ど初心者が仮想通貨投資を始めます。

こんにちは。

最近、ツイッターでよく見かける仮想通貨投資の話。

すごく興味を持ち始めました。

 

でも、仮想通貨って、何ですか??なんかこわい…

という方って、まだ多いと思うんです。

かく言う私もその一人。

「仮想」って名前がついているだけで怪しいと思ってしまう…のは私が保守的だからでしょうか?

 

今回、色々情報収集してみた結果、

気になるならとりあえず通貨の一種と思って投資してみた方がいい

という結論に達しました。

私は気になったので仕組みとか解説してくれる本を何冊か読みましたが、

結局「仮想」のぼんやりした感じはぬぐえませんでした。

もちろん、仕組みがわかって取り除かれた不安もあるので

人によって向き不向きがあるかもしれませんが。

 

しかし、本来お金だって紙という実態はあるものの

その裏には「信用」(1万円を出せば1万円の商品が買えるという誰も疑わない信用)があるから流通しているわけで。

紙のない仮想通貨だって同じ考えだ、と思ったら気が楽になりました。

 

私はやっぱり基本的なことだけでもわかっておきたい、と思ったので

こちらの本で基礎知識をつけました。

 

 

仮想通貨とは、という内容が、できるだけ平易に書いてありました。

それでも全体像がふわっとつかめたくらいで

仕組みがストンとわかるにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、

最初に読む一冊としてはいい選択だったんじゃないかと思います。

他の本も読んでみましたが、これが一番わかりやすかった。

 

すごく勉強になったので、

一応備忘録としてまとめておきたいと思います。

 

 

 

仮想通貨とブロックチェーンとビットコイン

「ブロックチェーン」も「仮想通貨」も「ビットコイン」も

よく聞く言葉だけど実際どんなものか知りませんでした。

全部同じことを言っているのかと混同していましたが

違うようです。そりゃそうか…

 

その三者の関係をまとめると

「仮想通貨」は「ブロックチェーン」技術で管理されていて

その中の一種が「ビットコイン」である

という感じでしょうか。

 

ど初心者の私は、これだけでも何となく整理できた気がしました。

でも何やらまだ複雑です。 

仮想通貨とは

特徴をざっくりまとめると

①実態のない通貨

②中央銀行が存在しない

③国境がない

④インターネットで取引可能

ということだそうです。

 

これだけでも、だいぶわかりやすい!

 

①実態がない通貨

ということは、

紙幣もコインもありません。

手にすることができない通貨です。

これが“得体の知れない感”を生み出しているのでしょう。

 

②中央銀行、日本でいうところの日本銀行がありません。

発行元、管理する人がいません。

これが、“うさんくさい感”を醸し出しているのかもしれません。

 

③国境がない

中央銀行がないということは

国境が関係ないということです。

海外への送金など、普通の銀行では手間も手数料もかかるものが、簡易化されます。

海外旅行に行くときにも、両替をしなくていいということですね。

使えるお店がたくさんあれば、これはすごく便利になりそう!

 

④インターネットで取引可能

これはそのままですね。

実態がないのでむしろネットでしか取引できないのでは…

 

 

ブロックチェーンとは

みんなが行った取引をまとめて一つのチェーンのように管理しているので

ブロックチェーンというそうです。

仮想通貨について調べていると必ず出てくる用語、「マイニング」も

ブロックチェーンならではだそうで、

まとめた取引をチェーンの中に接続するときに使う「鍵」を発掘する作業のことだそう。

マイニングを行う人のことをマイナーと呼び、カギを見つけた人には報酬が支払われるとのこと。

 

要は取引は全部チェーンでつながっていて、

つなげるためにマイニングという作業が必要である、くらいに覚えておけばよさそうです。

 

ビットコインとは

ビットコインは今一番時価総額が大きい仮想通貨で、

発行上限が決められているそうです。

仮想通貨すべてに上限があるわけではないみたいなので、

ビットコインは有限であるということから価値が出ているという側面もあるとのこと。

つまり「金」と一緒です。

金は現物資産なので単純には比べられませんが…。

 

どのブログや本を読んでみても

とりあえず初心者が手を出すならビットコイン、と書いてあります。

取引量や時価総額が高いので

仮想通貨の中では安心して取引ができる種類なのでしょう。

 

ビットコイン買ってみます!

ということで、ビットコインを少額から買ってみることにしました。

最終的に、背中を押してくれたのはこの本です。

 

 

ビットコインとは、的なことやそもそも論のようなものは省略して

どうすれば稼げるのか、ということにフォーカスしてあります。

上で紹介した本で仮想通貨の基礎知識をつけて

この本で実際の取引のイメージを膨らませると

取引する勇気が出ます。

私がそうでした。

 

私が仮想通貨になんとなくの興味を持ち始めたのが8月。

もしもそのときに買っていれば、

今かなり増えてたと思います。

でもその時はまだ全然値動きもわからなくて、

高いのか安いのか皆目検討がつきませんでした。

つまり買う勇気がなかった!

 

それからなんとなくアンテナを張っていて、

今になって仮想通貨関係のブログやまとめサイトを見漁っているのですが、

今は何やら分裂騒動が起きたり起きなかったりして

相場が荒れる!という人が多くて怖かったのですが

どうやらそれは落ち着いたようなのです。

 

少しずつ情報収集をはじめて、

やはり成長市場だと思うようになり、

何より少額から投資可能ということで、

少し損が出ていてずっと寝かせたままにしている外貨預金と

マイナスになっている投信をこちらに回してみようかと思っています。

それぞれ数千円の損ですが、特に使う予定があるわけじゃないし

いつ解約しようかなぁ。と思っていたタイミングだったので。

損が取り戻せるといいなぁ。

 

まずはビットコインからはじめて、

違う通貨にも投資してみたいな。

 

私はのんびり情報収集してしまったので

実際始めるまで3ヶ月もかかってしまいましたが、

気になるものはぱっと調べてぱっと始めてみるのが得策ですね。

スピード感大事。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る