経済的自由を手にするための3つの思考プロセス

  • 2018/5/2
  • 経済的自由を手にするための3つの思考プロセス はコメントを受け付けていません。

dartmaniaです。

毎日満員電車に揺られず、自由気ままに生活出来るくらいのお金が欲しい。そう考える人は少なくないと思います。

これを一般的に、経済的自由と言います。多くの人はそんな事が出来ないと思い、実行すらしません。一番成功するのは才能のある人でも天才でもなく、コツコツと地道に続けていく人です。

私はトレードでの才能はありませんが、コツコツと資産形成する事で経済的自由を虎視眈眈と狙っています。

経済的自由人になりたいと言っても漠然としていてよく分かりませんし、何をすべきか分かりにくいでしょう。

今回は経済的自由に向けて考えるべきプロセスを紹介したいと思います。私も実際に同じ事を考えて行動しています。

経済的自由とは

f:id:dartmania:20180429222009j:plain

経済的自由とは、「月々の不労収入生活費を上回る事」です。

不労収入とは読んで時のごとく、働かずして得る収入の事で株式からの配当金、家賃収入、印税収入等がこれに該当します。

働かざるもの食って良い生活とは何とも羨ましいですよね。

お金持ちは何かしらに投資をしている

経済的自由になるためには、何かに投資をする事が必要になります。ずっと労働者のままでお金持ちにはなれません。

それは資本主義社会の暗黙の了解です。労働者は資本家に労働力を提供して対価を得ているのですから、時間の切り売り型収入です。

一方資本家が投資したお金は、経営者が人件費や開発費、固定資産等へ投資をして利益を生み出しています。

その利益の一部は資本家が受けります。資本家は自分が直接労働するわけではなく、投資した会社の利益が上がればそれだけお金は入ってくるわけです。

なので経済的自由になるには労働者から資本家へのシフトが鍵となります。

経済的自由の定義は人によって異なる

経済的自由といっても、年に300万円支出する人と500万円の人では目標が異なってきます。

単純に、6000万円の利回り5%で年300万円、1億円で年500万円の不労収入になります。この4000万円の差を埋めるには相応の時間が掛かるでしょう。

つまり、投資をするだけでなく、自分がどんな生活を送りたいか、支出はどれくらい抑えられるかも鍵になってくるわけです。

お金に仕事をしてもらい安定的に月1万円の不労所得を稼ぐ方法を考えてみた - Dartmania Cafe 

個人で考える3つのプロセス

どの程度の生活をしたいかによっても変わってきますが、根底にある考え方は同じです。

今回は、労働者から経済的自由人になるためのステップとして考えるべき事をお話しします。

収入が支出を上回る仕組作り

経済的自由の第一歩は自分がどのくらい出費しているかを把握する事です。

まずは一ヶ月の収入と支出がどのくらいあるか見てみましょう。家計簿でざっくり計算して、支出が収入を上回る様であればすぐにでも改善が必要になります。 

誰にでも出来る、支出削減としては固定費が挙げられます。毎月の携帯電話料金をキャリアじゃら格安会社に買えたり、保険を見直す事で節約出来ます。

他にも車のローンや住宅費、光熱費等の節約は必要です。

こういう事を考えるのに、社会保障や税制を日頃から勉強しているのとしていないのとでは大きな違いになって現れてきます。

家計簿をつける意味を理解して出費を減らす - Dartmania Cafe

支出が分かればどのくらい収入があれば良いかが分かってくるでしょう。

給与から不労収入へのシフト

自分の支出と収入を把握したら次は、その給与を不労収入へとシフトさせるための投資をしてみましょう。

給料だけじゃないお金を増やす考え方 - Dartmania Cafe 

毎月30万円の収入があるとします。このうち5万円の不労収入を作る事が出来れば、約17%の経済的自由を達成した事になります。

この感覚が大切です。いきなり経済的自由を達成する事は宝くじが当たるくらいしかありません。

イメージとしては不労収入が増えていくにつれて、自分の経済的自由な時間が増えるイメージです。

先の例で、月5万円だとすると100万円を利回り5%で運用すれば達成出来ます。逆に言うと5万円分の労働をしなくても良い事になります。

こうしてお金を稼ぐ事に費やす時間を減らしていく事で、経済的自由は達成されます。

では、浮いた時間は何に使えば良いでしょうか。勿論、家族との時間や友人との時間、旅行する事に費やすのも有意義でしょう。

しかし、もしあなたがさらに自由度を挙げたいとおもっているなら次の項目にも目を通しておきましょう。

不労収入の拡大

余った時間と不労収入で、さらに金のなる木を育ててみるのはいかがでしょうか。配当を再投資すればそれだけ次回からの不労所得は増えます。

また投資で得たお金と時間を使って、不動産に投資してみるのも良いでしょう。面白そうなクラウドファンディング等、他の投資先も沢山あります。

こうして少しずつ自分の不労収入の輪を広げていく事でより豊かにそしてより幸せに生きていく事ができるはずです。

まとめ

経済的自由を達成するためには、

  1. 現在の収入と支出を把握する
  2. 労働収入から不労収入への足がかりを作る
  3. 不労収入の拡大を計る

事が鍵だと思っています。私もこのフローを実践し、経済的自由を手にし40歳までにセミリタイアしたいと思います。

 

参考記事

お金が貯まらない人にはいくつかの特徴があります。まずはお金と向き合い、行動を変える事から初めて見ましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る