勧めるなら、どんな投資法か?

  • 2017/11/7
  • 勧めるなら、どんな投資法か? はコメントを受け付けていません。

先日、あなたは個別銘柄を買っているのに

どうしてインデックスファンドを勧めるのかと聞かれました。

 

それは、投資はリターンやリスクから方針を決めるものであって、

個別銘柄への投資が

すべての人への最適解では無いと思っているからです。

 

インデックスはどこで有効か

個人投資家にはお馴染みの「敗者のゲーム」に

市場が効率になったことでインデックスが有利になった

みたいなことが書いてありますが、

 

市場が効率であろうがなかろうが

平均点を叩き出し、売買手数料を抑えたインデックスファンドは

平均より少し上の点をいつも提供してくれることになります。

 

だから市場の効率性に関係なく

インデックスファンドはどこでも有効であり

資産運用したいと言われれば真っ先に

勧めるべきもであり、私もよく勧めます。

 

アクティブはどこで有効か

アクティブ運用は非効率な市場で強みを発揮します。

かと言って儲かりやすいかと聞かれるとそんなことはありません。

大勝ちするか、大負けするかでボラが非常に大きいです。

 

あくまで主観的な話ですが、

日本で一番手が出しやすく効率でない市場である

JASDAQ東証マザーズには高過ぎる、安過ぎる

と思う銘柄がよく見つかります。

 

ただ、あくまでも主観であって個人それぞれに思うところがあるでしょう。

そのため、このギャップが生まれて大きなボラを発生して

大勝ちできるチャンスが発生しているわけです。

 

逆のこともよく起きるので有効だとか有利とか

そんなことはないと思います。

 

結局のところ、

マトモに資産運用したいなら

インデックスファンドを軸に行うのが良いと思いますし、

 

自分はリスクを負ってでも大勝ちしたい!

と思えば個別銘柄に投資すれば良いと思います。

 

私は大勝ちしたい貪欲な人間です。

そして何より、個別銘柄を選ぶのが面白いので後者を選んでいます。

後、銘柄選別の能力があるんじゃないかと

期待している自分もどこかにいるわけで。。。

 

そんなこと考慮しつつ運用方針を考えている個人投資家でした。

それでは。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る