(2148)アイティメディア 日記(分)

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
分析に使うデータは、書いた時に拾ったデータでその日の終値とは限りなくぶれたりするでしょう。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。 今日は分析。データは四季報CD。最新株価はだいたい記事のアップの先週末終値

銘柄(注目銘柄)

アイティメディア

株価

654円(人々は祭りは終わり後片付けをして落ち着いたところ。)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20171027200628j:plain

 今週は分析。今週はROIC変則3年平均が15%以上のもの(該当498)を市場統計推移記録表にかけ16/2/12比較でPERが低くなってるもの(該当59)から気になったものをチョイスして分析。比較的効率がいいのに16/2/12より安いといえるものを拾うという意図。アイティメディア。IT系ニュースサイト。数字は上記の通り。

メディア専業ということで最近の情勢的にはニュースを配信して広告を得るというタイプの事業は凋落してるよね?感することろでそんな趣きを結構長く見せてて売上停滞で利益も低迷で赤字も出てくるなんて感じでしたが何かをきっかけでもあったのでしょうか?2014年くらいから利益が伸び始め売上も2016年で跳ねた形。ちょっと調べると2014年にリクルートからキーマンズネット事業を買った模様。リードジェネレーションサービスの拡充のためだって。と、意味がわからないハイカラな横文字が多めですが「見込み客発見サービス」だって。売上の跳ねもこの影響っぽいですね。

リードジェネレーション紹介動画 | 会社・事業紹介 | アイティメディア株式会社

IT方面の情報につおいを強みとしてビックデータ集めてIT商品売りたい人と買いたい人を繋げる仲介屋さんが軌道に乗ってきてる感は醸し出しています。というところですが、直近1Qで前年割れしてるようですけど、とりあえず回復するというのが会社さんの言い分です。というわけで下方はなし。

財務。健全。2014年くらいから明らかに貸借規模が大きくなってきてますね。キーマンズネット買ってよかったね感。で、財務は盤石。

CF見ると2016年の7億の投資CFがキーマンズネット費用。2017年には有形固定資産も買ってるようだね。設備投資はいらないタイプだね。で、余裕が出てきたのか配当をはじめて直近自社株買いもしてるということで合わせて還元性向はかなり高そうで株主還元には熱心な方と言えそうです。

総じて、事業に弾みをつけ収益体勢が変わってきてる株主還元熱心な企業とはみれそうです。このまま事業が伸びるか?が結構なポイントになりそうです。直近つまずいてるけど。

評価。今のPER23程度は絶対的にも相対的にも高い方と言えそう。ただ変身もあるというところで過去の自身のPERと比較するのもまた難ありと。身も蓋もないですけど今後の業績次第ということになりそうです。まだまだ伸びるとするなら還元熱心なこともあり十分見込みありとなりそうですが・・さてはて。業績好調とか見せてくると注目されて買われるかも感あるハイカラな事業になってきてますのでそういう意味でも面白いかもしれません。

だから業績伸びるとは言ってないからね。

日足週足月足の値動き判断

日足でよくわからないけどもちあい
週足であげてさげてよこよこ
月足であげて終わったか調整中か感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期に吹き上げて順当に下落してそれが落ち着いたかな?感。仕切り直しというところでこれから上がるか下がるかというところなのかな?中期ではその通りによこよこ。というわけで底を530とかに見て下がるなら切るとしながら840到達突破を狙うとかは出来なくもないけど中期では傾向性なしだからあまり筋がいいとは思えないけど。
ファンダ的には、良化を見せてきている企業。業績伸びるなら面白くなりそうですがさてさて。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2148

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=2148

IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 特にないのです。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る