っ張れるかです。不動産投資は9割はローンで購入するからです。 参加者がだれしもその投資家のようになりたいと…
  • サラリーマン大家さんの終焉?銀行が貸し出しを減らしている!

    今日の産経ニュースで、アパートローンの貸し出しが32.6%も減少しているという統計結果が発表されていました。 日銀は10日、全国の銀行が平成29年4~6月期に不動産業へ新たに貸し出した設備資金が前期と比べて36・7%減の2兆3954億円だったと発表した。 アパートローンなどの「個人による貸家業」も32・6%減の7171億円となり「不動産投資の過熱感を懸念して慎重な姿勢に転じた可能性がある」(エコノミスト)との見方があった。信用金庫による不動産業向けは18・6%減の5827億円だった。 新規不動産融資36%減 17年4~6月期 – 産経ニュース サラリーマンが数千万円の借金をしてアパートを建設し…
  • サブリース契約が続々と解約される家賃保証借上げビジネス

    「この土地にアパートを建てませんか?」 ある日、不動産会社の営業がこういう営業を持ちかけてくるのだそうです。 こんな田舎でアパートに住む人なんている訳がない、と最初は思っていても、営業マンの話を聞いていると次々と想定外の言葉がでてきます。 「アパートは弊社が一括で借り上げます。空室の心配はありません」 「家賃は10年間ずっと一緒です」 「オーナーは何もしなくても家賃が入ってきて相続対策にもなります」 そういえば、裏の畑の横の土地、ずいぶん長い間、空き地にしていたなあと話を聞きながら思い出し、少ない年金や相続のことを考えると、保証してくれるなら、人生最後の大きな買い物でもしてみるか、と考えてしま…
ページ上部へ戻る