【イベントレポ】31回海の中道はるかぜマラソン

  • 2018/3/20
  • 【イベントレポ】31回海の中道はるかぜマラソン はコメントを受け付けていません。

f:id:ut8250:20180319205544j:image

 

アスリートブロガーのマエダユウタです。
ハーフマラソンなるものに人生初挑戦しました。

 

参加したのは

 

【31回海の中道はるかぜマラソン】

第31回海の中道はるかぜマラソン - RUNNET ランネット・大会ガイド&エントリー

 

 

博多から1時間弱の位置にある海の中道海浜公園会場に開催されるマラソン大会。
アクセスとしては、JRで香椎で乗り換えるか、百道浜の方から船で行く方法もあります。
(船は若干値が張りますが。)

 

f:id:ut8250:20180319212734p:image

 

陸続きの「志賀島」は『漢委奴国王』の金印が出てきたとかで、日本史でちょろっと出てくる島でもあります。当時は生活圏内に入ってくるなどと思いもせず。

志賀島 - Wikipedia

 

f:id:ut8250:20180319212744p:image

 

年1回の開催で31回目となるほどに、人気の大会で、
3km~ハーフマラソン(21.0975km)まで各種の距離で開催されます。

 

ハーフマラソンは1周約10kmの公園を2周するコース。
2時間30分という制限時間があり、下回った場合は記録を残せない。

 

年末だかに会社の飲み会で話が出てきて、有志で参加する流れになったのですが、
結構皆様本格的な恰好で準備されている中、

 

Tシャツ(GU)
パーカー(ユニクロ)
スウェットパンツ(ユニクロ)
靴下(GU)

 

靴だけスポーツジムで特価4,000円くらいの
そこそこちゃんとしたものを買いましたが、
以外は安定のスポーツもファストファッション

 

f:id:ut8250:20180319212658j:image

 

先輩に

 

 

 

近所のGEOにDVDでも返しに行くような恰好やな

 

 

と突っ込まれました。

 


結果としては

 

21.0975km先のGEOに延滞料を取られることなくDVDを返却することができました。

 

タイム:2時間8分。

全くの素人としてはそこそこの記録のよう。

 

f:id:ut8250:20180320014837j:image

 

それまでに走ったことのある距離はせいぜい10km。


いやーーーーーーしんどかった。

制限時間となる2時間30分がどの程度のハードルだったのかも知らずに参加しましたが、
終始ジョギングペースだとちょっと危うかったんじゃないかという感触。

適切なペース配分、もしくはコンディション管理

または体重管理

 

ができていれば2時間を切れたかもしれないです。

 

走りながら「これで半分だなんて、フルは正気の沙汰じゃない」などと思ってしまいましたが、次回のハーフは2時間を切ることを目標にします。

 

走ってみて思ったこと

 

・準備不足

 

→恰好はまぁいいとして2時間30分という時間に対してのイメージが全くなかったのはちょっと反省ですかね。1kmを何分ぺースといった考え方もできるようなので、それをベースにしても良かったかもしれません。

 

・自身の負けず嫌いさ、自意識過剰さ

 

→とりあえず無理なく手も抜かず走ってみて、折り返しで1時間5分。
そこで思ったことが下記。

 

「頑張れば2時間切れるんじゃね?」

 

素人が無知丸出しで暴走しましたが、結果的に後半も前半と大差ないタイムで走ることができました。
常識で考えたら10km走った後で、後半タイムを伸ばすなんてことが、経験者ならまだしも、初挑戦でできるわけはないのでしょうが、

 

「I' can do it 」

 

と思ってしまったあたり、本質的に自意識過剰なんでしょうねw

 

ノリで参加したマラソンですが、反省や自分の志向を整理する機会にもなりました。

 

とりあえず足の痛みやっっっっべえ

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る