barista_stock一覧

  • そーせいの増資について考えてみました。

    先日、そーせいから増資(新株式発行)のお知らせが来ましたね。その前日、前々日のIRや決算説明資料を見ている限り、開発費用が足りないのは明らかだったので、増資の可能性も念頭に置いていましたが、想定より早く来た印象。 僕自身、初めての増資直撃体験だったので、過去の増資も振り返りつつ、バイオベンチャーなどが多用するMSワラントとは違うということを、自分なりに整理しておきたいと思います。 barista-stock.hatenablog.com [目次] 新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ(2014年2月24日) 新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ (2015年9月1日) 新株式発行に関…
  • アルツハイマー病発症の根源がインスリン抵抗性にあるのなら…

    barista-stock.hatenablog.com 先日、『アルツハイマー病治療薬の最前線』という記事を書きましたが、その後も自分なりにいろいろ調べ、さらに知識がアップデートされたので、また備忘録として残しておきたいと思います。 [目次] アルツハイマー病治療薬を取り巻く現状について アミロイドβ仮説に上がる懐疑的な声 Aβ仮説に希望をもたらすアデュカヌマブ 「アルツハイマー病=脳の糖尿病(3型糖尿病)」という新しい仮説 そもそも糖尿病とは? インスリンと脳の関係 アルツハイマー病の基本的な原因はインスリン抵抗性 今後に期待できる治療薬は? 第一選択薬はインクレチン関連薬 アルツハイマー…
  • iPS細胞を使って明るい"再生医療のミライ"をつくる企業たち

    多能性幹細胞関連の独自技術を用いて、新しい細胞応用製品の開発を行っている「株式会社 幹細胞&デバイス研究所(SCAD)」が以下のようなリリースを出しました。 シリーズ B 第三者割当増資の完了について(PDF) iPS 細胞由来の細胞組織片を開発、製造販売する株式会社幹細胞&デバイス研究所(Stem Cell & Device Laboratory, Inc. 以下「SCAD」)(本社:京都市下京区、代表取締役:加藤謙介)は、本年 9 月 29 日までに、下記のベンチャーキャピタルと金融機関を引受先とする総額約 5 億 1 千万円の第三者割当増資を実施致しました。 【第三者割当引受先と出資額】…
  • リチウムイオン電池・全固体電池の関連銘柄について調べてみました。いまさらですが…

    ガソリン車やディーゼル車といった内燃機関車からモーターを動力源とする「電気自動車(EV)」へのシフトが急速に進み始めています。 株式市場でも、関連銘柄を物色する動きが見られますね。その関連銘柄とは車載技術7領域に関するもので、「車載用リチウムイオン電池」「全固体電池」「半導体」「センサー」「モーター」「構造材料」「地図」が挙げられます。 近年のEV化が加速した大きな理由として挙げられるのは、動力源とするモーターを動かす電池の性能向上(航続距離延長、電池の小型化)。2000年代まで200キロに届かなかったEVの航続距離は、リチウムイオン電池の技術革新で400キロを超える水準にまで達したとも。 今…
  • がん治療の新薬、続々〜分子標的薬や免疫薬のあれこれ

    最近、自分でアンテナを張ってるということもありますが、がん治療の新薬開発に関する情報が増えてきているように思います。 たとえば、残念ながら開発中止のニュースですが、協和発酵キリンの分子標的薬「チバンチニブ」の件だったり、 www.nikkei.com あるいは、大々的報道されたノバルティスファーマの新型がん免疫薬「キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞治療薬」が米FDAで承認された件など。特にCAR-T細胞関連は他にもいくつか報道されていましたね。 www.nikkei.com Market Hackでおなじみの広瀬さんが、CAR-Tについて分かりやすくまとめてくれていたのでシェア。第129回 …
  • 投資家にオススメのEvernote活用術

    2017年9月15日に「会社四季報|2017年4集・秋号」が発売されて、四季報をもっと有効活用できないものか…と思っていた矢先に、少し前からフォローさせていただいていた、picul (ピックル) (@toushika_picul)さんの以下のツイートが目に飛び込んできました。 タリーズで四季報読んでます‼︎特に毎号記者独自のコメントを楽しみにしてます。私は付箋を使わず、気になった銘柄は一言コメントを付けた上でEVERNOTEに記録しています。EVERNOTEに記録しておくことで銘柄がキーワードとなり、日経の関連記事が自動的に収集されるので便利です。 pic.twitter.com/1vlE4S…
  • アルツハイマー病治療薬の最前線

    アルツハイマー病について調べなくては…と思いながらもなかなか手付かずでしたが、 最近アルツハイマー新薬に関する情報を立て続けに目にしたので、これを機にいろいろ調べてまとめてみました。 それでは『アルツハイマー病治療薬の最前線』をご覧ください。 [目次] アルツハイマー病とは 原因は「特殊なたんぱく質による神経細胞の破壊」 アルツハイマー病に有効と認められた4種類の薬 ・アリセプト(Aricept / ドネペジル:Donepezil) ・メマリー(Memary / メマンチン:Memantine) アルツハイマー新薬、Ph3の高い壁 そーせい(4565)のパイプライン アルツハイマー病とは 「ア…
  • MiNA社のパイプライン、MTL-CEBPAの治験状況に関する噂の真相について調査してみた件

    2017年5月3日に、そーせいとの投資契約締結の発表がされたMiNA社には、進行肝がん治療用の新規小分子活性化RNA候補である重要なパイプラン「MTL-CEBPA」があります。 barista-stock.hatenablog.com 先日、この治験の進捗に遅れが生じているのでは?という噂を耳にしたので、その真相について調査してみました。 MTL-CEBPAとは? 既述の通り、進行肝がん治療用の新規小分子活性化RNA候補であり、現在進行中のMTL-CEBPAに関するフェーズI/Ⅱa臨床試験(OUTREACH)の結果による、マイルストン達成と関連した段階的な条件付対価体系を設けた契約を提携してい…
  • 「血液1滴、がん13種早期発見」の一連の報道についてまとめてみた件

    「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクト」が取り組んでいる研究結果が徐々に明るみに出てきているように思います。 しかし、「血液1滴、がん13種早期発見」というほぼ同じ内容のニュースが、7月末からの1ヶ月ほどの間に3回も報道されたのですが、一見すると何が違うの?という内容。でも、それぞれちょっとした新しい情報が織り交ぜられているので、分かりやすく整理しておきます。 体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクトとは? 国立がん研究センター研究所を中心とした産学連携のプロジェクトで、血液中のマイクロRNAの大規模解析を行い、日本人に多い13種類のがん(胃がん、大腸がん、食道がん、膵臓が…
  • PSS(7707)は材料・思惑相場継続に

    本日8/14、プレシジョン・システム・サイエンス(PSS|7707)の決算が発表されました。 平成 29 年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 中期事業計画(平成30年6月期~平成32年6月期)策定に関するお知らせ 本決算は事前に赤字縮小の上方修正が出ていて想定内だったので、中期事業計画について見ていきたいと思います。 中期事業計画(損益計画) 2016年に出されていた中期事業計画(下記参照)と比べると今後2年間はほとんど変わらず、3年後の平成32年(2020年)6月期に大きく伸びると見込んでいます。黒転予想も平成31年(2019年)度と変化なし。 【補足】PSS(7707)の、最新の中期事…
ページ上部へ戻る