入居者について考える。細矢益通の「NEO不動産投資」

  • 2017/10/16
  • 入居者について考える。細矢益通の「NEO不動産投資」 はコメントを受け付けていません。

不動産投資と言えば、

 

入居者さんとの関係も

 

大切にしなければなりません。

 

 

関わるタイミングといえば、

 

入居時や退去時、

 

あとはクレームがあった時等に限られます。

 

 

だからこそ、関係性が大切なのです。

 

 

 

細矢益通さんは、

 

入居者との関係性を

 

ものすごく大切にされており、

 

見習わなければならいポイントが

 

たくさんあります。

 

f:id:src001:20171016224416j:plain

 

たとえば、

 

入居時の挨拶年賀状等節目の挨拶、

 

そして、野菜をおすそ分けしたり、

 

新米をプレゼントしたり、

 

ことあるごとに

 

プチプレゼントをされているそうです。

 

 

 

小さなプレゼントでも、

 

もらって悪い気はしませんし、

 

「親切な大家さん」というイメージを

 

与えることができます。

 

 

直接的ではありませんが、

 

クレーム対策にもつながります

 

 

こういった気遣いができる方が大家さんだと、

 

住んでる方も気持ちがいいですもんね。

 

 

 

私はまだまだ、

 

こういった気遣いを

 

「やらなければならない仕事」

 

と捉えてしまっています。

 

 

 

なにをしてあげたら喜んでくれるだろうか、

 

そう考えられる人にならなければなりませんね。

 

 

 

細矢益通さん、本当に素晴らしい方です。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る