株の値下がりで稼ぐ方法「空売り」

株価が暴落したりすると、よくテレビでは、証券会社の「株式表示板」を真剣に見つめている人たちを写し出しています。


そして、「株式表示板」の前にいる人たちは、大概、この暴落で何百万円も損をしたなどと落ち込んだり、ぼやいたりしています。


リーマンショックのときによくテレビで見かけましたよね。

 

このように、株価暴落のニュースで喜んでいる人はあまりいません。

だから、これを見た一般の人たちは、「株は下がったら負ける」、「株は上がらないと勝てない」と思ってしまいます。


株式投資というと、このように、買った株が値上がりしたら儲けることができるが、逆に値下がりすると、損をすると考えている人が多いようですが、実は、株価の大暴落で大きな利益を手にする人も大勢いるんです。



株価が上がると儲けて、株価が下がると損をするというのは、株を買うだけの人のことです。

この人たちは、株価が安くなったときにその株が今度は値上がりすることを期待して買ったり、あるいは、相場が活気付いていて、これからもさらに値上がりが期待できそうなときに買って、実際に値上がりしたらに売って利益を得ます。


これとは逆に、株価が下がることによって利益を得ている人もいます。

この人たちは、値下がりしそうな銘柄を見つけると、証券会社からその株券を借りて売ってしまいます。

そして、実際に下がるとその値下がり分を儲けることができます。

たとえば、ある銘柄が「1000円」のとき、証券会社からその株券を千株借りて、それをすぐに売って100万円の売却代金を得ます。


そして、この銘柄が「800円」に下がったとき80万円で1000株買って、証券会社に株券を返します。


すると、売却代金と購入代金の差額の20万円が利益になります。

このような、株価の値下がりを見込んで「売り」から入るやり方を「空売り」といい、株価の値下がりで儲ける方法です。

 

 http://tyunentoshi.jugem.jp/

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る