結果が出るまでの時間

f:id:kamomenotoushi:20171127192155j:plain

SNSネット掲示板でよくあることですが

短期的手法の人が長期的手法の人に対して批判的だったりします。

その中でよく見るのが長期は結果が出るまで時間がかかるだろう?というものがあります。

結果が出るまで長期待ってそれで駄目だったとなったらどーするの?ってことだと思いますが、それに反論と言うか、そもそも結果がわかるまでに時間がかかるものだよね?長期も。短期も。

という感じの話。

 

まず認めましょう。

長期投資において例えば成長を狙うにしても、割安としたものの評価水準の訂正を狙うにしても、例えばそれを三年待って成長しませんでした。評価水準の訂正などありませんでした。その三年は無為に(もっというなら損失で)終わることになりましたになることはあり得るとしか言えません。(逆に一年後に狙いが達成されるもあり得るし、評価水準の訂正なら半月後に達成されてる可能性ももちろんあるけどね)

 

長期投資で時間をかけて目的は達成されず時間が無為に消費される事はありえるとせざるを得ないし、それは珍しいことと言うには頻発しすぎることとなるでしょう。つまりはよくある。

 

それは認めるというか事実だと私は思うところです。

しかしながらだからといって短期はすぐに結果がわかるからより優れているというのは違うと思うわけです。

 

だって短期も結果が出るまで時間がかかるはずだもの。

確かに一つの取引は数週間、数日あるいは一日で買って売って結果が出ていることでしょう。

しかし、それはただひとつの取引で完結するものですか?

その取引をした根拠。つまりルールは一度きりで使い捨てるものでもう同じ根拠でさらなる売買を繰り返さないのでしょうか。

 

短期取引というのは売買する根拠を用意し、それを満たす取引を”長期間”繰り返すものだと思うのですが如何でしょうか。

確かにひとつひとつの取引期間は短く、それごとに結果が出てくるでしょう。

でもその繰り返す取引の根拠となるルールが、取引を積み重ねて望む結果になるかどうかは、長期間実際にやってみないとわからないはずです。というか長期間繰り返して結果ダメだったよね?ということはあり得ると思うのです。

 

そのルールが、長期間その銘柄や市場に変化があっても、ドローダウンを越えて満足できる結果になるかどうか。

それは例えば始めて一ヶ月でわかるのでしょうか?

たとえ過去はそうだったからと検証していたとしても、未来にそれが通用し続けると断言できるのでしょうか。

できないと思うんです。

 

つまり短期においても、長い期間をかけてダメだったね。という事になるリスクは存在するんです。

 

ちなみにルールなき短期売買、その都度その都度違う理由で短期売買を繰り返すような手法の人は知りません。再現なき短期売買を繰り返すことで永続的にトレードで利益を得られるってことは自分はないと思います。

あるかもしれないけどそしたらそれをなす人は天才かパイオニアなんで頑張って欲しい。

で、多くのまともな短期トレーダーさんは再現するルールが大切だって言ってくれると信じているところですよ。

 

つまり短期も長期もわからないのです。

自分がしている投資が。繰り返している取引の根拠となるルールが。

長い時間を経て、実際に利益となるかどうか。

望んだ結果になる。満足できる結果になるかどうか。

時間が無駄にならないかどうか。時間無駄にした上に大きな損になるかどうか。

 

そんなことはわかんないのです。結局は実際それらが過去になるまでは。

何をしたって積み重ねた時間や労力が無為なものになる可能性は消えないのです。

 

投資もトレードはそもそもそんなものなんだと思うところですが如何でしょうか。

 

でも分からないは、まったく分からないではないと思うんです。

究極的には分からない。

でも、たぶんとかおそらくはあると思うんです。

長期なら会社の状態と環境やついてる値段などから。

短期は過去を検証し再現性を確認することなどから。

理論を学び論理を積み上げ合理的な思考や研究を重ねることなどから。

 

分からないをたぶんとかおそらくとか頑張ればきっととかまずとか。

無為に長い時間を捨てる可能性をすべてなくすことなんてできないけど、有利とは言えるしそれが過去になったとき結構結果が出てくるよね?なんてくらいには引き上げる事はできるんじゃないでしょうか。

自分はそう思うんです。短期も長期も。

努力する方法、アプローチはいろいろあると思いますが、その多くの方法が長い時間結果は伴わず無為に消え去る事になってしまう事はないとは言えないけど、努力するのはまったく無駄だとは言えないくらいはそれなりに結果が出てくるものだと思うわけです。

まったく分からないではないのであるなら。

結構戦えると思いますよ?

短期も長期も。投資もトレードも。

 

だから結果が出るまでの待ち時間に何をしてるかも結構重要なんだと思うんです。

もしかしたら全く結果が出ず無為になるかもしれないと予め留意しておくとか、もっと可能性を引き上げる行為はなんだとか考えるとか。日々観察したり情報収集や勉強したりとか学べることもあるでしょう。

自分は無為になるかもしれないと、それはもう避けがたい宿命だとそうなるなら諦めるとして、そうならないために、その可能性を減らすために何ができるのかな?と考えていこうと思っているわけです。

 

短期も長期も。

投資もトレードも長い時間をかけて無為になる可能性はあるとしか言えません。

その中で結果が出るまでの時間をどう過ごしますか?

何ができますか?

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る