カテゴリー:おすすめ情報

  • 配当再投資戦略に適したポートフォリオにおける銘柄分散の形とは

    配当再投資戦略における、ポートフォリオ内の銘柄分散に関する話題です。 私は現在、米国株式(アメリカ株式)を対象とした配当再投資戦略を採用しており、ポートフォリオに関してもその戦略に適したディフェンシブ銘柄10銘柄に分散投資しています。 www.usstocks.club 私のように個別株式への配当再投資投資を実践している投資家の皆さんにお聞きしたいのですが、リスクヘッジという観点だけで考えた場合、最低何銘柄に分散させるべきだとお考えでしょうか? 恐らく私だけでなく、ポートフォリオの銘柄数を何銘柄にすべきかという疑問は、個別株式に投資を行っている投資家の誰もが、多かれ少なかれ一度は悩んだことがあ…
  • 非課税メリットを活かす!確定拠出年金の必須機能「スイッチング」とは

    老後に向けた長期的な資産形成の代表格でもある、確定拠出年金に関する話題です。 iDeCo(イデコ)関連の広告や啓蒙活動の効果からか、これまでは企業型に限られていた利用者層の裾野が広がり、確定拠出年金を利用者自体も徐々に増えてきているように思います。 ただその一方で、私自身もそうだったように、会社で薦められたり、周りに乗せられて何となく始めたという方も多く、中には、始めて以降放置状態で資産がどうなっているのかも分からない方もいるのではないでしょうか? そこで今日は、確定拠出年金制度を活用しきれていない方向けに、確定拠出年金の必須機能とも言える「スイッチング」について、その必要性や活用方法を非課税…
  • 長期投資に最適な連続増配優良銘柄!プロクター・アンド・ギャンブル(PG)の魅力

    プロクター・アンド・ギャンブル(PG)は、米国株(アメリカ株)投資家であれば誰もが一度は投資を検討する優良銘柄ではないかと思います。 現在私は7銘柄の米国株(アメリカ株)に投資していますが、中でもプロクター・アンド・ギャンブルは、ビジネスだけでなく株主還元においても最も安心感があり、永久保有にも値するおすすめの優良銘柄だと考えています。 あり得ない話ですしすべきではありませんが、仮に投資先をどれか一つだけしか選べないという制約があったとしたら、おそらく私はこの銘柄を選ぶに違いありません。 www.usstocks.club そこで今日は改めて、米国株(アメリカ株)を代表する優良銘柄プロクター・…
  • 米国株の自社株買いは実績を要チェック!発行済株式数推移で一目瞭然

    米国株(アメリカ株)への長期投資を実践する投資家が最も重視する要素としてはは配当金が挙げられますが、実はそれと同じかそれ以上に重要な株主還元の形が自社株買いです。 伝説の投資家ウォーレン・バフェットも配当よりも自社株買いを重視していることで有名ですが、皆さんは投資する銘柄を選ぶ際どの程度考慮しているでしょうか? 自社株買いは配当金と同じく直接的なリターンにつながる非常に重要な要素だと言えますが、ブログなどを見ている限り、銘柄選びの基準として、自社株買いに積極的な企業か否かという点に注目する方は意外に少ないような気がします。 なぜ自社株買いについてはあまり注目されないのでしょうか? あくまでも推…
  • 15年以上連続増配している銘柄群から配当利回り別に投資先候補をノミネート

    基本的に私は配当再投資を軸とした米国株(アメリカ株)への長期投資を行っているため、投資先に関しても連続増配が期待できる銘柄を中心に投資しています。 中でも現在のポートフォリオは生活必需品とヘルスケアセクター、しかも比較的配当利回りの高い銘柄を中心に構成していますが、敢えて言うなら計7銘柄と銘柄分散が若干不足しているぐらいで特に不都合を感じていないため、銘柄追加をしようと考えること自体が普段あまりありません。 www.usstocks.club また、新規投資先を見つけるにしても、普段監視している銘柄は生活必需品やヘルスケアの限定された数銘柄ぐらいで、その他のセクターの銘柄を敢えて調べることもほ…
  • リーマンショックで検証!大暴落に強い鉄壁の米国株(アメリカ株)ポートフォリオと某銘柄

