さり気ない会話から、彼の「好みのタイプ」を知る方法

 はじめに

皆さんは日常で人間関係で悩まされている事はありませんか?

生活をする上で、仕事や学校、そのほかのコミュニティなどで人と関わる場面は多くあると思います。そう!人と繋がらずにいきていくなんていう事はほとんどないのです。

そんな、日常の中で必ずといっていいほど、人間関係の悩みは出てきます。

このブログでは、そんな人間関係の悩みを解決する、また、事前に防ぐための知識やテクニックといったことをご紹介していきます。

 

さり気ない会話から、彼の「好みのタイプ」を知る方法

http://www.zwei.com/koisupple/wp-content/uploads/2016/02/66f17d7917d4d116d37af7e87eb28177.jpg

気になる異性に巡り合った女性が真っ先に知りたい情報と言えば、相手の男性の好みのタイプです。とはいえ、直球で「好きなタイプは?」と聞いてしまうと、自分の気持ちが彼にバレてしまう可能性もあります。それならさり気ない会話から怪しまれることなく、彼の好みのタイプを探ってみましょう。

 

鉄板ネタである「好きな芸能人の話題」を出す

まず彼と出会った直後であれば、男女の会話の鉄板ネタでもある「好きな芸能人の話題」を出すのが効果的です。もしその場に複数人の男女がいるのであれば、「皆が好きな芸能人って誰?」と自然な形で話題を提供することができます。

そして彼が答えを口にした後は、「そうなんだ。じゃあやっぱり〇〇みたいな女の子がタイプなの?」とさり気なく質問してみる。それにより一切怪しまれることなく、徐々に彼の好みのタイプを知ることができるはずです。

 

例え話で「恋愛観のアリナシ」を探る

もし会話の中で恋愛に関する話題が出た場合は、すかさず例え話を出して、彼の恋愛観について探りを入れてみましょう。

たとえば「見た目だと派手な子か真面目な子、どっちと付き合いたい?」「年上女性にリードされるか、年下女性をリードするだとどっちがイイ?」など、あくまでも例え話として彼に二択で選べる質問をしてみる。

このような例え話を数回続けると、何となく彼の好みのタイプの女性像が見えてきます。同時に彼がどのような恋愛観を持っているのかについても知ることができるでしょう。

 

理想の「恋人像」と「結婚相手」について聞く

ちょっと攻めた質問をしつつも、具体的に彼の好みのタイプが知りたいときは理想の「恋人像」と「結婚相手」に関する質問が自然にできる流れをつくりましょう。

たとえば先ほどのように例え話を出す感覚で、「恋人にするならどんな子がいい?」と質問を投げかけてみる。そして彼が理想の恋人について答えたあとは、すかさず「そうなんだ! でも恋人と結婚相手は違うって言うよね」と流れを変えつつ、続けて彼の理想の結婚相手のタイプについても聞き出してみましょう。

この理想の恋人像から理想の結婚相手を聞きだす流れが自然にできると、いとも簡単に彼の好みのタイプを知ることができます。なによりその話題がきっかけとなり、さらに恋愛に関する話が盛り上がる可能性だってあるでしょう。

 

自然な形で彼のタイプを探ってみよう

https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2017/04/2017_05_29-300x200.jpg

彼の好みのタイプを知りたいけど自分からは聞く自信がない。それならさり気ない会話から自然に好みのタイプを探ってみましょう。

自然な形で彼に問いかけることができれば、自分の気持ちがバレバレになる心配もありません。なにより彼のタイプを知ることで、今後の関係を変えるきっかけだってつかめるはずです。

 

 

 

参考・引用

http://www.zwei.com/koisupple/14136.html

 

今回はここまでです。 

このブログでご紹介する知識やテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

 

オススメの記事

◯恋に役立つ

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

 

  

 

 

心理学に関する本

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る