投資と資産運用で幸せを目指すことについて、ガチな話をするよ!

f:id:assets20:20171105235610p:plain

「投資と資産運用は手段」

欲求が無ければ死んでるも同然。段階的欲求とは。

欲求があることは良いことです。

欲求がなければ生きようとは思わないからです。

 

心理学者のマズローは、人の欲求は階層的に存在していると言いました。

最下層にある欲求は「生理的欲求」で、

この欲求が満たされると、次の欲求が生まれるという物です。

 

「生理的欲求」→「安全欲求」→「社会的欲求」

 →「尊厳欲求」→「自己実現欲求」→「自己超越欲求

 

【生理的欲求】空気、水、食物、庇護、睡眠と性への欲求 

【安全欲求】安全・安定・依存・保護と秩序への欲求 

【社会的欲求】居場所があり、自分が愛されることへの欲求

【尊厳欲求】自尊心と尊敬されることへの欲求 

【自己実現欲求】自分がなりたいものへの欲求 

【自己超越欲求】今までの、あるいは現状の自分自身を超えたいという欲求

 

以上の欲求を満たすことで、

人が感じる幸せも段階的に得られるんじゃないでしょうか。

 

欲求を満たし幸せを得るための物や方法には、

お金で買えない場合と、お金で買える場合があるかと思います。

お金で買えない例は健康、信用、愛情、友情とかね。

 

そういったものについては、お金の力だけでどうにかなるものではなく、

お金以外の要素が及ぼす影響の方が強いでしょう。

必要になるのは、稼ぐ以外の努力。

 

一方、お金で買えるものについては、買えばいいんです。

 

衣食住の様な基本欲求である「生理的欲求」と「安全欲求」こそ、

積極的にお金を費やすべき箇所かと思います。

基礎欲求が満たされなければ、後の欲求も満たされません。

 

欲求を満たすにはお金と自由が必要だ!

f:id:assets20:20171106020300j:plain

ですが、お金で買うためには稼がなければいけません。

会社から毎月いただくお給料だけで足りのでしょうか?

家族が居れば、彼ら彼女らの幸せも満たさなければいけません。

 

もしかしたら今の段階では充分かもしれません。

しかし、今後の日本はインフレ政策が加速しますよね?

加えて消費税の増税により、ますます「買う」ためにお金が必要となります。

 

インフレが進む環境下では円安が進むため、

資産運用の視点で考えると円で預貯金をし続けることは、

マイナスの運用成績となります。

 

例えば、消費税は現在8%ですが、銀行の預金金利は高くて0.1%ですよね。

(楽天銀行、イオン銀行とかね。)

個人の消費税が年間を通じて必要となってくるのであれば、

預貯金だけで過ごすとリターンは大幅なマイナスになるわけです。

 

インフレ環境下では預貯金は圧倒的に不利ですし、

金銭的に損をし続けることになります。

それを防ぐための手段は、投資と資産運用をすること。

 

投資とは、資産を作ること目的にする行為

攻めの姿勢を取って、お金でお金を稼ぐこと。

収入を増やしてモノの量や質を買うために役立つ手段ですね!

 

資産運用とは、具体的な目標を決めて増やす行為

守りの姿勢を取って、今あるお金を増やすこと。

物価上昇や消費税増税対策に適した手段ですね!

 

普段から得る給与所得などに加えて、

投資と資産運用の手段を組み合わせることにより、

お金に悩む頻度が減ることになるでしょう。

 

悩みが無くなることで得られるものは、

「自由」ではないでしょうか。

「自由」は、心理的かもしれませんし、経済的かもしれません。

 

「自由」が得られると人の自信、博愛や創造へと繋がってきます。

 

これら自信、博愛や創造は「所属と愛の欲求」から

「自己超越」までの欲求を満たすことに役立つでしょう。

なぜなら、お金で買うことができないからです。

 

幸せを得るためには欲求を満たす必要がありますし、

欲求を満たしていくためには自由が必要です。

既知の通り、自由とお金は密接につながっていますし、

自由を得るための手段としてお金は必要です。

お金を得る手段として投資と資産運用は重要です。

 

だから、投資と資産運用に真面目に取り組めば、

幸せを目指すことができるんじゃないかですか、ということです。

 

☆☆ まとめ ☆☆

 

買えるものは買えば良い。

 

【利用中のソーシャルレンディング( 'ω' )

【利用中のロボット投資サービス( 'ω' )

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る