電力会社を新電力へ乗り換えて毎月5%の電気代を節約しよう!

おはようございます。

日本でも2016年4月から電力が自由化されたのは記憶に新しいですね。

皆さんは、電力会社の乗り換えをされたでしょうか?

我が家は1年半前にHTBエナジーへ乗り換えました。

HTBエナジーの最大の魅力は、「既存電力会社の料金から5%の割引を保証」という料金体系の分かりやすさです。

他の電力会社の場合、電気の使用料が少ないケースと多いケースで有利不利がありますが、その点「一律で5%オフ」というのは分かりやすくてよいです。

乗り換えの手続きも非常に簡単で、ネットから一発で申し込みが完了します。

f:id:shinkei807:20170315215444p:plain

 

電力会社の乗り換えで毎月5%の電気代を節約しよう

電気会社を新電力に乗り換えるだけで、電気代を5%前後節約することが可能です。

どの電力会社が最適かは、

・世帯人数と毎月の電気の使用量

・電気を主に使用する時間帯

などによって変わってきます。

乗り換えた時の電気料金のシミュレーションができる便利なサイトがいくつもありますので、それらを利用していろいろシミュレーションしてみるのがよいでしょう。

 

power-hikaku.info

kakaku.com

 

面倒くさがり屋の人は一律5%オフのHTBエナジーをおすすめします

「いろいろ比較してみたけれど、細かい違いなどよく分からない!」という面倒くさがり屋の方は、私のようにHTBエナジーにしてしまいましょう。

私が実際に契約しているのが、HTBエナジーのたのしいでんき「中部しゃちほこプラン」です。

f:id:shinkei807:20180517163223p:plain

(画像はHTBエナジーのHPから引用)

「中部しゃちほこプラン」というネーミングの良し悪しは別として、 料金体系の分かりやすさは素晴らしいです。

上の画像をご覧いただけば分かりますが、基本料金、従量料金ともに一律で5%オフです。

これならば、既存の電力会社から乗り換えて損をする可能性はありませんね。

 

電気料金はクレジットカード払いが基本です

f:id:shinkei807:20170404112145j:plain

電気料金などの固定費の支払いにはクレジットカードを活用しましょう。

年間の電気代が120,000円(月10,000円)と仮定します。

HTBエナジーに乗り換えることで5%オフですので、年間6,000円の節約になります。

さらに、支払いに楽天カードを利用した場合、114,000円の1%分のポイントが付きますので、1140ポイントを獲得できます。

合計しますと、7140円分の節約になります。

「たったの7140円か」と思われるかもしれませんが、電気料金の場合、

1) 電力会社の乗り換え手続き

2) 支払い方法の設定

この2点をクリアしてしまえば、あとは自動的に節約が持続しますので、時間対効果は非常に大きいです。

 

番外編:中部地方在住の人はガスは「中部電力」が安いです

ちなみに、中部地方在住の方は、ガスに関しては東邦ガスから中部電力への乗り換えをおすすめします。

中部電力の「カテエネガスプラン」へ乗り換えることで、年間数%の節約になるからです。

中部電力で電気を利用せず、ガスだけ契約するのはなんだか不思議な気分でしたが・・・

ここは投資家らしく実利優先ですね。

なお、中部電力には「カテエネガスセット」といって、電気とガスを両方中部電力で契約することで割引が受けられるサービスもあります。

私も検討しましたが、実際には、

・電気はHTBエナジー

・ガスは中部電力

とするのが最安であったと当時は記憶しています。

今では状況が変わっている可能性もありますので、いろいろシミュレーションしてみると面白いかもしれません。

 

まとめ

「新電力会社への乗り換え+クレジットカード払い」のコンボで、年間数千円の節約になります。

1年では数千円ですが、10年〜20年になるとバカにならない金額になりますので、一刻も早く乗り換えましょう。

 

こんな記事も書いています。

固定費はクレジットカード引き落としにするのが基本です。間違っても口座振替にしないようにしましょう。

www.churio807.com

 

格安SIMへ乗り換える時は、「エントリーパッケージ」を利用することで初期費用を抑えることが可能です。

www.churio807.com

 

新幹線の手配はネット予約(エクスプレス予約・スマートEX)が便利、かつオトクです。

www.churio807.com

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る