学習成立には、早とちりより熟慮の失敗が重要

 はじめに

皆さんは日常で人間関係で悩まされている事はありませんか?

生活をする上で、仕事や学校、そのほかのコミュニティなどで人と関わる場面は多くあると思います。そう!人と繋がらずにいきていくなんていう事はほとんどないのです。

そんな、日常の中で必ずといっていいほど、人間関係の悩みは出てきます。

このブログでは、そんな人間関係の悩みを解決する、また、事前に防ぐための知識やテクニックといったことをご紹介していきます。

   

学習成立には、早とちりより熟慮の失敗が重要

https://std-ie.jp/tips/img/tip30-2.jpg

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、二択課題をラットに行わせ、じっくり考えた後の失敗が多かったラットの学習成立が早いことを見出した。

 刻々と変化する自然環境で動物が生き抜くためには、柔軟な意思決定を行うことが重要である。そのためには、決定の迅速さ(素早さ)と決定の適切さ(正確さ)の二つの要素が必須であるが、実社会では、素早く下した結論が間違っているなど、2つの要素は必ずしも両立するとは限らない。

 そこで、同グループは、両要素のどちらが学習成立により重要かを調べるため、光の提示による手掛かり刺激を参考に2つの選択肢から正しい方を選択するという二択課題をラットに解かせ、各ラットの学習成績と課題実施中の選択までの時間を測定した。その結果、結論に早く飛びついてしまうラットほど課題の学習成立が遅くなり、長い潜時をもった誤選択(つまり熟慮後の失敗)を繰り返したラットが好成績を残すことを見出した。また、学習が成立していない段階での正解の回数(偶然の成功)は、学習成立までの速さとは無関係であった。

 同成果により、成功体験そのものよりも、じっくりと時間をかけて考慮したうえで失敗するほうが、学習の成立にとって重要であることが示された。本研究成果は、生物の生存戦略を考える上での根本的な知見となるだけでなく、動物の個性を生み出す脳のメカニズム解明の一助となることが期待される。

論文情報:【PLOS ONE】Answering Hastily Retards Learning

 

参考・引用

univ-journal.jp

 

今回はここまでです。 

このブログでご紹介する知識やテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

 

オススメの記事

◯役立つお勧め記事  

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

  

心理学に関する本

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る