株式投資の長期投資は口で言うには簡単だが実際に長期投資を実践するにはかなり精神力が試されるな・・・

  • 2018/6/12
  • 株式投資の長期投資は口で言うには簡単だが実際に長期投資を実践するにはかなり精神力が試されるな・・・ はコメントを受け付けていません。

 

f:id:A-BOUT:20180612225653p:plain

はーいどうも

長期投資をすると自称してるブロガーです

 

 

 

長期投資家を自称して1年ですが長期って長い・・・・

スポンサードリンク

 

そもそも長期投資とは一般的には10年以上ぐらいから

長期と言われてますが10年って普通に長いですから

色んな事を考えてしまうし相場の動きに惑わされてしまう。

 

FAAMGなどのブーム銘柄が凄く良く見てくる

F:FB:フェイスブック
A:AMZN:アマゾン
A:AAPL:アップル
M:MSFT:マイクロソフト
G:GOOG:アルファベット(グーグル)
の頭文字をとってるのでこの5銘柄をそう呼びますが

 

ディフェンシブ銘柄は現在ポコポコ売られてる状態なので

人間すぐにお金持ちになりたい欲望があるので

一生持つぞなんて宣言したけどうーん含み損などになれば

今すぐ手離してブーム銘柄であるハイテク関連株に手を伸ばしたくなります。

 

いつブームが過ぎるかは誰にも分からないので

下手をすれば購入した翌日にブームが去ってポコポコ売られる

なんて悲惨な目に合うかもしれません

 

ディフェンシブ銘柄とは何か?

スポンサードリンク

 

食品や医薬品、電力・ガス、鉄道、通信などにの生きていく上で

必要な銘柄をディフェンシブ銘柄といいます。

どんなに景気が悪くなったとしても高い食事などは抑えますが

日本人ならお米を食べますし、

不景気だがら歯磨きもしない洗濯もしないわけにはいかないので

生活をするうえで欠かすことのできないサービスを

提供している企業を指します。

 

このブログを読んでる人は分かりますが

ディフェンシブ銘柄まみれです。

コカ・コーラ、AT&T、CVSヘルス、アルトリアグループ、、ビザ

物の見方では全部ディフェンシブ銘柄と言っても良いでしょう。

コカ・コーラ    飲料水メーカー

AT&T       米国の通信会社 携帯会社

CVSヘルス    米国の薬局と病院

アルトリアグループ 米国のタバコメーカー

ビザ        クレジットカード

人気の FAAMGを何一つとして保有してますせん

 

まだ投資をして1年弱ですが当初に買った理由としては

とにかく倒産しなくて長く配当金を貰えそうな企業を

選びましたが毎月に個別銘柄の含み増しや含み損を

書いてますが現在は含み損中です。

 

プロでもサルが適当に選んだ銘柄に負けるのが株式と言われてるので

最適と言われてるインデックスファンドを買って気絶してれば

10年後、20年後には過去のデーターでは100%儲かってるので

個別銘柄をすべて売却してインデックスファンドのみに

切り替える方が賢いのでは?なんて日々頭を悩ましてますし

それか人気の FAAMGに乗り換えるべきか?

なんて事を考えたりします。

 

長期投資や永久保持はいかに難しいのかが実際に投資してみないと

分かりませんしそれを突き通すには難しいです。

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

関連記事

www.a-bout.jp

 

 

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪

他のおすすめ記事

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る