不動産屋の選び方!ネットで調べると損するって本当?

f:id:tuieoyuc23:20180510184707j:plain

不動産屋の選び方はインターネットやアプリで最初に調べるはず。

しかし、結構損している事に気付く人も多いです。

 

理由は「未公開物件」や「おとり物件」「中身を知らない事が多い」ためです。

インターネット環境で見た物件はない事が多く、繁忙期は要注意。

 

又、写真で見ただけでは判断が付かず、ネットで調べると時間の無駄なんて事も。

 

【目次】

1、不動産屋の選び方で行ってみるはアウト 

2、インターネットで調べると損する理由は?

3、インターネットの物件は「ない」でいいです

 

スポンサーリンク

 

 

1、不動産屋の選び方で行ってみるはアウト

不動産屋の選び方で重要なポイント。

それは、「とりあえず行ってみる」です。

 

不動産屋と行ってもたくさんありますし、どれも一緒と言えば一緒。

評判を調べているとやっぱり悪い評判が多いです。

 

嘘を付いているとは言いませんが、悪い事を経験したら書きたくなるのがネット。

インターネットの情報に踊らされると非常に面倒。

 

結局は、ネットやアプリで調べて不動産屋に行くになりますが、情報をうのみにしたり、「知ったかぶり」は止めておきたいところ。

 

余計混乱するので、情報は程ほどに。

 

2、インターネットで探すと損する理由は?

物件探しで一番やりがちなインターネット回り。

アプリで見て満足する事も重要ですが、疲れませんか?

 

物件探しは頭にとって新しい情報の数々。

時間を掛ける程、非常に頭が疲れます。

 

インターネットで探すのは必要な事です。

しかし、経験がないといい物件は見付かりません。

 

希望条件をある程度まとめたら、不動産屋にアタックを掛けましょう。

すると、「あ、その物件は・・・」とか言うので8割無駄。

 

ネットで調べた物件でOKが出た事って聞いた事ないです。

・・・稀にあるかも知れませんが、相当すごかったのかも。

 

インターネットで調べる事は大体で構いません。

 

・希望条件

・虫が嫌なら4F以上

・ペット可の物件

など。

 

簡単に調べられる要素だけ調べて、不動産屋へ行きましょう。

インターネットの広告に満足すると、不動産屋に行って進みません。

 

3、インターネットの物件は「ない」でいいです

ネットに出回っている物件は不動産屋に「ない」と思っていいです。

「よし、この物件を明日聞いてみよう!」

結果は、「その物件空いてません」・・・です。

 

何時間も調べる意味がまるでなし。

敷金とか礼金とか調べていると、ますます時間の無駄に。

 

希望条件や「こんな物件がいいんですけど、似た様な物件ありますか?」でOK。

向こうが出して来るか分かりませんが、不動産屋によります。

 

あまり評判の良くない噂を聞く場所だと「物件の提案がない」事も。

「最初に聞いた物件がない」→業界で普通。

釣り物件、おとり物件と言われます。

 

最初からないんですよ、そんな物件。

その不動産屋に来店するきっかけになったでしょう?

 

インターネットの物件なんて最初から何もないのです。

もちろん、例外はあります。

高級マンションとかならまだまだ残っています。

 

その様な物件は契約が取れるだけでもOK。

進んで「あ!その物件でしたら!」

ともみ手するでしょう。

 

長く不動産についての記事を記載していると、色々情報入ります。

今の時代、不動産屋も必死ですが部屋探しをする方も必死。

時間の無駄のない様に希望条件や「似た様な物件ないですか?」で終了。

 

もし、希望する物件があればその不動産屋はいい不動産屋です。

逃がさない様にして、積極的に部屋探ししましょう!

 

地域密着型なら結構、情報網を出しているかも?

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る