押しても引いてもダメ。「人見知り男性」の心を開くアプローチ方法

  • 2018/5/16
  • 押しても引いてもダメ。「人見知り男性」の心を開くアプローチ方法 はコメントを受け付けていません。

 はじめに

皆さんは日常で人間関係で悩まされている事はありませんか?

生活をする上で、仕事や学校、そのほかのコミュニティなどで人と関わる場面は多くあると思います。そう!人と繋がらずにいきていくなんていう事はほとんどないのです。

そんな、日常の中で必ずといっていいほど、人間関係の悩みは出てきます。

このブログでは、そんな人間関係の悩みを解決する、また、事前に防ぐための知識やテクニックといったことをご紹介していきます。

 

落ちこんだ時こそ効果アリ!ブレない自分軸を整える方法

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/t-tane/20151025/20151025212242.jpg

婚活がうまくいかなく、自分を全否定されたように感じて落ち込むのは、あなただけではありません。

様々な婚活で苦戦した自身の経験を元に、ハッピーマインドな考え方と、元看護師としての視点から、婚活疲れを回避するための対処法をお伝えします。

ブレない自分軸を持つことが、婚活の結果を左右します。婚活において、他人と比べて落ち込んだり、勝ち負けを争う必要はありません。世間体や他人の声に振り回されず、自分の価値観を大切にし、何のために婚活をしているのかを明確にしましょう!

 

自分軸とは?

ハッピーマインドな視点で考える自分軸とは、自分がこうありたいとかこうしたいという価値観に従い行動すること、または、その指針となるものを指します。婚活においては、この自分軸をしっかり構築することが必要になります。

 

なぜ、婚活において、自分軸をしっかり構築する必要があるのでしょうか?

婚活においては、他人からの何気ない一言で落ち込んでしまったり、世間体や他人からどう思われているかが気になって行動できなくなることがあると思います。自分軸がブレるときは、このように周りから受ける影響がとても大きいです。自分を持っている人は、人を惹きつける力があります。人の目を気にせず、自分がどうしたいか、どうありたいか。素直な気持ちになることで、自分の価値観に基づいた婚活ができるようになります。さらに、自分軸が整うことで、婚活にも迷いがなくなるからです。

 

落ち込んだ時に、自分軸を整える方法 

①感情にフタをしない。

落ち込んだら、まずはしっかり辛い気持ちを感じて、受け止めること。自分に「落ち込んだらダメ、こんなことなんてことないんだ」と感情にフタをすることで、返って落ち込みが長くなることが多いのです。

落ち込んでも良いのです。そう考えると、すこし気持ちが軽くなりますよ。

 

②落ち込むきっかけとなった経験から学んだことを、次に活かす。

相手からお断りされた、彼から振られた、音信不通になった、など、起きた事実は変わりません。なぜ、そうなったかを追求するよりも、次にどう活かして行くか?を考えることで、この経験はムダではなかったと思えるはず。失敗は成功のもと。ダメな経験、ムダな経験ではありません。しあわせになるために必要な経験だったと思うようにしましょう。

 

③自分の有りたい姿を再確認する。

落ち込むことで、「本当はこうしたい」「本当はこうありたい」と言う本音が見えてくるもの。「〇歳までに結婚しないと」という思いは、自分が本当に望むことではなかったなど、世間の言葉を自分の価値観にすり替えてしまっていたことに気付く可能性もあります。

婚活に正解はありません。自分の本当に有りたい姿を再確認してみましょう。

  

参考・引用

https://www.zwei.com/koisupple/12433.html 

 

今回はここまでです。 

このブログでご紹介する知識やテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

 

オススメの記事

◯役立つお勧め記事 

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

  

心理学に関する本

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る