株式市場は絶好調、株式投資ブーム再来の予感(投資戦略会議)

  • 2017/10/22
  • 株式市場は絶好調、株式投資ブーム再来の予感(投資戦略会議) はコメントを受け付けていません。

f:id:assets20:20171001210145p:plain

「余力を残して強気、または現状維持か。」

日経225の主要なテクニカル指標


以下に、日経225の主要なテクニカル指標を抽出してグラフにしています。

国債等の低リスク運用も、僕のブログの趣旨なので、

配当利回りと日本国債利回りも載せています。

f:id:assets20:20171022025709p:plain

株式指数のチャート

・日経平均

f:id:assets20:20171022025722g:plain
・マザーズ

f:id:assets20:20171022025736g:plain
・米国NYダウ

f:id:assets20:20171022025745g:plain

ゴールド先物(COMEX)と国債年利回り

・ゴールド先物(COMEX)

f:id:assets20:20171022025805g:plain
・日本国債10年の年利回り

f:id:assets20:20171022025815g:plain
・米国国債30年の年利回り

f:id:assets20:20171022025828g:plain

日経平均株価が歴代1位タイの14連騰!

日米の政策進展・円安推移・企業の好業績を楽観視しています。

しかし、高値での警戒感や22日に投開票を迎える

衆議院選挙の結果を見極めたい、

という姿勢が上値を抑えておりました。

 

加えて、19日に2018年度(17年10月-18年9月)連邦予算の

大枠を定めた予算決議案が可決されました。

今回の可決から共和党は民主党議員の支持がなくても、

今後の税制改革法案を可決することが可能となります。

……、あれ?米国税制改革うまくいっちゃうかもよ!?

 

企業の好業績が証明された上に、好材料が溢れ出ている状態。

誰もが予想できていなかった展開になってますね。

つまりは、まったく株価に織り込まれていなかった状態だった訳です。

こりゃあ嬉しい悲鳴ですね^~^

 

来週からの投資・資産運用の戦略

自民党の獲得議席数次第。

過半数の233議席を超えるかが勝負ですね。

 

調整を挟むにしろ、上昇トレンドは続くんじゃないかと思います。

あとは北朝鮮のリスクがどうくるかですか……。

韓国から個人資産の移動勧める、

という米国からの非公式な情報発信もありますし怖いですねー。

 

なお現状、市場心理は朝鮮半島有事はほぼ起こらないだろう、と考えられています。

日本株式って国際情勢に対してやけに敏感に反応しますし、

今の様に楽観相場が続いている中で、急にマイナス材料が出てくると、

一気に下がりそうですよね……。

 

という訳で、僕は日本株に対しては新規買いはダメだと認識しています。

なので、売り過ぎた分を少し回収して冬眠ですかね(∵)

 

一方、ここから買っても良いのは米国株式かと思います。

投資家にとって米国の税制改革が進む中で、

年内の利益確定は勿体ないと感じるために、

売り控えの動きが出てくるんじゃないかと思います。

下値が堅いってやつですな。

 

それでも、無理して買う必要はないのですけどね~。

 

 ☆☆ まとめ ☆☆

 

現状維持で冬眠

 

【利用中のソーシャルレンディング( 'ω' )

【利用中のロボット投資サービス( 'ω' )

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る