    トランプが大統領になって以降、調整らしい調整もなく米国株(アメリカ株)はすこぶる堅調に上昇を続けており、さらに伝説の投資家バフェットも目ぼしい投資先が見つからず現金比率が高まっているという状況もあり、米国株(アメリカ株)のバブル説が囁かれ始めています。 確かにダウ平均が上がり続けている状況を見ればそう見えなくもないですが、私のポートフォリオだけを見ている限り全くその兆しは見られません。なぜなら、堅調な相場の時は得てして人気が下がる生活必需品やヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄で固められているからです。 www.usstocks.club 私のポートフォリオを見た方は、キャピタルゲインという株式…
  • 米国株ブログが生み出す収益観点での意外なメリット

    先々月の中頃、四苦八苦しながら独自ドメインでこの米国株ブログを立ち上げてからもうすぐ2か月が経過しようとしていますが、累計およそ13,000ページビューと、拙い文章にも関わらず多くの皆様に読んでいただけました。 そもそも私がこのブログを立ち上げたのは、米国株の魅力や素人ながらも失敗から得た教訓など、これから米国株への投資を始めようとしている方の役に立つ情報やネタを発信したいと思ったからに他なりません。 しかしながら私はそれほど清廉潔白ではないため、勿論それだけではなく、それと同じかそれ以上に重視している目的、つまりこの米国株ブログ運営を通じた収入アップという野望を併せ持っています。 確固たる信…
  • 配当を重視する米国株投資家が確定申告で賢く節税すべき理由

    早いもので、あと3ヶ月で今年も終わりですね。 株式投資に関して言えば、完全に米国ディフェンシブ銘柄への配当再投資に専念する形になって2年目にあたる年でしたが、取引自体がほとんど買い増すのみになったこともあり随分退屈な年でした。 www.usstocks.club さて少し気が早いですが、年が明けるとすぐに毎年恒例の確定申告の時期がやってきます。 年末調整同様、年に一度しかしない作業ということもあり、何回やっても習熟度が増すことがなく面倒な作業でもあるため、できることならしたくありませんが、私の場合はそれ相応の節税額でもあるためどうしても欠かすことができません。 そこで今日は、配当金を重視して米…
  • 投資経験のない新社会人に贈るインデックスファンドに対する積立投資のすゝめ

    ブログを運営している米国株投資家の方々には比較的若い方が多いように思いますが、実は私が本格的に株式投資を始めたのは40歳を過ぎてからでした。 そして、投資についての知識が増えるにつれ、この歳になるまで始めなかったことに対する後悔の念が日増しに強くなるのを感じます。 所詮タラレバの話なので、今更後悔しても仕方ないのですが、湧き出てきてしまうのですから仕方ありません。 www.usstocks.club そんな女々しい私ができること、それは自分自身がその経験を伝えることで、我が家の息子をはじめとした世の若い方が同じような後悔をしないようにすることだと思っています。 そこで今日は、自分自身のこれまで…
  • アメリカ(米国)が誇る連続増配銘柄とその知られざる価値

    アメリカ資本の企業に勤めていると特に感じますが、米国株(アメリカ株)投資における最も大きな魅力は、その異常とも言える株主還元力にあると言っても過言ではありません。 www.usstocks.club しかも、その中でも配当再投資を実践する米国株投資家が重視するのが配当金であり、単に配当金があるというだけでなく、いわゆる連続増配銘柄と呼ばれている、毎年増配する銘柄に注目が集まる傾向にあります。 もちろん連続増配してくれるということは、ただ保有しているだけで毎年配当金が増えていくということなので経済的な価値は分かりやすいですが、それを実現すること自体には、果たしてどれほどの難しさや価値があるのでし…
ページ上部へ戻る