カテゴリー:AI

  • インデックス運用拡大にかかる懸念

    日本証券アナリスト協会が2017年4月に開催したセミナーで、金融庁の森長官が積立NISAの対象となりうる投資信託について、アクティブ型株式投信でわずか5本、インデックス型株式投信で50本弱にとどまると述べたことが話題となっています。 インデックス運用が非常に優れているとの印象を持たれている方も多いと思います。今回はインデックス運用の拡大がもたらすものについて考察します。 インデックス運用とは アクティブ運用とは 金融庁の意向 インデックス運用増加にかかる問題点 AI運用に期待するところ スポンサーリンク あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ インデックス運用と…
  • AI 運用の拡大に伴うIR の今後

    AIというワードを新聞やマスコミ等で見かけない日はありません。この大きな波は金融の現場にも及んでいます。これから続々と始まるであろうAI運用です。本日はこのAI運用について軽く触れるともに、投資される側の企業にとって意識すべきこと、このAI運用をきっかけとした金融機関にとっての新ビジネスについて考えます。 AI運用とは AI運用について企業担当者が気にしなければならないポイント IRもAI運用に対処する時代が来る 金融機関にとってのAI運用における新ビジネス スポンサーリンク あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ AI運用とは AI運用とは、コンピューターが深…
ページ上部へ戻る