ビットコインとブロックチェーンについて基礎から徹底的に解説

  • 2017/5/6
  • ビットコインとブロックチェーンについて基礎から徹底的に解説 はコメントを受け付けていません。

あなたは、ピットクラブのセミナーに参加し、既にビットコインの価値について、具体的に理解できているでしょうか?とりあえずマイニングすれば、収益が出るのがビットコインだと理解しているのであれば、まだまだ認識が足りないと言えるでしょう。今回は、ビットコインという言葉の意味やセミナーで頻繁に出てくるブロックチェーンの意味について具体的に説明していきたいと思います。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

そもそも、ビットコイン(仮想通貨)とは?

まず、「ビットコインとは何ですか?」と言われたら、「仮想通貨です。」と多くの方が回答されるでしょう。ビットコインとは、仮想空間に存在する通貨でありお金です。つまり、円やドルやユーロやポンドと同じように、現実世界でお金として利用されています。

 

下記の動画では、ビットコインの概要を具体的に理解できます。

(動画の項目)

ビットコインとは?

ビットコインのお金の仕組み

ビットコインの始まり

ビットコインと社会の関係

ビットコイン投資者の事例

 

https://www.youtube.com/watch?v=NKyvtwxYZ9o

 

当然、この世界でお金として利用される以上、日本では円が利用されるようにビットコインにも単位があります。ビットコインで利用される単位は、BTCと呼ばれるもので、「ビーティーシー」と表記することが一般的です。実際にビットコインを数える際は、1BTCのことを1ビットコインと呼びます。しかしながら、現実世界でお金としての価値がありながら仮想通貨であるため、視覚的に見えたり、手にとって確認できたりするものではありません。あくまでもビットコインは、仮想通貨として存在しているのです。

 

仮想通貨の具体的な事例

世の中の人に、「仮想通貨について具体的にイメージできますか?」と質問すると、「全くイメージできません。」と多くの方が、回答されると思います。でも、スマートフォンが多くの人に利用されるようになり、一般の方は気づかないうちに仮想通貨を利用しています。

 

例えば、スマートフォンゲームがあります。スマートフォンでオンラインゲームを行うと、ポイントが貯まっていくでしょう。このポイントを貯めると、アイテムを入手できるためゲームを有利に進めることができます。これは、ゲーム上でしか利用できない仮想通貨です。

 

他にも、電車通勤を行う際に、1枚のカードにお金を入れて利用していないでしょうか?言いかえれば、現金を仮想通貨に変化させることで、自由に利用していることになります。当然ながら、そのカードは改札口などでしか利用できません。ビットコインも同様に、利用可能な場所でしか、通貨として利用することができないのです。

 

一般的な仮想通貨とビットコインの違い

上記の説明を見れば、ゲームや電車などの公共機関で利用されている仮想通貨と、ビットコインが何が違うのか全く分からなかったと思います。実は、目的という点においてビットコインは大きく異なります。ゲームや電車などの公共機関で利用される仮想通貨は、企業内で利用されるものであり、その組織の運営者が利益を上げるために運用されています。ビットコインは、企業単位で利用されているものではありません。国家単位で、お金の送金など経済を便利にするために作成された仮想通貨なのです。ビットコインは、世界中で場所や時間を気にすることなく利用可能な社会を目指しており、パソコンやスマートフォンをインターネットと連結し、商品やサービスの売買ができるようになっています。

 

ブロックチェーンの基礎知識

ビットコインのお金の仕組みについて理解するためには、ブロックチェーンの理解が欠かせません。ブロックチェーンとは、ビットコイン運用者の間で利用される用語であり、「ビットコイン=ブロックチェーン」ではありません。

ビットコインが仮想通貨であるならば、ブロックチェーンは、「台帳取引」です。例えば、山田さんから鈴木さんに100円が支払われたとします。つまり、100円が送金されるという取引が行われました。100円を送金するためには、その場で利用される取り決めに従う必要があり、その事実を証明するために取引結果を台帳に残す必要があります。この台帳に100円を送金した事実を記録することを、ブロックチェーンと言います。

 

ブロックチェーンは、分散共有型の管理台帳である

一般的な金融取引は、第三者による中央機関が存在しており、その管理者が取引の正当性を証明していました。ビットコインの金融システムでは、第三者による中央機関が存在しません。その代わり、同じ台帳を全員が共有しデータとして所有することで、お互いの取引の正当性を証明しています。

 

ブロックチェーンが注目される理由

なぜこのようなブロックチェーンと呼ばれる技術が注目されるのかというと、下記の3つのことが解消されると期待されているからです。

 

・手間

・コスト

脆弱性(ぜいじゃくせい)

 

例えば、国家間で貿易を行うためには、膨大な貿易書類を処理していく必要があり、銀行や参加者の間で非常に大きな手間となっています。ビットコインのブロックチェーンの基盤を利用すれば、国家間の貿易の際に、共通台帳を所有することで、取引の正当性を証明することができます。この共通台帳を利用すれば、他の金融機関の台帳にも反映されるため、大きく手間やコストが削減されるのではないかと期待されています。

 

