(6652)IDEC/日記(比)

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

IDECとその他 

株価

2253円(人々は、目の色を変えて飛びかかっている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 6652 6645 6504 6544
会社名 IDEC オムロン 富士電機

ジャパン

エレベーター

サービス

ホールディングス

市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証マザ
業種 電気機器 電気機器 電気機器 サービス
株価 2253 6480 836 1348
時価総額(億) 771.08 13864.49 6240.61 270
予想売上(億) 580 8500 8700 150
予想営業利益(億) 58.5 850 520 11.2
予想営業利益率 10.1% 10.0% 6.0% 7.5%
予想純利益 46.5 590 310 6
PER 14.68 23.45 19.26 44.99
ROE 12.7% 11.8% 10.0% 28.4%
時総/収益(独自) 13.71 17.98 13.42 27.41
成長印象 あげあげあ あげ あげあ いちおあげあげ
総資産 864.14 7266.15 8902.78 89.81
自己資本(億) 365.04 4980.53 3090.74 21.12
自己資本比率 42.2% 68.5% 34.7% 23.5%
PBR 1.87 2.77 1.93 12.78
配当利回り 2.2% 1.2% 0.0% 0.0%
配当性向 32.6% 27.5% 0.9% 1.3%

 今週は比較。今週はキャッシュフロー増加比率の上位から気になったものをチョイスして比較します。投資を大きく増やしてて攻めのターンにある企業を拾ってみようという意図。比較の会社と数字は上記の通り。IDEC。高度機械部品。比較に同業っぽい。ゲストに部品使ってそうなエレベーター。

IDECは、フランスの会社を買収ということで計画が跳ねてますね。買収分がそのまま足された感じです。それ以前はというと停滞感ある感じで売上は伸びている感はあるけど前年割れするし赤字もぶち込んでくると普通にシクリカル。BPSも伸ばせてないですね。停滞感ありますがそれを破るために大勝負かけたというところでしょうか。フランスの会社はあまりデータないですが成長感はありました。財務。買収で財務が悪化。それまでは堅実も停滞感あり財産増やせてないと。CF。営業CFは堅調も投資に株主還元に振り分けるとチョンチョンくらいだったって感じです。そこに銀行にお財布になってもらい大勝負感。さてどうなるか?ってところです。お金もってるので潰れることはないと思います。

オムロン。長期では足踏み感。とはいえ直近では最高益のつもりでいるようです。時折赤字をぶち込んでくるシクリカルですね。財務はわりと硬い感じです。財産は増えてるけど足踏みも多そうな感じ。CF。営業CFは潤沢。2016年の671億の投資が気になるところです。買収の模様です。2017年度の業績にはあまり貢献がなかったようですね。今年にそれが遅れてやってくるという感じなのでしょうか。会社の言い分的には。

富士電機。長期的には停滞感あるシクリカル。赤字も来てます。売上はそうでもないですが利益では最高益を叩く予定でいるようです。財務見るとリーマン以降は順調で財産積み上げ有利子負債減らしの財務体質改善が進んでいるね。CF見るとリーマン時に営業CFの赤が。でもそれ以外は基本堅調で体質改善が進みせっせと有利子負債返している感じです。まだ冒険というより守りたいのでしょう。配当は余裕の水準だし。

評価。いずれもシクリカル感ありますが、市況がいい感じ感もあるのか状態が改善してたり大勝負に来てたりします。IDECは一緒に勝負してあげる気になったら結構いいかもしれないと思える程度のPERかもしれません。オムロンはどうだろうね?富士電機もまだ期待するのは早い気もします。いずれもシクリカルっぽいので不況来たら覚悟は必要そうです。

エレベーターサービスは並べただけ。上場したてでフレッシュで期待したくなる気持ちはわからなくもないけど有利子負債大きくて直近営業CFマイナスの会社にPER40超えとかちょっと感心しないな。

ちなみにですけど、IDEC。フランス会社の買収発表が2016年の12月。この時点で買収された企業の規模は開示されていて株価が大きく跳ねるのはそれを取り込んだ計画が開示されることになった5/12。つまり足し算して待ってれば乗れたということになるね。

日足週足月足の値動き判断

日足であげ
週足であげあげ
月足で停滞からのふきあげ
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期にゆるあげしてたところに突然加速した形。転換点は2017/5月決算みたいだけど。一応長期に勢いがついている形。これに乗るというのは十分ありえる狙いでしょう。週足中期移動平均線あたりを底に持てるかもね。切ったら逃げるべきだと思うけど。
ファンダ的には、停滞感を破るためか大勝負に出てる会社。報われるなら株主も報われそうなPERとは言えそう。報われるとは言ってない。不況こないとも言ってない。

株探リンク・IRBANK

 IDEC:http://kabutan.jp/stock/?code=6652

 オムロン:http://kabutan.jp/stock/?code=6645

 富士電機:http://kabutan.jp/stock/?code=6504

 ジャパンエレベーターサービスホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=6544

 IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

特にない。マリオオデッセイはとりあえずスタッフロールまで。

クリア後から本番みたいなゲームみたいだけど。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る