金融庁が警告する買ってはいけない3つの金融商品を紹介します。

 

f:id:A-BOUT:20180516185149p:plain

はーいどうも

金融庁から「平成27事務年度版 金融レポート」で

買ってはいけない金融商品があるのでそれを

紹介します。

 

 

 

毎月分配型投資信託

スポンサードリンク

 

毎月分配型投信の問題点は元金を取り崩して

分配金をだしてタコ足分配のものが

後を絶ちません。

簡単に言えば払ったお金が自分に返ってきてるだけで

基準価額はどんどん下落していきます。

 

さらに信託報酬は今ならかなり安い商品が多数出てるのに

対して1%とかザラにあります。

 

実例を出せば

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)

ネットで毎月分配型投資信託で調べると1位と

出たので見ると基準価額はガンガン下がってますし

信託報酬1.6956%です。

 

個人年金保険(特に外貨建てのもの)などの貯蓄性保険商品

スポンサードリンク

 

外貨建て保険は保険のおばちゃんなどに

勧められて加入してる人は多いのではないでしょうか

 

俺の友人にも外貨建て保険に加入してる奴は

何人かいますが

外貨建て保険の何が問題かと言えば

手数料が公開されていませんのが問題です。

 

外貨建て保険の手数料を公開すると外貨建て保険が

売れなくなるって言い訳して非公開する鬼畜ぶりです。

手数料を公開すると売れなくなる金融商品って

なんやねん?ってツッコミを入れます。

どんだけ手数料が高いのかが予想がつきます。

 

噂では7%から10%と言われていて

1回の売買に7%から10%の手数料を取ってます。

これなら個人で外貨を買った方がはるかに手数料は

安いです。

 

俺の友人で外貨建て保険に加入する時に為替って

大丈夫ですか?って聞いたら

大丈夫、大丈夫、上がってるはずやから問題ない

なんて嘘八百で言う人もいますので。

 

為替はプロでも読めません 上がるか下がるかは

複雑な要素が絡むので為替は大丈夫ですか?と

聞かれたらそれは分からんと答えるのが正解ですので

もし上がるから何ていう人は信用してはいけません。

 

ラップ運用(特にファンドラップ)

ファンドラップやラップ口座を分かりやすく言う

文字通り証券会社などに投資を一任

つまりあなたはお金だけを預けて

その運用はすべておまかせするというのが

「投資一任サービス」です。

 

ラップ運用(特にファンドラップ)の問題点は

ファンドラップの顧客が負担する手数料は

平均で年間2.2%と言う手数料の高さです。

 

手数料を0,1%でも安くが基本なのに

平均で年間2.2%なら相当利益を出さないと

儲かりませんが

 

ラップ運用(特にファンドラップ)は

アクティブファンド運用になりますが

低コストのインデックスファンドに8割は

負けるというデーターがあるので買うだけ損する

可能性は圧倒的に大きくなります。

 

それならインデックスファンドを買ってる方が

マシになる可能性がおおいにあるのでその辺を

気を付けましょう。

 

金融庁が警告する買ってはいけない3つの金融商品

を紹介しましたが

これらは金融知識があれば分かる事です。

金融知識がないからプロや他の人の言いなりなって

結局損をするのは自分なので

お金の勉強をしましょう。

それからでも金融商品を買っても遅くはありませんので

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

関連記事

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪

他のおすすめ記事

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る