ブロックチェーンの構成要素

ブロックチェーンは、分散共有型の管理台帳だと説明しました。これらを実現するためには、「台帳」「取引」「取り決め」の3つの概念が必要となります。しかしながら、これらの概念を実現するためには、実装技術要素について理解しておく必要があります。ブロックチェーンは、下記の4つの実装技術要素によって構成されています。

 

・分散台帳

・コンセンサス

・暗号化

・スマートコントラクト

 

分散台帳

ブロックチェーンを構成するためには、取引データを記載する台帳が必要です。ビットコイン業界は、このような分散台帳のことを「ピア(Peer)」と名付けています。ピアには、アプリケーションの連携が実行できるノンバリテデーティングピアと業務上の処理を実行や合意形成を実行できるバリデーティングピアの2種類が存在します。分散台帳の基盤システムとして取引記録を残す必要があるため、高い安定性と止まらない基盤であることが基本的な条件となります。

 

コンセンサス

ビットコインのブロックチェーンは、参加者全員が同じ分散台帳を所有しているからこそ、取引記録として意味を持ちます。コンセンサスによる技術は、参加者が所有する取引記録が安全であり、同じものが記録されているか検証する際に利用されます。参加者間で合意形成する場合、膨大なトラフィックが発生することを考えて、高速ネットワーク通信ができる状態でなければいけません。

 

暗号化

ブロックチェーンは、認証機能、電子署名機能を利用することで、機密保持や取引の正当化を実現しています。ブロックチェーンのネットワーク上では、参加者すべてのトランザクションが暗号化されるようになっているため、高速の暗号化と復号が実現できなければいけません。また、鍵自体や証明書を保管しておく必要があり、台帳を分散管理することから、セキュリティを確保しなければいけません。

 

スマートコントラクト

上記で、すべての取引においてトランザクションが実行されると説明しましたが、その際に実行されるプログラムのことをスマートコントラクトと言います。

 

ビットコインを使うメリット

現在、世界中で利用可能なビットコインですが、なぜを多くの人が利用しているのでしょうか。今からビットコインを利用するメリットについて考えていきます。

 

①手数料無料または格安で送金できる

②個人間で直接送金ができる

③複雑な手続きが存在しない

 

①手数料無料または格安で送金できる

ビットコインを送金する場合、一般的な銀行と呼ばれるような組織が存在しません。そのため、手数料を支払うことなく(または格安で)送金できます。外国に住む友人にお金を送金する場合、ビットコインを利用していれば、今まで必要だった手数料も、ほとんど必要なくなるということです。ビジネスを行うにしても、支払いの際に一定の手数料を支払っていると利益率が下がってしまいますが、ビットコインを利用していれば、利益率を下げることなく、安定したビジネスが実現可能です。

 

②個人間で直接送金ができる

ビットコインを利用した支払い方法は、外国に住む友人に直接、お金を手渡しするように直接送金が可能です。銀行などの組織が仲介していないだけで、個人間で自由な取引ができてしまいます。

 

③複雑な手続きが存在しない

ビットコインは、銀行を仲介することなく送金できるため複雑な手続きを必要としません。様々な国が多様な通貨で取引する場合、価値による変動から複雑な手続きを必要としていました。ビットコインは、世界共通の通貨ですので、特定の国で価値が高く、ある国では価値が低いということがありません。ビットコインは、複雑な手続きを必要とせず、また制限も受けることなく、世界中で利用可能な通貨となっています。

 

ビットコインのマイニング(発掘)について

ビットクラブのセミナーに参加されている方であれば、マイニングという言葉をご存知でしょうか?マイニングというのは、日本語訳すると発掘という意味です。しかし、ビットコインの間で利用されるマイニングは、何かを発掘するわけではありません。ビットコインの取引記録をすべて取引台帳に残すことをマイニングと言います。ビットコインにおけるマイニングは、ただ取引台帳に取引記録をすべて記録すれば良いというわけではありません。対象期間で発生した取引データに誤りがないか整合性をとりながらすべて記録していく必要があります。

 

有志のコンピューターの計算能力を借りる

ビットコインの取引台帳の整合性を保つための計算は、コンピューターで実現可能なのですが、作業量が非常に膨大なため、有志のコンピューターを利用して計算を進めます。この取引台帳の整合性を保つ作業を手伝ってくれた人には、ビットコインが支払われることになります。言いかえれば、取引台帳の運用において尽力してくれた人に対して、報酬が支払われているということです。まさに、ビットコインは感謝の形として支払われる報酬なのです。また、ビットコインは、マイニングでしか新規発行されることはありません。このマイニングのおかげで、取引台帳の整合性が保たれ、世界中の国々のどこからでも送金可能となっています。

 

マイニング(発掘)で発生するビットコインには、限りがある

ビットコインは、マイニングによって、無限に生み出されるわけではありません。発行される量が定められており、総発行量に関しては、事前決定されています。なぜならば、一気にビットコインの発行量が増えるとインフレーションが発生してしまうかもしれないからです。ビットコインの総発行量をお伝えしておくと、2140年までに2,100万ビットコインとなっていますので、それまでに計画的な運用を考えておく必要があります。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る