カテゴリー:WEBサービス

  • 情報の非対称性が生み出していたリユースショップとメルカリというイノベーターによる破壊

    セカンドストリートやトレジャー・ファクトリーといったリユースショップ(リサイクルショップ)の経営が芳しくないようです。 ゲオホールディングスが500店超を展開する「セカンドストリート」等の既存店売上高は昨年8月以降、10月、12月を除き前年割れ。ハードオフコーポレーションやトレジャー・ファクトリーも低迷が続く。中古本最大手のブックオフコーポレーションだけが、2015年度から本格化した家電の貢献で前年並みを確保している状況だ。 当初、業界では中国人観光客の“爆買い”の終焉や天候不順によるアパレルの販売不振など一時的な現象との見方が大半を占めていた。が、不振が半年以上に及んだことで、急速に危機感が…
ページ上部へ戻る