海外在住者が投資をする方法まとめ

dartmaniaです。

知らない方も多いと思いますが、海外在住者(日本非居住者)は日本の証券会社で取引する事は出来ません。

何故出来ないかは下記の記事に詳しく書いています。

海外赴任者は日本の証券会社での投資ができない - Dartmania Cafe 

急な海外赴任や転勤、自由を手に入れるために海外渡航する人もいるでしょう。海外に住んでいながら投資をしたいと考えた場合、どのような対処法があるか考えてみる事にしましょう。

ここに書いてある方法以外にも沢山あると思いますので、他にこんなのがあると知識豊富な方は是非教えて下さい。

海外投資するための前提条件

まず始めに覚えておいて欲しい事は2つです。

1日本人は属地主義

2赴任等で海外に長期的に住む人は日本非居住者となる

1日本人は属地主義

簡単にいうと、税金を収める場所は国籍のある国ではなく、住んでいる国に収めなさいと言う事です。

つまり日本国籍の人が海外に住んでいれば、その国の税法に従い納税する必要があります。

2赴任等で海外に長期的に住む人は日本非居住者となる

非居住者の定義とは何でしょう。

居住者、非居住者の定義は国内法では実に曖昧に書かれておりどっちとも取れます。今後、この様な点が焦点になる裁判も出てくると思います。

今回はその部分は省略して証券会社で謳われている非居住者の定義を示します。

■非居住者の定義
 ・外国にある事務所(本邦法人の海外支店等及び現地法人並びに国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者。
 ・2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者。
 ・本邦出国後外国に2年以上滞在するに至った者。
 ・1年以上にわたり日本以外に居住する者。
 ・期間の定めのない海外転勤、海外留学。
 ・上記に掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月未満の者(但し、上記に関わらず、本邦の在外公館に勤務する目的で出国し、外国に滞在する方は、「居住者」として扱われます) 

SBI証券参照

この定義によると1年以上海外に住む予定の方や赴任で海外に行く方は確実に非居住者として定義されます。

国を跨ぐ税金はグレーな部分が多いので証券会社はリスクを取りたくない訳ですね。他の証券会社も総じて同じです。中には一般口座のみ開設出来る証券会社もあります。

海外で投資をする方法

f:id:dartmania:20171104122246j:plain

株式や債券、ETF、投資信託等の証券会社を通して投資するための方法を紹介します。

1現地に証券口座を開く

現地に住んでいれば現地の国の証券口座を開設するのがオススメです。

英語が必要とあり難易度は少々高くはなりますが、一番手っ取り早くかつ正攻法です。

海外送金する際には手数料を安く抑える事が肝心です。

投資用口座への海外送金を一番安くする方法を考えてみた - Dartmania Cafe 

2第三国に証券口座を開く

日本の証券会社は外国からの開設を受け入れていませんが、アメリカや東南アジアに目を向けると海外投資家の口座開設を容認している証券会社もあります。

海外に証券口座を開くメリットは、日本にはない商品に投資出来る事、投資環境(DRIP等)が充実している事、手数料を抑えられる事が挙げられます。

3日本の証券口座を利用する

海外に居ながらでもネットの証券口座にアクセスする事は出来ます。

しかし法律的にも証券会社的にもかなりグレーな部分であるので、自己責任で判断して下さい。この件については2点感じる事があります。

・海外からのアクセスを禁止すれば良い

・日本に税金を収める事になるのだから国税庁は何も言ってこないのでは

もし本当に禁止したいのであればアクセスを制限すれば良いと思うのですが、簡単にアクセス出来ます。

二点目はかなり危ない事を言っています。そもそも日本では脱税を阻止するためにCRSやマイナンバーを導入している経緯があります。

海外在住者は日本への納税に対して非課税になる部分が多いので国税庁からしたらしょうがない部分です。

だから敢えて日本の証券口座を使って日本に税金を収めていたら、何も言ってこないのではないかとも思います。日本国にとっては海外で税金を収めるより日本に収めてくれる方が良いですからね。

勿論、二重課税になる可能性もありますし、最悪の場合、罰せられる可能性も100%否定は出来ません。

最終的な判断は自己責任でお願いします。

まとめ:海外在住者は海外証券口座を開設するべき

海外在住時の投資は調べただけでは答えが出ないですし、一人では解決しにくい部分です。

日本で出来ない以上、海外証券口座で投資する必要が出てきます。

やはり一番の対応策はやはり海外証券口座を開く事でしょう。または、海外在住時の投資は辞めて、貯金をしたり、海外を楽しむ事も選択肢の一つです。

後悔のない選択が出来る様に色々な方法は考えておくべきですね。

勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法

玉川陽介 ぱる出版 2012-07-14
売り上げランキング : 57933
by ヨメレバ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る