母親の外貨建て保険を解約させた話

  • 2017/11/5
  • 母親の外貨建て保険を解約させた話 はコメントを受け付けていません。

クソ商品を解約でき、スッキリした個人投資家です。

長きに渡る説得の末に母親が加入していた

豪ドルの外貨建て保険を解約させました。

 

母親はお金を持っている割に金融知識があまりない

金融機関にとってカモネギではありますが、

そこにつけ込んで来る奴らは非常にムカつきます。

 

てか母親よ自分か父親に相談してくれ

弱小金融機関の支店勤務なんて殆ど素人だぞ

 

銀行員の言い分

保険について説明してほしいと私も同行して銀行員と面会です。

不安を探すための世間話は遮って、説明を求めます。

銀行員は「円と比べて豪ドルは利率が高く〜」とか

「円安に触れれば為替差益が期待でき〜」とか

しょうもないことを言ってきます。

 

反論しました

通貨の利率が高いことが良いことならば

ブラジルレアルかトルコリラでも

積み立てるように勧めない理由はありますか?

 

円安に振れると思っているなら

日経平均のインデックスファンドでも

積立てた方が良いと思いませんでしたか?

 

母親の現預金を把握しているのに

はした金程度の個人年金しか受け取れない保険に

勧誘した理由はなんですか?

 

この辺りの質問をぶつけておきました。

 

銀行員の反応

質問には答えてくれませんでしたが、

テーマ型のイかれた投資信託を勧められました。

おいおい、こいつなんやねんと思った途端

 

 

母親「解約します。」

 

 

これにて決着。

銀行員より自分を信じてくれましたかね。

母親は自分と父親のことをギャンブル好きのクレイジーと

避難していましたが、少しはこちらに傾きましたかね。

 

結局、支払った保険料の7%は持っていかれていました。

解約で戻ってきた資金はどうしようかな。

そんなことを考えている今日この頃です。

それでは。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る