barista_stock一覧

  • 再考:創薬型バイオベンチャーのビジネスモデルについて – 伊藤レポート 2.0〜バイオメディカル産業版〜

    経産省主催の「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会」を踏まえて作成された「伊藤レポート 2.0 〜バイオメディカル産業版〜 (pdf.)」をもう読まれましたか?先日、58ページにも及ぶフルバージョンがリリースされたので、興味のある方は時間のあるときにぜひ読んでみてください。 個人的には ビジネスモデルと開発戦略 ビジネスモデルと出口戦略 ガバナンス あたりは必読事項だと思うので、少し取り上げてみたいと思います。 [目次] ビジネスモデルと開発戦略 創薬型ベンチャーのビジネスモデル ビジネスモデル・開発戦略とリスク ビジネスモデルと出口戦略 ガバナンス 臨床試験のタイミングについて なぜ第1…
  • メドピア(6095) – 「遠隔医療」テーマだけじゃない、時流を捉えた堅実なビジネスモデルに好感触

    今日2018年5月7日(月)の引け後に、メドピア(6095)の2Q決算発表があり、好調さが伝わってきた内容でした。 kabutan.jp ※2018年9月期 第2四半期決算説明資料はこちら メドピアの今後の成長については、基本的には前期の決算発表後に分析した記事を読んでもらえれば理解できると思うので、今回は、本決算において特筆すべき2点について触れたいと思います。 barista-stock.hatenablog.com 【1】ドクターPF事業が3四半期連続で過去最高の四半期売上を記録 メドピアには2つの事業があり、ドクタープラットフォーム事業は全社売上の80%ほどを占めている状況です。 その…
  • バイオに吹き荒れる増資の嵐

    「春のバイオ祭り」を期待していたのに、バイオセクターになかなか資金が流入してきてくれませんね…。その要因にもなっているかもしれませんが、この2日で3つのバイオ銘柄から増資の便りが届きました。。 違う意味で「バイオの春」来てんね。増資多すぎ。その影響もあるのか、バイオへの資金の入りが弱いですねぇ… https://t.co/xM1C9jcyeS — ばりすた (@barista4565) 2018年4月10日 昨日、シンバイオとナノキャリアから、そして今日はメドレックスからです。 シンバイオ(4582) kabutan.jp ナノキャリア(4571) kabutan.jp メドレックス(4586…
  • 宴の前〜春のバイオ祭りに備えて

    まずは、下のグラフを見てください。 過去2年間ほどの、僕がバイオ企業だと思う30社をピックアップし、その時価総額累計の推移をグラフにしたものです。※注)途中、増資があった企業も多くあると思いますが、それによる変動までは反映できていません 第1のバイオ祭り この2年間で一番の時価総額に達したのは、2年前の4月。そのときのお祭り会場は「そーせい」と「ブライトパス・バイオ(当時はグリーンペプタイド)」でした。忘れもしません、僕の初めてのバイオ祭り体験。 第2のバイオ祭り 次に盛り上がりを見せたのは、2017年11月ごろから2018年1月にかけて。このときの秋のバイオ祭りは2016年4月の時価総額に迫…
  • ラクオリア創薬(4579) – 今のバイオ医薬市場の牽引役

    2017年12月中旬に動意づいて、ほんの1ヶ月で株価3倍になったラクオリア創薬。 ここでは、ラクオリア創薬の概要に触れながら、主にバイオ企業の肝になるパイプラインについてまとめました。 [目次] 概要 パイプラインまとめ EP4拮抗薬(RQ7/grapiprant) グレリン受容体作動薬(RQ5/capromorelin) カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB/RQ4/tegoprazan) 5-HT2A/D2拮抗薬(RQ3/ジプラシドン) レチノイン酸誘導体(TM-411/タミバロテン) 5-HT4部分作動薬(RQ10) 5-HT2B拮抗薬(RQ310941) TRPM8(RQ…
  • 2018年に注目したいEV関連50銘柄

    2018年も引き続きEV化への流れは継続、ないしは加速していくと思うので、引き続き監視していきたいと思います。 3ヶ月ほど前にリチウムイオン電池関連の銘柄についてリサーチしましたが、それ以外の銘柄にも視野を広げたく、EV関連銘柄を独断と偏見で50銘柄ピックアップしてみました。その中でも特に気になるものにはリンクを貼っているので、参考になれば幸いです。 ただし、記載の銘柄は買いを推奨するものでも、私自身が保有しているものでもなく、あくまでも個人の備忘録としてご覧ください。売買は自己責任で… barista-stock.hatenablog.com 出典:『電池バブルがキター!(週刊エコノミストe…
  • メドピア(6095) – 5枚の決算説明資料で押さえる"今"と"これから"

    最近注目している銘柄、メドピア(6095)についての分析を、簡単ではありますが、僕なりに整理してみました。2017年11月に発表された「2017年9月期決算説明資料」及び、下記決算説明会の内容を分析のベースとしています。 logmi.jp [目次] 1.事業概要 2.業績動向 3.中期戦略 時価総額500円超を目指して 今期営業黒字化を目指すヘルスケアソリューション事業 “遠隔医療”という国策 補足)競合サービスとの比較 1.事業概要 メドピアは、ミッションに「医師を支援すること。そして患者を救うこと。」と掲げ、「集合知により医療を再発明する。」ことをビジョンとして事業を営んでいます。 事業は…
  • そーせいの増資について考えてみました。

    先日、そーせいから増資(新株式発行)のお知らせが来ましたね。その前日、前々日のIRや決算説明資料を見ている限り、開発費用が足りないのは明らかだったので、増資の可能性も念頭に置いていましたが、想定より早く来た印象。 僕自身、初めての増資直撃体験だったので、過去の増資も振り返りつつ、バイオベンチャーなどが多用するMSワラントとは違うということを、自分なりに整理しておきたいと思います。 barista-stock.hatenablog.com [目次] 新株式発行及び株式の売出しに関するお知らせ(2014年2月24日) 新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ (2015年9月1日) 新株式発行に関…
  • アルツハイマー病発症の根源がインスリン抵抗性にあるのなら…

    barista-stock.hatenablog.com 先日、『アルツハイマー病治療薬の最前線』という記事を書きましたが、その後も自分なりにいろいろ調べ、さらに知識がアップデートされたので、また備忘録として残しておきたいと思います。 [目次] アルツハイマー病治療薬を取り巻く現状について アミロイドβ仮説に上がる懐疑的な声 Aβ仮説に希望をもたらすアデュカヌマブ 「アルツハイマー病=脳の糖尿病(3型糖尿病)」という新しい仮説 そもそも糖尿病とは? インスリンと脳の関係 アルツハイマー病の基本的な原因はインスリン抵抗性 今後に期待できる治療薬は? 第一選択薬はインクレチン関連薬 アルツハイマー…
  • iPS細胞を使って明るい"再生医療のミライ"をつくる企業たち

    多能性幹細胞関連の独自技術を用いて、新しい細胞応用製品の開発を行っている「株式会社 幹細胞&デバイス研究所(SCAD)」が以下のようなリリースを出しました。 シリーズ B 第三者割当増資の完了について(PDF) iPS 細胞由来の細胞組織片を開発、製造販売する株式会社幹細胞&デバイス研究所(Stem Cell & Device Laboratory, Inc. 以下「SCAD」)(本社:京都市下京区、代表取締役:加藤謙介)は、本年 9 月 29 日までに、下記のベンチャーキャピタルと金融機関を引受先とする総額約 5 億 1 千万円の第三者割当増資を実施致しました。 【第三者割当引受先と出資額】…
ページ上部へ戻る