最強!?東京スター銀行での区分ワンルームマンションの借り換え。

 

f:id:toushi-before-after:20171101112756j:plain

皆さん東京スター銀行はご存知でしょうか??おまとめローンなどでも有名なのでご存知の方も多いかと思います。東京スター銀行は以前よりワンルームマンションに積極的に融資してくれる銀行さんであります。

 

そんななかで、最近では区分マンションの借り換えも積極的に行っているとのことでした。今回はその内容をまとめたいと思います。

 

 東京スター銀行 概要

市場情報
東証1部 8384
2005年10月25日 - 2008年7月27日
略称
TSB
本社所在地
日本
〒107-8480
東京都港区赤坂二丁目3番5号
(赤坂スターゲートプラザ)
設立
2001年6月11日
業種
銀行業
法人番号
8010401043556
金融機関コード
0526
SWIFTコード
TSBKJPJT
事業内容
銀行業
代表者
取締役兼代表執行役頭取CEO
佐藤 誠治
資本金
260億円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数
普通株式 70万株
(2015年3月31日現在)
純利益
単体:163億33百万円
連結:164億94百万円
(2015年3月期)
純資産
単体:1,105億17百万円
連結:1,177億73百万円
(2015年3月31日現在)
総資産
単体:2兆7,702億53百万円
連結:2兆7,787億26百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数
単体:1,435人
連結:1,493人
(2015年3月31日現在)
決算期
3月31日
主要株主
中國信託商業銀行股份有限公司 100%
(2015年3月31日現在)
主要子会社
#グループ会社参照
関係する人物
江丙坤
(取締役会長)
外部リンク
東京スター銀行 公式サイト

 

東京スター銀行借り換え情報

ざっくりした借り換え姿勢については下記のような感じですね。

 

・借り換え金利は1.7%~2.9%の間です。

 融資を受ける方の属性で決定。

 

・勤務先の縛りは特になし。

 ただし、大企業、医師、弁護士、会計士は優遇あり。

 

・勤続年数は1年以上あれば基本OK

 

・最低でも年収は500万円以上必要。

 400万円代の取り扱いは不可

 

・融資限度は1~2億以内。

 融資を受ける方の属性で決定。

 

・返済比率は25~45%

 融資を受ける方の年収で決定。また返済比率計算をする際には既存で所有している物件の賃料収入の70%を年収に上乗せして計算できます。

 ※返済比率詳細に関しては以下のリンクをご覧ください。

www.tokyo-1r.com

 

 

 基本的に、話を聞いた感じですと、特に年収の高い方に凄く優遇して融資をしてくれるの銀行さんです。また、所有している物件自体があまり立地が良くなかったとしても、個人属性が良ければ、超低金利で借り換えしてくれるようです。

 

  1. おそらく、いま区分のワンルームマンションの借り換えができる銀行のなかで、「最も低金利」といっても過言ではありません。それが東京スター銀行です。なんといっても最低借り換え金利が1.7%ですからね。

 

融資手数料も普通なので、香川銀行さんのようなこともありません。↓

www.tokyo-1r.com

 

しかも区分だけではなく、一棟もまとめて借り換えも可能とのこと。なので、以下のような方には非常にメリットのある銀行と言えるでしょう。

 

・区分と一棟を両方所有されている方。

・区分を高金利で複数持っている方。

 

また、今回の東京スターさんに関しても、「提携金融機関制度」を使っての申し込みとなりますので、直接東京スターさんに行っても借り換え実行はしてくれません。ご興味のある方はブログトップのお問合せよりメール下さい。

※提携金融機関制度については以下をご覧ください。↓

www.tokyo-1r.com

 

ワンルームマンション経営で金利2%以上の方は「借り換え」

最近区分のワンルームマンションの借り換え実行金利は1.9~2.4程度が多かったので、1.7%の借り換えができるとなると、低金利への借り換えメリットを享受できる人が確実に増えてまいります。

 

何度もこのブログでお話ししていますが、既にワンルームマンション経営をスタートされている方は必ず「借り換え」を検討してください。

 

■区分のワンルームマンション経営を始めている方は定期的に金利の見直し(借り換え)を検討しましょう。

 

何年も前に物件を買った当初から金利が変わっていない!なんていうこともザラにある話です。ワンルームマンションは購入後に放置されてしまうことが多く、なんの見直しや改善もされないまま、ただいたずらに月日だけが経過し、無駄に高い金利を毎月銀行に支払い、マンション経営そのものの収支を圧迫(悪く)されている方が本当に多いんです。基本的にここ最近買われた方を除けば、ほぼ全ての区分ワンルーム購入者が対象といっても過言ではありません。

 

今の自分の現状で融資を受けている金利が果たしてベストなのか?もっと低くできないのか?収支改善はできるのか?負担を減らせるのか?今一度下記にある「お問合せフォーム」よりメールにてご相談下さい。

docs.google.com

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る