カテゴリー:その他(将棋)

  • 高美濃の桂馬の話

    こんにちは、未だに歩兵の読み方がよくわからないぐるーばーです。今回は高美濃の3七(7三)の桂馬について語りたいと思います。 躊躇なく桂馬跳ねるそこの君へ 基本的に振り飛車党の人は高美濃の桂馬を3七に跳ねる手が好きです。自分の手番でほかに指したい手がない時はノータイムで桂を跳ねる人がほとんどなのではないでしょうか。でも桂馬を跳ねる前に一度立ち止まって考えてほしい。その桂馬、簡単に跳ねていいのでしょうか。 下図の二つの囲いを見てください。先手は桂馬を跳ねた高美濃、後手は代わりに8四の歩を突いた高美濃です。二つの囲いを比べると、純粋な固さでは後手陣に軍配があがります。 先手陣は後手の陣形に比べ①端攻…
  • 王手をかけさせない囲い かけられてもいい囲い

    今日は将棋の囲いのお話をしようと思います。このブログを始めた時点では、序盤の研究ネタだけで100個は書くぞ!と意気込んでいたのですが、3つ書いた時点でネタ切れの危機を向かえています。なので今回は囲いと終盤についての記事にしました。 矢倉と美濃の違い 将棋の囲いは大きく二つに分けられるのだそうです。一つ目のグル―プの代表的な囲いは美濃囲いです。二つ目のグループの代表は矢倉囲いです。穴熊は少し仲間はずれなのですが、どちらかといえば前者になります。 どういうグループ分けだと思いますか?「簡単じゃないか。振り飛車の囲いと居飛車の囲いだろう。」「いや、縦の攻めに対する囲いと横の攻めに対する囲いだ。」それ…
ページ上部へ戻る